あたふたと。。。

荒川水害対策として、東京都の江戸川、墨田、江東、足立、葛飾区で検討していた「江東五区大規模水害対策協議会」が、今後組織名を「広域避難推進協議会」と変更し、国や都とともに避難先などの具体化を進めていくとの新聞記事がありました。
まだ始まったばかりなので仕方ないのでしょうが、ペット同伴避難についてはまるで記載はありませんでした。
いずれどこかで具体化されていくとは思うのですが、災害はいつやってくるかわからないので、早急なる検討をお願いしたいです。

この記事で、改めて災害時のペット同伴避難を色々と調べてみると、、、

やはり状況により避難所にペット同伴避難は難しいことがわかりました。

以前、東京都はペット同伴避難を進めていたと思っていたのですが、「同伴避難」ではなく、「同行避難」ということでした。

これは、こちらで詳しく説明されていますが、

—–東京都福祉保健局からの引用—–
同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。
避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。それぞれの避難所のルールに従ってください。
——————————-

ということで、必ずしも避難所で避難が可能なわけではなく、その場所まで一緒に避難をしてください、というものでした。
確かに、避難所に避難をせずに自宅で、となるとその後の救助の問題もあり、人命一番ととることもできますが、避難した後の対応によっては一緒に避難した人、ペットの負担が増えてしまい、結局自宅で待機、という方も増えてしまうのではないかと思います。

熊本大地震の時にも、ペット同伴避難が出来ず、善意で動物病院の施設の一部を解放していた、などのお話がありましたが、もし東京で同じ規模の地震などの災害が起きた時には、ペット同行避難は大変難しいことなのだろうと思います。
人の迷惑にならないように、ペットのしつけをしておくこと、などなどの記載も多くありますが、もともと病気をかかえているわんちゃんたちがいる方にとっては今現在のしつけも大変難しいことなのだろうと思います。
そしてペットが一番最後という優先順位の中で、病気を持っているわんちゃんたちにとっては辛いものもあり、それが避難をより出来にくくする一つの要因になるような気がします。
我が家の現在の状況を中心に話をしてしまって申し訳ありませんが、我が家で出来ることとしたら、基本はキャンカーが無事ならばキャンカーでの避難になりますが、我が家の駐車している環境は災害時の外的被害を受けやすく、キャンカーが無事で残っている可能性は低いのだろうと思っています。
そうなると、ご近所のわんこ友達の方たちと日頃連絡を密にして災害時のことを話しておくことや、同じく近所のペット関連の団体などにも問い合わせておくことも必要なのだろうと思っています。

災害は待ってはくれないので、特にペット連れの方は早めの準備は必要ですね。

そんな災害対策にあたふたしている私とは対照的な、つくわらこ、です(笑)。

DSC09503
DSC09517
DSC09518

今日はのんびり〜〜

って、毎週同じことを書いていますが。。。(笑)

今日は朝ごはん時から、こごみはステロイドの服用開始です。

そして早速、というか、手足の震えが出てきました。
ここ最近、手足の震えがなかったのですが、今日はお昼くらいから小さな震えが出ていました。
そして息も荒げることも出てきて、晩御飯時にはかなりの震えが出ていました。

まだ始めたばかりなので、たまたま、ということもありますので、今週末まで様子を見ます。

そんな週末の、おやつを目の前にすると急に生き生きとする、つくわらこ、です(笑)。

DSC09442

DSC09444

DSC09502

病院へ行ってきました

今日は、朝からトリミングの予約が入っていて、こごみはどうしようかと考えていると、

こごみ、朝ごはんから、フリーズしました。

食べ始めた時から少しずつおかしくなり、右前足を上げたままフリーズして立つことができなくなったので、しばらく落ち着くまで食事をやめました。
その後、少し落ち着いたので、様子を見ながら食べさせました。
そして食べ終わると、何事もなかったかのように、元どおりに戻っていました。
その間、5分ほどでした。

こんな事があったので、こごみのトリミングはやめて、つくしとわらびだけお願いしてきました。
でもこごみの足裏の毛が伸びたりしていたので、早く終わる、爪切り、足裏の毛カット、肛門周りの毛カット、だけお願いしてきました。
こちらではいつもつくわらこに良くして頂きちょっとした変化も見て頂けて、そして色々なことも教えてくれるので、本当に助かっています。
ありがとうございます。

お昼近くになり、つくしとわらびのトリミングも終わったので自宅へ戻り、病院の午後の診察まで自宅でのんびりとすることにしました。

そして午後の診察時間になるので、病因へ向かいました。

先生に16日の動画を見せながら今までこごみにあったことをお話しすると、

以前のような、てんかんや神経的な症状というよりもつくしの髄膜脳炎と同じような症状がみられるので、髄膜炎の疑いが高そうとのことでした。
確かに、つくしが発症した時の症状と比べると同じで、ただこごみの場合は、足が弱いためその症状プラス立っていられないような感じに見られました。
まずは髄膜炎の確定診断が必要となり、そのためにはMRIなどの画像診断が必要となるのだけれど、現在のこごみにはそれは難しいので、とりあえず髄膜炎として効果の高いステロイドを服用して様子をみて判断していきましょうとのことでした。
明日(21日)の朝から、ステロイドを4分の1錠を毎日1週間続けて様子をみることになりました。
様子も数値的には見ることはできないので、その症状がなくなったなど、おおよそ私たちの感じ方で判断していきましょうとのことでした。
とりあえずこれから1週間は様子見となりました。

