珍しく

​昨日は朝ごはんは渋り、体調はあまり良くありませんでした。
でもその後しっかり寝ていたお陰か、晩ごはんは珍しく要求するほどで、お代わりまで要求する始末。
そしてその後も暫くは寝ていたのですが、そろそろ私たちも寝ようかという時間に窓の外をよく見ていたので、もしかするとと思いお散歩の用意をすると、

はい、しっかりとお散歩に行きました。

ただしっかりと歩くわけではなく、チョロチョロと歩いて、そして出すものだして、という感じでお家へ戻ってきました。
フラフラしながらも途中途中で元気が見れたので、体調は上向きなのでしょうね。
でもこのパターンの時の翌日は体調を崩すことが多いのですが、今朝の様子を見るとぐっすりと寝ていたので、たぶん調子はそのまま保てるような気がします。
なんとか今日も病院へ行かずに済んでくれるといいのですけどね。

そんなことで思いもかけずに「つく散歩」、撮れましたので、アップします(笑)。
今朝方のつくしと、少しボケが入った「つく散歩」、アップします。
お楽しみに~~。

四十九日とつくしの通院

今日はこごみの四十九日でした。

つくしは今朝から調子が悪く、朝ごはんは食べられませんでした。
昨日夜寝る頃からお腹がキュルキュルいっていたので、昨日はあまりよく寝られなかったようでした。
でも、嘔吐や下痢はなかったので、心臓の薬だけ飲ませて、いつもの点滴で病院へ行ってきました。

そのことを先生に伝えると、以前もらっていた整腸剤とそして胃薬を暫く服用しましょうとのことになりました。
お腹以外は、心音も肺の音も落ち着いているので、調子が戻れば次の点滴は2日先の水曜日、もし調子が悪いのであれば明日または明後日、来てくださいとのことでした。
お家へ帰ってからはずーっと寝ていて、そのせいか晩ごはんも薬だけ避けて食べられたので(笑)、そこそこ落ち着いているようです。
これで明日、明後日となんとか落ち着いてくれると水曜日の通院なので、とても楽です。
落ち着いて欲しいです。

体重:2,080g

そして今日の「つく散歩」。
毎度代わり映えがしませんが、あまり元気のない「つく散歩」です。
2本お届けします。

そして、こごみの四十九日。

あっという間でした。
本来は、宗派により七日ごとの裁きがあり四十九日が六道の判決が下される日とされていて、今日の日をもってこの世から旅立つのだと言われていて、そして浄土真宗であれば、亡くなったその日から仏となり旅立ち、四十九日は、残された者がご縁のある方と故人を偲び、人生の無常・命・生きる意味について改めて考える期間と言われているのですが、そのどちらも、つくしのことを考えるだけで精一杯の期間でした。
でもそのお陰か、こごみのことで悲しみ尽くす余裕もなく、今日という日を迎えてしまいました。
多分そんなことも、こごみが考えて、そしてつくしも一緒に考えてくれたことなのかも知れないですね。

改めて、こごみは我が家にとっては勿体のない子で、とってもいい子でした。
どんな時でも、私たちを見つめ、そしてつくし、わらびを見つめていてくれた子でした。
これからはその目を見ることは出来ないけれど、つくし、わらび、そして私たちのことを、気が向いたときでいいから、見つめてくださいね。

こごみ、大好きだよ、ありがとう。

昨日のつくし

昨日は、通院日でした。

病院へ行くことを拒否し始め、少しずつ体調は良くなってきていることがわかる反面、今日の診察はとても大人しく済みました。
先生にもだいぶ慣れて、点滴もだいぶ慣れてきたのかと思います。
それに先生も嫌なことは出来る限り嫌がらないよう努力をしてくれていて、そして調子もだいぶ良くなってきているのだと思います。
先生も調子の良さは、本当に喜んでくれました。
診察は、心音も肺の音もとても落ち着いていて問題はなく、1週間ごとに見ていた血液検査はもう1週間ほど空けて見て見ましょうとのことになりました。
ただ点滴は、1日置きは変わらず、次回は明日日曜日です。

