少しずれていたけど

昨日から今日(21日)のお昼にかけて、気圧が不安定になっていたけど、それが抜けた晩御飯時から手足の震えが出ました。

手足が硬直して立てなくなったけど、食欲だけはなくならないのが、こごみのすごいところです。

疲れてきたのか、先ほど寝始めてくれました。

昨日と今日は

昨日(19日)は、つくし号のぺちゃんこになったタイヤを直すためにパンク修理にしようかと悩んだ結果、タイヤ交換をすることにしました。
そして格安タイヤ屋さんで、と思っていたのですが、今日の今日で取り付けはできないので、色々と近場のタイヤ屋さんに電話をして、結局、トヨタさんがお得だったのでお願いすることにしました。
純正で付いていたタイヤはブリジストンエコピアだったのですが、ダンロップエナセーブにしてみました。

私、結構ダンロップ好きなこともあるので個人的な感想になりますが、街乗りのロードノイズが少し減ったようで、そして乗り心地が良くなったような気がしました。
ただロードノイズも、低速域、中速域では少なくても、高速域になると多くなりそうな気もして、そして乗り心地も高速走行になると柔らかさが目立ち安定性がなさそうな気がします。
またそれは高速に乗った時にでも体感してみます。

タイヤ交換を済まして、その後は花粉の多いので、お家でのんびりとしていました。

そして今日は、朝から花粉がひどかったので、またまたお家でのんびりとしていました。
でもお家の中にいる方が、目や鼻はひどかったかもしれないです。

夕方になり、みんなのお散歩で、近所を散歩することにしました。
最近、つくしは耳が遠くなってきたこともあり、ワンワンとうるさくなったので、それに便乗してこごみは反応して手足の震えが起きることが多く、そしてお散歩のその殆どが抱っこなので、つくしとわらびだけで近所散歩にいってきました。

わらびは昔からそれほど歩くことは早くなく、ちょっと小走りでつくしの後を追いかけたり抜いたりしていましたが、最近は小走りも出来ずにつくしの後を追うこともできずに、写真のようにかなり離されてしまうことも多くなりました。

なんとか追いかけ、立ち止まったところでふたりの写真を撮ろうとすると、ふたり合わせてカメラ目線をしてくれることはなかなか出来ず、こんな感じの交互のカメラ目線になってしまいました。

そして駐車場まで来ると、同じ場所をまるでシンクロしているかのように、クンクンと匂い嗅ぎ。。。

そして、駐車場を抜けて自宅へと戻りました。

お散歩する度に思いますが、つくしもわらびも年を取りましたね〜。
特に今日は、わらびが老いたことを感じられたお散歩でした。

今日も色々と。。。

今日(18日)は、朝から私の眼科検診。

良好で、来月、視野検査です。
会社の方の奥様が、同じく緑内障の予備軍、ということで、その方が「視力を失わない生き方」という本を図書館で借りてきたので、それを少し読ませていただきました。
とても勉強になりました。

そして、わらびとこごみの検診でいつもの病院へ行きました。


わらびの心臓は、大きな変化はなく、心音も肺の音も良好のようでした。
そしてお尻の辺りを触られるのを嫌がっていたので、それも診てもらうと、お尻よりも背中から腰にかけて違和感を感じている部分があり、神経痛と言うほどではないのだけれど色々と違和感を感じ始めていることもあるので、痛み止めを5日服用してみて、そして手足も舐めることも多いので、その辺りも含め、様子の変化を見てくださいとのことでした。

そしてこごみは、歯の問題もあったので全体的に診てもらいました。
悪い歯はそのまま抜くこともできるのだけれど、根の方までひどい炎症を起こしている訳ではないので、自然に抜けるのを待ちましょうとのことでした。
そして手足の震えと歯の影響についても、特に呼吸系、鼻づまりなどについてはあるのだろうけど、根の方までの炎症は大丈夫なので、それほど大きな影響はなく、今まで同じような対応をしていくしかないでしょうとのことでした。

全ての診察が終わったのでそのまま自宅へ戻り、そして特にお出かけ予定はなかったので、久しぶりにつくし号を洗車しに行こうかと洗車場へ向かうことにしました。
去年からきちんと洗うことはしていなくて、トヨタで板金をしてもらった時に洗車をしてもらっていましたが綺麗な洗車の仕方ではなく、特にルーフはベンチレーターが付いていることから行ってくれず、かなり汚れていました。
本当は朝のうちに行って綺麗に洗車しようと思っていましたが、時間も時間なのであまり手をかけずに今日は簡単に汚れを落とすだけにしようと洗車をしていると、なぜか助手席側のタイヤがエアー抜けしたかのようになっていました。
段々とタイヤが潰れてきて、完全にパンク、してました。