先生には聞いていませんが、今までこごみに起きていた手足の震えなどの神経症状が最近見られないのも、今回の症状が原因しているような気がします。
なので現在のこの症状が治ると、また手足の震えなどが起こる可能性もある、ということになりますね。
またこの点は、来週の再診の時にでも聞いてこようと思います。

前回(16日)の晩御飯時の様子の動画です。
立つことがやっとで、やっと立てたかと思うと動けず、ただ意識ははっきりしているように見えます。

そして最後は、そんな今日(20日)のつくわらこ、です。

一安心

朝出かけに、いつもは寝ているこごみが落ち着かないようだったので気になりましたが、その後朝ごはんも問題なく食べることができ、そして何とか普通のこごみに戻っていたようです。

今回のことがきっかけで、悪い状態になってしまうことを覚悟していましたが、こごみの昔からの強運と、その昔、お台場に遊びに行った時の事故でこごみの心身的に問題のある部分が逆にこごみ自身を助け危険な状態を脱したことを再度祈り、なんとか落ち着いてくれました。
今現在も、特に大きく変わる様子もなく、落ち着いています。

本当に良かったです。

とりあえず今週末にはかかりつけの先生に診てもらいます。

色々と、ご心配をおかけしました。

とりあえずは、ご報告まで。

DSC09316

スイッチ

昨日の晩御飯時に事件は起こりました。

おかあちゃまが晩御飯の用意をしている時のこごみは、喜んで辺りをクルクルと回るのですが、私も目を離した隙に転んでしまったようです。
その瞬間を見ていなかったので転んだのかもどのように転んだのかもわかりませんが、「ドタッ!」という音が聞こえ、気づいた時には普通にクルクルと回っていました。
しかし少しずつ様子がおかしくなり、回るスピードも遅くなってきて、ご飯を食べ始めると左足が効かなくなっているようで、そして右足も肘の部分からナックリングが始まっていて立っていることもやっとの状態でした。
おかあちゃまは危ないと思いこごみを抱き上げると、食べていたものが口からダラダラと出てしまい、そしてすこしよだれも出ていました。
いつもだったらご飯が目の前にあり抱き上げたりすると、「おろせ~~、おろせ~~!」と暴れまくるのですが、今回はそのままの状態で昨日と同じように放心状態になっていました。
少し間をあけてからご飯を口元に寄せると食べ始めたので、そのまま介助しながら食べさせました。

その後は、抱っこをして様子を見ましたが、ご飯を食べている時よりは落ち着いてきたようで、そのまま寝付いてくれました。
そして目覚めたときには、足元は少しおぼつかない様子でしたが、なんとか普通に歩けるくらいに戻ってくれました。

しかし、おかあちゃまが寝る時に低血糖の関係でいつも夜飯をこごみにあげているのですが、その時に後ろ足が効かなくなり、先ほどと同じような状態になっていました。
でも時間を置くとなんとか寝付いてくれ、私の出がけの朝も、いつもよりはキョロキョロとしていて少し挙動不審だったのですが、クーラーをかけてあげると少し落ち着いて寝てくれました。

なんとも私の不注意でこんなことになってしまい、こごみには申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
足の靭帯を切ってしまった時も同じく私の不注意で、何度もこごみには本当に痛い思いばかりをさせてしまいました。

今日は天気も不安定なので、気になるところは沢山ありますが、ひどくならずに済むように、頑張ってほしいと思います。

低気圧の影響なのか

昨日(16日)の晩御飯前に、こごみの様子がおかしくなりました。

カニ歩きをしていたので抱き上げると、前足をピンとしたまま硬直しているわけではないのだけれど体は動かず、そしてしばらくすると右側が言うことを効かない感じで体がそのまま左に曲がるようになり、おかしいと思い立たせてみると完全に左側が言うことを効かず倒れ込んでしまう状態で、そして左前足を見てみると少しナックリングしているような感じで微かな震えと硬直が出ていました。

おかあちゃま曰く、一昨日(15日)の朝もこのような状態だったようで、その時は後ろ足が完全に言うことが効かない状態だったようです。

先生に見せるためのビデオを撮りながら暫く様子を見ていると、以前にあったようなフリーズ状態で、自分の意志ではどうしようもない不安な顔をしていました。

そして晩御飯をどうしようかと抱っこをしてアイシングしながら待っていると、暫くはフリーズした状態だったのがご飯の用意ができるとおろせ下ろせと動き出し、その後は今までの症状がなかったかのようにいつものこごみに戻っていました。
この間、10分もなかったと思います。