体重:2,200g

そして「つく散歩」も変わらず、少しずつ調子の上がってきているつくしです。
でもあまり良くなったと書いていると、また一気に落ちることはありますが、それでも2進1退くらいの感じで上り調子で進んでくれていると思います。
特に代わり映えはしませんが、病院の行き帰りの2本をアップします。

安らかに

つい最近、病院でお会いしたジャーマンシェパードのアンディさんが旅立ちました。

病院で2回お会いしただけですが、つくしのことをじっと見つめる目がとても印象的でした。
つくしが小さいころに近所の公園で知り合った大型犬のお友達が同じくジャーマンシェパードの子で、その子の名前もアンディさんでした。
我が家はジャーマンシェパードの子に会うと、「あれ?、アンディさんかな?」と、よくつくしに言っていて、病院でお会いしたその子にも同じように言っていました。
そしてその子も同じようにつくしを見る目がとてもやさしくて、余計にアンディさんのイメージを強く感じていました。

アンディさんもつくしに何かを言いたかったのかな。

これでもう苦しむことはないよね、向こうでたくさんたくさん走って遊んでね。
そしてこごみのことは知らないだろうけど、もし会えたらよろしく伝えてください。

じゃあね。

季節的にも

良くないお天気が続き、人間でも気分が滅入りますよね。

こごみがいたら色々と苦しんだのだろうと思います。
今はきっと、その苦しんだことを忘れるくらい、沢山走り回って楽しんでいることと思います。

さてつくしも天候が安定しないせいか、18日夜からあまり体調は良くなかったです。
嘔吐をするけれど下痢することはなく、そして以前のような完全に元気消失、ということはなさそうで、食べる意欲もあるようです。
そして水は飲めていたので、なんとかまだ落ち着いていられました。
一昨日の夜ごはんもお水だけ飲んでそれ以外は食べなかったのですが、寝る前にプリンを見せると食べてくれました。
なのでこっそりと薬を少しずつ忍ばせると、

はい、途中でブチ切れました。
なんで美味しいものの中にまずいものを入れるのだと…。(笑)

それが分かった瞬間、疑って食べなくなりました。
でも床に散らばされたプリンから、薬の触感?、味?がしないところを探して食べていましたので、少しずつでも調子は戻ってきているのだと思いました。

そして翌日(21日)の朝ごはんは、お肉があまり好まなくなっているので少なめにしてあげるようにしたら、ドンピシャです(笑)。
あっ、あげてくれているのは、おかあちゃまですが、何か?(笑)。
その後は落ち着いていたようです。

そして病院へ行き、担当の先生に2日ぶりに(笑)お会いしました。

すると、つくしはやはり覚えているのですね、なんとなくですが安心するというのでしょうか、接し方が他の先生とは違いました。
先生もつくしのために一生懸命やって頂いているので、少しは分かってきているのでしょうか、どちらにしても嬉しいことです。
体重は、2,050g、さすがに落ちていました。
心臓、肺は変わらずでしたが、やはりお腹の動き(音)がすごいようでした。
とりあえず前回もそうですが、吐き気止めを点滴に入れて頂くことにしました。
そして先生がある勉強会に参加した際に、腎臓病を患ってもたんぱく質の制限は必要なくリンを注意すれば良いとのお話を伺ってきてくれたようでした。
心臓、腎臓と患うと必ず相反する食べ物制限で悩むのですが、たんぱく質に気を付けなくてよくなれば、両方のケアができるので、これからの治療にはかなり大きな期待が出来そうです。
詳しい話は聞いていないのですが、また次回聞いて来ようと思います。
そして点滴も無事先生に、ガウ!、して終わり(笑)、診察は無事終わりました。

自宅へ戻り、ご飯もしっかりと食べられ(自分の分だけ)、その後は心配することなく過ごせました。

そしてお楽しみ頂いています「つく散歩」ですが、今日は雨が降っていて道路もビチャビチャだったので撮影できないかと思っていましたが、それほど濡れていなかったのと、つくしが歩きたがったので撮影が無事出来ました(笑)。
ブログ用にと1本にまとめていたのですが、間違えて2本バージョンをアップしてしまいました。
1本目は、動画を見て気づいたのですが、道に止まっていたオートバイに、、、のつくしと(謎)、普通の自宅までのガシガシとノロノロ、そしてまだ続きを、と考えるつくしの2本でお送りします。