洗車場の方に近くにあるタイヤ屋さんなどのお話を聞き、いずれにしてもまずは邪魔にならないところに移動してから考えることにしました。
エアーの抜けは緩やかだったので、なんとか移動して、いずれにしてもスペアタイヤに付け替えなければどうにもならないだろうということで、その場をお借りして交換をすることにしました。
ジャッキの場所がわからず、そして次にスペアタイアを下ろすためのロックを外すためのボルト位置が見当たらず、仕方がないので、トイファクトリに連絡して教えていただきました。

スペアタイヤ、納車されてから外したことがないので、めちゃくちゃ汚れていました(笑)。
なんとか交換を済ませ、洗車途中のビチャビチャのボディを簡単に拭きあげて、とりあえず自宅へ戻ってからその後を考えることにしました。

洗車場の方には近くのお店を教えていただいたのですが自宅からは遠いので、近場で探すことにしましたが、さてさて、どこで直してもらいましょうか。

落ち着きました

昨日、朝から甘麹をくれくれ攻撃してから、その後朝ごはん前は少しの震えはあったものの、ひどくなることはなく落ち着いたようです。

本当に面白いもので、気圧の変化が落ち着くと、何事もなかったかのように、いつものこごみに戻ります。

ご心配をいただきまして、ありがとうございます。

週末は。。

土曜日(11日)は、つくしのGME検診でした。
問題もなく、終わりました。
そして心臓検診も、大きな変化はなく、問題なく終わりました。
また来月、今度はリニューアルされた病院での診察です。
どんなレイアウトになったのか、楽しみです。

そして今日は、花粉症のおかあちゃまのため、またまたお家でのんびりまったりとしていました。
って、本当はお出かけ気力がないだけですが。。。(笑)

話は変わりますが、おかあちゃまとの話で、

つくしって、年齢よりもすごく若く見えるよね、
わらびも元気なのだけれど、最近は手足の汚れが目立ってきて、それに比べるとつくしはそれもなく、そして目も注意して見なければ白く見えないし、本当にすごいよね、と二人で感心していました。
あの時は、今があることを考えることができなかったけれど、本当にすごいことだと思っています。

そしてまたまた話が変わりますが、

ブログのレイアウト、変えました。
単なるテンプレートの変更ですが、ちょっと気分転換に。。。
そして5月には今のレンタルサーバの更新なので、そろそろ有料はやめようとか検討中です。

またその際には告知しますので、ご覧になられている貴重な読者の皆様、まだまだお付き合いくださいます様お願いします。

変わらぬ週末

今週末も変わらない週末でした。

今日は昨日よりも風もなく暖かそうだったので、公園にでもお散歩〜、と思っていましたが、おかあちゃまの花粉症がひどく、お家にこもっていました。
昨日はおかあちゃまがつくしを連れて近所散歩に行ったので、今日は私がつくし、わらびと、別々に連れて近所散歩に行ってきました。

年を取ってくれるとお散歩時の情報収集に時間がかかり、お散歩を楽しむことできないようで、特にわらびは最近は外に出ることが好きになりましたが元々お散歩好きではないので、情報収集に時間をかけてお家から2〜300mあたりをウロウロしただけでお散歩終了でした。
つくしも、昔はブイブイとお散歩していましたが、最近は情報収集と自分の用が済むとささーっとショートコースで帰ることが多かったのですが、今日は表側の駐車場から戻るパターンがなぜかそこから道を外れ元来た道を戻りだし、そして交差点を左に曲がると自宅へと帰れるのですが、そのまま直進していきました。
自宅へ帰る道も分からなくなったのかと思っていると、情報収集もせずに遅いけれど黙々と歩いて、なんとなく、楽しくお散歩している気持ちが伝わって来ました。
そしてその先の交差点を左に曲がってグルーっと回って帰ろうと思っていたのですが、その交差点にわんちゃんがいて、いつもならワンワンと吠えて通り過ぎていくのですが、ちょっと苦手なわんちゃんだったのか、そのままクルリと道を戻りだし、「なんだよ、そっちに行きたかったのに。。。」と言っているかのようにふてくされて戻っていました。
そして自宅近くで行こうとした回り道の方をもう少し歩こうかと思っていたようですが、悩みながら自宅へと戻って来ました。