手足の硬直が出ていたりする時はご飯はきちんと食べられなくて辺りを汚して大変なのですが、ご飯もきちんと間食できて、いつもと変わらないこごみでした。

以前、大学病院に色々と検査に行っていた頃に丁度その硬直する症状が出たことがあり、その時に担当の先生がドッグフードを見せるとこごみはバクバクとまるで食事を与えられていない子のように食べたことがあり、その時に先生から、水頭症の症状が起きた時には食に対する反応はないので水頭症ではないです、とのお話をされていて、そしてこちらのかかりつけの先生からもてんかん症状が起きているときには同じく食に対する反応は出ることはないので、一般のてんかんとして区別することは難しい、と言われていました。
ただその症状が起きる中で気圧の変化が関わっていることが多く、以前は台風が近づくと目が腫れたり体調を崩すことが多くあったのですが、最近ではあまりその症状が見られなくなった代わりに、今回のような症状が出てきたことも考えられるかも知れませんね。

いずれにしても動画を撮ったので、そちらを合わせて先生に見せてこようと思います。

その後のこごみはいつもと変わらず、元気です。

DSC09303

元気にお散歩した翌日は

案の定、体調崩す方がいました。

つくしは、朝からご飯が食べられず、夜も躊躇しながら食べたけれど、その後しばらくは調子が戻らず、でした。
昨日それほどたくさん歩いた訳ではないのだけれど、環境が変わるとやはり疲れ方も違うようですね。
でも夜寝る頃には、なんとか調子が戻り、完全復活したようです(笑)。

DSC09289

こごみは、朝から後ろ足が効かず、ご飯を食べるのには介助が必要でした。
でもその後は、少しずつ戻り、夜にはなんとか動き回れるようになりました。
だんだんと悪くはなっているようです。

DSC09286

そしてわらび。
特に何も変わらず、でした。
わらびのこの変わらない姿には、私たちも救われています。

DSC09291

近場で。。

今日も近場でお散歩です。

でも毎度同じ風景ばかりなので(笑)、今日は近場でも近くの大きな公園に行きました。

DSC09029

公園に着くと、夕方過ぎ、ということもあり、風が心地よく、もう秋の様でした。

そして公園にはたくさんのポケモンハンターの方たちがウロウロしていました(笑)。
ワンコ連れのハンターの方も多く、散歩に来ているのかはたまたハンティングに来ているのかわからない方も多く見られました。

この公園にある広場の中央には、その季節の花が植えられていて、ひまわりがたくさんありました。
でも、そろそろ時期も終わりのようで、少し元気のないひまわりもちょろちょろと見えていました。
そんなひまわりと一緒に。。。

そして手前にあるベンチで一休み。

そして、いつもの同じ場所で記念撮影をして、お家へ帰ることにしました。

DSC09262

こごみは、あまり歩かないかなぁ〜、と思っていたのですが、意外や意外、ガシガシと歩いてくれました。
でも、つくしとわらびに比べると全然ですが、それでも100歩以上は歩いてくれたようです(笑)。
なぜかこの公園は、ガシガシお散歩するところと覚えているのか、その頃を思い出したかのようにお散歩してくれました。
そして他のわんちゃんや人にワンワンと興奮して、手足の震えが少し出始めたのだけれど、アイスノン入りバッグに入りしばらくお散歩すると、手足の震えが治まっていました。
昨年の今頃は、同じような状況になったらなかなか治らず大変だった記憶がありますが、今日は気にすることなく、治まっていました。
こんな感じで、これからも過ごせるといいのですけどね。

そんなこごみは、久しぶりにガシガシとお散歩したので、帰りの道のりでは、ほとんど頭が上がらないほど、疲れたようです。

DSC09275

近場で

今日(13日)も、近場散歩です。
なので見慣れた景色ですが、ご勘弁を〜〜。

夕方になり、だいぶ涼しくなったので、お散歩もそこそこ快適です。
でもそんなお散歩でも変わらない方が。。。

お家を出てグルーっと回ったところの車通りの少ない道で、のんびりとお散歩〜。


ウロウロ、自由気ままな子がひとり。
ほっておくと、道に落ちているものをパクリ、とするので、強制ダッコです。

DSC08955

しばらく歩いてから、途中の公園でみんなで一休み。


でも先ほどと同じ自由気ままな子がひとりいるので、危ないその子は強制ダッコです(笑)。

さてさてもう少しでお家に到着、つくしとわらびは、ラストスパートです。

DSC09013

お家へ無事到着して、みんなは手足を洗い、さてさてお疲れ様でした。

でもそんな中、死んだように疲れた子がひとり。。。(笑)。

DSC09018

結局、こごみは、数十歩程度しか歩かず、それでいて、一番疲れた顔をしていました(笑)。

と、いつもと変わらない、お散歩〜〜、でした。

今日は

昨日(10日)の仕事の疲れからか、今日は一日中、ぐったりでした。

なので、みんなでお家でゴロゴロしていました。

夕方散歩も、つくしとおかあちゃまだけで、後のみんなはお家でお休みです。
わらびとこごみは、「連れてけ〜〜」と怒っていましたが、外はまだまだ暑かったので、おとうちゃまとお留守番です。

その後は、お家で、まったり、のんびり〜、していました。