お楽しみに。

良い日もあれば

一昨日(18日)は特に問題もなく、朝ごはんもしっかりと食べることが出来ました。
しかし夕方になり4度ほど粘り気のある泡を嘔吐と1度黄色い嘔吐をしました。
お腹が空いたのかと思い、途中で何度か食べ物を見せるが食べず、ただ元気はそれほどなくなることもなかったので、先生からもらっていた吐き気止めを飲んでみることにしました。
するとしばらくしてからご飯を食べ、薬もなんとか飲ますことが出来ました。

昨日(19日)は朝ごはんのお肉をほとんど残していたようです。
そしてその後に2度ほど嘔吐しましたが、その後は落ち着き、夕方になるとフードを少しだけ食べたので大丈夫かと思っていましたが、トイレ場で伏せたり、そのあたりでウロウロしていました。
大体このような時は気持ちが悪い時で、でも吐くことはなく落ち着かないだけでした。

そして通院日だったので、担当の先生がお休みなので心配だったけれど向かうことにしました。
病院へ着くと、嫌がることは嫌がっていましたが、先ほどの体調の悪そうだった様子は感じられず、まあ違う緊張から少しの体調の悪さなどは吹き飛んでしまうのでしょうね。
ある意味、良かったです。

診察が始まると、特に心音も肺の音も変わりなく問題はなく、とりあえず嘔吐をしたことをお伝えすると、以前入れていた吐き気止めを点滴に入れましょうか?、と言われたので、入れて頂くようお願いしました。

その効果もあってか、自宅へ戻ってからは調子の悪さはなく、ただ以前よりは肉の食いつきは悪くなってきたようです。
とりあえず昔から食べていたフードを一時期全然食べなくなったのですが、ここ最近は少しずつ食べてくれるようになったのでそちらを混ぜてあげるようしています。
お肉はだめでもそちらを食べてくれればいいのですけどね。
食べなくなることを想定して色々と考えておかないといけないですね。

その後も大きな問題もなく、終始落ち着いて寝てくれていました。

今朝も同じように落ち着いて寝ていました。

さてさて、またまたお楽しみの?代り映えのしない「つく散歩」です。
いつもの道でいつもの様子ですが、お楽しみください。

楽しいお散歩

昨日は、暑かったですね。
でも日陰に入り風があるとそこそこ過ごしやすかったので、そして点滴もこの土日はないので、車中泊の旅でも、、、な〜んて考えていましたが、もう少し安定するまではダメですね。
その代わり、キャンプ用に買っていた鉄板を引き出し、晩ごはん時に自宅お好み焼きキャンプ?をやりました。
まあキャンプ、じゃ無いですけどね…。(笑)

日中は暑かったので、夕方になりみんなでお散歩に行きました。
つくしもわらびも、お散歩催促していました。

さてさてみんなでお散歩しましょう。

出かけに、お隣さんがブツブツと小声で文句を言っているの聞いてしまい、少しテンションダウンしてしまいました。
「うちの前でおしっこさせるなよ」。。。って聞こえるか聞こえないかの小声で言われました。
ちょうど2つ隣の家が保護犬を8頭飼っていて、その両隣の方は多分そのことでかなり神経質になっているのか文句は色々とあるようで、ただその保護犬を飼われている方はきちんとしているのですが、他のワンチャン連れの方でひどい方がいるので、一括りで「わんこ連れ=悪者」になっているようです。
我が家ももちろん人の家の前でおしっこはさせませんが、我が家が住んでいるマンションにある下水溝、その方のお家の隣にある場所でその方のお家の前ではないですが、している時にたまたまその方が見ていて言われたようです。
確かにそれが連鎖して他のワンチャンがということもありますが、もともと下水溝なので匂いが出るので何もなくてもワンチャンはオシッコすることが多い場所なので、仕方のないことだと思うのですが、これからは少し気をつけないといけないですね。