14年、一緒に散歩をして来ましたが、今日は初めてつくしの気持ちを感じることが出来た気がしました。

これから少しずつ暖かくなるから、今度はみんなで一緒にお散歩に行こうね。

引っ張り話。。。

引っ張りすぎて、楽しみがなくなりますね。

さてさて、飽きてしまう前に目の続きを(笑)。。。

50を過ぎてから老眼がひどくなり、100均の老眼鏡から始まりすでに5本目。
3本目の時に眼痛と頭痛と肩こりがひどく、4本目からきちんと眼科で検査をしてもらい、きちんと自分の目に合ったものを作ってもらいました。
一応、白内障や緑内障、そして糖尿病に関わるところなどを見てもらいましたが、そちらは問題無し、とりあえず老眼に関わる部分でメガネを作ってもらいました。
それから一年、メガネを外した時のボケがひどくなり(頭はもともとボケていますが(笑))、自宅近所の眼科で再度見てもらうことにしました。
その前の眼科は、会社から近くてよかったのですがJINSやzoffのメガネを異様に嫌っていて、そしてメガネの処方箋をいただくまでにはかなりの時間もかかることから、自宅近所の眼科がその辺りは良さそうだったので行くことにしました。
視力検査などを行なって、その後に先生に診てもらい網膜なども問題はなく、次回診療日にメガネ屋さんが来るのでさらに詳しい処方箋を作ってもらいましょうとのことで、2週間後に伺うことにしました。
そして同じように視力検査を行いレンズを合わせて前回のレンズとは内容がまるで違うものになり、そして今回はきちんと度数を合わすのできちんとメガネをかけないと見えにくくなることもあります、との注意事項も教えて頂き、その後に先生に診断をしてもらいました。

さてさて前置きは長かったのですが、ここからが本題です(笑)。

網膜を見てもらうと、突如先生が(ここから会話形式でお楽しみください(笑))

先生:
「あれ?!、以前、何か言われたことはありませんか?」
私:
「いえ、特に何も。。。」
先生:
「う〜〜ん、これは、あっ、眼圧って測っていたっけ?」
看護師:
「いえ。。。」
先生:
「じゃあ、とりあえず眼圧と***(よくわからない機器名)をやって!」
看護師:
「は〜い❤️」(ハートマークは関係ありません(笑)」

検査を行い、しばらくして先生に呼ばれ、診断結果を聞くと、

先生:
「〇〇さん、緑内障の予備軍ね、右目の。。。」
私:
「へっ?」
先生:
「右目、上の血管が折れているところがあるでしょ、ここに負荷かかっているからこの影響から将来下半分が見えなくなりますね、で、どうしましょう?」
私:
「どうしましょうって、何がですが?」
先生:
「とりあえず10年後とかに目の視野が狭くなることは分かっていて、それに対して今できる処置は目薬をさして予防をすることだけれど、どうしますか?、やりますか?」
私:
「やりますか?って、普通やるんじゃないですか?」
先生:
「あっ、じゃあ、目薬出しますんで、また1ヶ月後に診せに来てください」

なんとも不思議な会話でした(笑)。

とりあえず目薬をもらってきて、帰り道に、10年後とかに右目の視野が半分になると、自動車の運転はできるのだろうか、まあ片目でも視野があればOKみたいだけれど、大型免許はなくなってしまうよな、、、と色々と考えながら自宅へと戻って来ました。

おかあちゃまにも話し、まあ仕方ないことだね、と言いながらも、ここ最近の色々な物事のありようで少し頭がパンクしそうでしたが、まあひとつひとつ解決して行くしかないよなぁ〜と、この問題はまだまだ先のことなので、見えなくなってから考えることにしました(笑)。
ただ目医者には通わないと行けなくなるから、それが今から面倒です(笑)。

と、以上が引っ張った話でした。

さてさて、またこの話には続きがあるとかないとか、

乞うご期待(笑)。

写真は、本題とまるで関係ありません(笑)。

週末は

まず25日(土)午前中に、つくわらこのトリミング。

こごみの手足の震えがで始めてからトリミングで時間をかけることが難しくなり、こごみを優先して時間をかけずに行ってもらえるところを探していた時に、我が家からもそう遠くないお店の「犬日和」さんに2012年8月から通い始め、途中そちらでやられていた方がさらに我が家の近くでお店を開店すると言われ、途中から新たなお店でお願いしていましたが、その後もずーっと連絡だけは取り続けてくれていて、こちらのお店が忙しい時にはお願いしようと思っていましたが、もともと古民家を改装していたお店で老朽化が進み、ついに閉店となってしまいました。
わがままなことですが、最後にお願いしようと、事前に予約を入れさせてもらいました。
こちらのお店では2012年8月から2014年までの2年間、毎回適切なアドバイスをいただき、つくわらこを優しく見守っていただきました。
そしてわらびの脱走事件で、あわや一大事、ということもあり、本当に思い出深いお店でした。
お店が無くなることはとても寂しいですが、またどこかでお会いできることを楽しみにしています。
今まで、つくわらこを優しく見守っていただき、本当にありがとうございました。

そして午後からは、メガネを取りに、病院まで行きました。
以前の話の続きは、もう少し引っ張らさせていただき、その後は、おとうちゃま単独のお出かけとなりました。
つくし号の担当者の店長さんが新たなお店を出店するとのことで、送別会及びプレお祝いを同じキャンカーの東京オーナーさんとトレーラーパークで行わさせていただきました。
と言いましても、トレーラーをお持ちのお友達が全部仕切ってくれたので、我が家は上げ膳据え膳状態で、またまたお世話になってしまいました。
そして色々とお話も聞いていただき、私まで力をたくさんいただいてしまいました。
ありがとうございます。
話は戻りますが、店長さん、新たなお店にはまた遊びに行かせてもらいますので、これからも宜しくお願いします。