さてさて、楽しいお散歩を続けます。

今日のつくしはとても調子が良いようで、ダッシュをしたり、普通に戻ったのかというくらい普通のお散歩をしていました。
ただ所々で疲れる様子は見られましたが、以前も加齢と共に見られたこともあったので、病気の影響を感じさせない普通のお散歩をしてくれました。
先生にも無理は厳禁ですが、つくし自身が動こうとすることはそれほど気にしなくても良いと言われていましたが、必ずしもそれが原因ではないですが前回快適散歩後に体調が悪くなったこともあるので、ドキドキハラハラと注意をしながらのお散歩は毎度変わらずです(笑)。
でもそんなドキドキハラハラのお散歩ですが、つくしの嬉しい楽しい気持ちが沢山伝わってきて、短い時間ですがそれだけでも充実したお散歩に、私たちも同じくなっているようです。
そしてお散歩をしている途中には、こんな楽しいものも沢山ありますからね。
タコウィンナーが落ちている、と思っていたら、ザクロの花、なのですね。
面白いです。

そしてたまにはふたりで競ったり、楽しくお散歩できました。

そして自宅へ戻り、ごはんと食べると、その後はぐっすりお休みでした。

この輪の中心には、こごみの姿もあったのですけどね…。

さて、今日の「つく散歩」は、約2分半の長編となっています。
単純に、インスタは動画制限が1分なので、今までこちらのブログにアップしたのはその1分刻みの動画をアップしていましたが、考えてみればまとめてしまっても良いかということで、まとめて見ました。
楽しめる内容になっていると思いますし、なんと言ってもつくしが元気になったことをまたさらに感じさせてくれる一本になっていると思います。
どうぞ、お楽しみください。

安定しています

つくしの状態、安定しています。

色々と出来なくなったことが出来るようになり、とても嬉しいです。
ご飯を待ちわびたり、そしておとうちゃまの顔を舐めること、こちらは心臓に色々な意味で負担がかかりますのでやめさせていますが、つくしの生活は少しずついつもと同じように戻っています。
本当に嬉しいことですが、その輪の中に、こごみが居ないことは、とても寂しいことです。

さて、つくしの通院です。
昨日、担当の先生は早番なので先生の予約はせずに行って来ました。
この日のつくしは今までで一番ではないかというくらい病院を嫌がり、仕方がないので外で待っていることにしました。
すると何やら見慣れた人がこちらに挨拶をしているので見てみると、担当の先生でした。
わざわざ来てくれたようです。
有難いことです。
なので暫くすると呼ばれて、診察をしてもらいました。
現在までとても調子が良いこと、ご飯も食べられ、出るものもしっかりと、そしてお水もしっかりと飲んでいくれる等などお話しすると、とても喜んでもらいました。
そして前回の先生の時はとても耳を嫌がり怒っていたのですが、今日はなぜかとても静か。
担当の先生の時も怒っていたのに不思議です。
点滴もすごく大人しく、今までのつくしとは違っていました。
もしかして久しぶりの先生だから、と思っていると先生が、今までこれ以上やると嫌がっていた少し手前で加減しながらするように考えてくれたようで、改めて良い先生なんだと実感しました。
最近色々と忙しくなっているようなので、自宅での点滴のお話もさせていただていたのですが、数値が落ち着くまでは診させてもらう予定でいますので、と言っていただけました。
本当に嬉しく、そしてとても有難いことです。
ありがとうございます。

さてさて肝心の血液検査の結果は、

BUN 140.0 -> 125.0 mg/dl(7.0~27.0)
CRE 3.8 -> 3.5mg/dl(0.5~1.8)
PHOS 9.8 -> 9.8 mg/dl(2.5~6.5)
LIPA 1000 -> 1583 u/l (200~1800)

腎機能はまだまだ高値ではあるけれど、低下傾向にあるので、良いでしょうとのことでした。
そしてLIPAの検査が変わったようで、前回までの範囲は0~160から変わったので、単純に標準値になり、こちらは落ち着いたようです。
そして食べる、飲む、出す(笑)がしっかりと出来ているので、この状態を保てるようにして更に数値も改善できるように頑張りましょうとのことでした。

点滴もこの週末の土日を空けてみることになりました。
まだまだ2日置きというわけには行かないようですが、それでも週末に病院へ行かなくても済み、嫌な点滴もしなくて済むことは、つくしにとっては一番のご褒美ですね。
時間はかかってもいいから、少しずつ元気になっていこうね。

そして点滴も気をつけて入れてくれたので、帰りのつくしはちょっとウキウキした状態でした。

そんな「つく散歩」、アップします。

ありがとう

昨日のつくしは、とても安定しています。

呼吸も心音も、すべて穏やかで、そして食欲もしっかりとあります。
ただ、なぜか必ず少しだけお肉を残すことがあり、おかあちゃま曰く、昔よりもしっかりと噛んで食べるようになったから途中で飽きてしまうみたい、とのことでした。
なにか別の食材、腎臓の負担が少ないもので、今のつくしが食べやすいものを探してみることにしましょう。
そして薬も食事に入れたりもできるようになり、体調を見ながら判断しています。
でも今はお友達にもらったアーモンド風味?のお菓子がお気に入りのようで、こちらに包んであげると100%分からずに食べてくれるようです。
負担をできる限り少なくしてあげると、それが生活の質の向上にも繋がっているようですね。

昨日のつくしとわらびの写真もアップします。
そして皆様ご期待?の「つく散歩」は、昨日私はお友達と飲みに行っていたので撮ることが出来ませんでした。
申し訳ありませんでした。
また次回をお楽しみにしてください。

そうなんです、昨日は珍しく長く悪いお付き合いのお友達と飲みに行きまして、色々なことをたくさんお話しさせていただきました。
少し前なら考えもしませんでしたが、自由に飲みに行けるのもおかあちゃまのお陰だと感じ、大変な中で普通に過ごせることが、本当に有難い事だと思いました。
照れくさいですが、ありがとう。

重い腰を上げて

13日(火)は、終始落ち着いていました。

朝晩ごはん共にしっかりと食べ、おやつも食べ、薬もきちんと飲めたようです。
そしてこの日は珍しく、寝る前の儀式をしてくれました。
それは、私の顔をまんべんなく舐めることなのですが、肺水腫を起こしてからはさせないようにしていたのですが、この日は珍しく自分からさせろと来ました。
ただお年寄りの私なので変な塩分が出ているとか、それと舐めた後は息が切れ切れになることも多かったので、少しだけお願いしてやめてもらいました。
でもこの行動が見られるようになったことは、体調が安定しているのだと思います。

そして昨日(14日)は、通院日でした。

今日は担当の先生がいないので、代わりの空いた先生が担当です。
今日の先生は、点滴があまり、、、でした。
上手下手ではなく、やはり担当のわんにゃんじゃないので、気持ちの入れ方が違うようですね。
かなり右側に偏っているし、点滴温度も少し低いのか珍しく点滴中に何度も嫌がっていました。
でも担当じゃないわんにゃんに冷静に対応しようと思うと、仕方のないことなのでしょうけどね…。

でもその分、診察は早く終わりました(笑)。

帰りの「つく散歩」は、右によろめきながらも一生懸命歩いてくれたので、元気がある証拠です。
頑張ってます!!。

体重:2,150g

そして構想?年のリードが出来ました。
元々はこごみが普通の首輪とリードを使おうとすると、リードの金具部分が重く、歩きにくいことから、ショーリードを使用するようにしていました。
そしてつくし、わらびにもちょっとしたときに利用するのに便利ということで使用していました。
素材はパラコードを使用しているので、これならば自作も可能だろうとずーっと構想だけを温めてきました(要はやる気がなかっただけです)。
今回つくしも体重が減ったり歩きにくくなったりでリードの金具が負担になっていたので、こごみが使っていたショーリードを使わせてもらっていたのですが、手軽なショーリードなだけに無くすことも多く、こごみの大切な遺品なので無くしてはということで、急遽?作りました。

こちらがこごみが使っていた普通のショーリードと、皮革で出来たショーリードです。

そしてこちらが自作のリードです。

オレンジがつくしで、レインボーがわらびです。
こごみの分は、つくしのリードをオレンジにすることで一緒に頑張ってくれるということで一本にまとめさせてもらいました。
あまり変わり映えがしませんが、あまり金具を使わず一本のパラコードで作成することに重点を置きました。
それに最初の自作品ですので、良しとします(笑)。

さて今日の「つく散歩」。
いつもと変わらず、そろそろ飽きてきている方も続出だと思いますが、それにも懲りずに続けます(笑)。
病院の行き帰りの2本です。
お楽しみください。