元気ですよ

つくし、元気にしてましたよ。

月曜日、火曜日と、点滴を2日初めて空けました。
月曜日の朝はごはんが食べられなかったのですが、飲み始めた整腸剤と胃薬が効いているのか、その後は催促するほどの食欲に戻りました。
なのでその日の晩ごはん、そして火曜日の朝晩としっかりとご飯を食べることが出来ました。
間食はあまり欲しがらないのですが、乗っているときは(?)たまに食べます(笑)。
そしてお散歩も自ら行きたがり、月曜日、火曜日と、そして昨日は病院だったので3連続お散歩しました。

昨日の病院では、
心音も肺の音も変わらず、お腹の音も大丈夫でした。
そして調子の良さを先生にお話しすると、
「もしかすると点滴しない方が調子いいのかな~(笑)、また2日、間隔空けて様子を見てみましょう。」
「血液検査も、次の土曜日にしてみましょう。」
とのことになりました。

体重:2,150g

調子が良いのと、そのこともあるので血液検査に期待が、、、と思うのですが、以前もそれで奈落の底に落とされましたので、こっそりと期待する(無理ですが…(笑))ことにします。
とりあえずこの2日間、調子が良いことをまずは目標として頑張ってもらおうと思います。
まずは今日の朝ごはんは、今朝方ぐっすりと寝ていたいのでお腹が空き過ぎなければ大丈夫かと思います。
一つ一つ進んでいけたらと思います。

引っ付くほどではないですが、たまに近くで一緒に寝ていることが見られ、わらびもつくしのことを心配しているのが伺えます。
そしてお散歩でも、以前はつくしがガンガンと先に行ってわらびが後から~ということが多かったのですが、最近はつくしのほうが遅くわらびが先に行くことも多くなりました。
でも、わらびはつくしのことを気にしてくれて、基本は後から付いて行きますが、つくしがあまりにも遅い時は先に行き、ちょこちょことつくしが来ることを確認してくれます。
わがままなお姉さんですが、それでも心配をしてくれているのですね。
このふたりの仲を見ると、一生懸命その輪に入りたかったこごみも大変なのだろうけど頑張っていたのだな、と思いました。
我が家にいる子は、本当にお利口で優しい子ばかりです。
あっ、でも他のわんちゃんや人に対しては、ダメダメちゃんですけどね…。(笑)

さて、今日はそんな「つくわら散歩」そして「つく散歩」、アップします。
いつもながらあまり変わり映えがしませんが、ご覧ください。

珍しく

​昨日は朝ごはんは渋り、体調はあまり良くありませんでした。
でもその後しっかり寝ていたお陰か、晩ごはんは珍しく要求するほどで、お代わりまで要求する始末。
そしてその後も暫くは寝ていたのですが、そろそろ私たちも寝ようかという時間に窓の外をよく見ていたので、もしかするとと思いお散歩の用意をすると、

はい、しっかりとお散歩に行きました。

ただしっかりと歩くわけではなく、チョロチョロと歩いて、そして出すものだして、という感じでお家へ戻ってきました。
フラフラしながらも途中途中で元気が見れたので、体調は上向きなのでしょうね。
でもこのパターンの時の翌日は体調を崩すことが多いのですが、今朝の様子を見るとぐっすりと寝ていたので、たぶん調子はそのまま保てるような気がします。
なんとか今日も病院へ行かずに済んでくれるといいのですけどね。

そんなことで思いもかけずに「つく散歩」、撮れましたので、アップします(笑)。
今朝方のつくしと、少しボケが入った「つく散歩」、アップします。
お楽しみに~~。

四十九日とつくしの通院

今日はこごみの四十九日でした。

つくしは今朝から調子が悪く、朝ごはんは食べられませんでした。
昨日夜寝る頃からお腹がキュルキュルいっていたので、昨日はあまりよく寝られなかったようでした。
でも、嘔吐や下痢はなかったので、心臓の薬だけ飲ませて、いつもの点滴で病院へ行ってきました。

そのことを先生に伝えると、以前もらっていた整腸剤とそして胃薬を暫く服用しましょうとのことになりました。
お腹以外は、心音も肺の音も落ち着いているので、調子が戻れば次の点滴は2日先の水曜日、もし調子が悪いのであれば明日または明後日、来てくださいとのことでした。
お家へ帰ってからはずーっと寝ていて、そのせいか晩ごはんも薬だけ避けて食べられたので(笑)、そこそこ落ち着いているようです。
これで明日、明後日となんとか落ち着いてくれると水曜日の通院なので、とても楽です。
落ち着いて欲しいです。

体重:2,080g

そして今日の「つく散歩」。
毎度代わり映えがしませんが、あまり元気のない「つく散歩」です。
2本お届けします。

そして、こごみの四十九日。

あっという間でした。
本来は、宗派により七日ごとの裁きがあり四十九日が六道の判決が下される日とされていて、今日の日をもってこの世から旅立つのだと言われていて、そして浄土真宗であれば、亡くなったその日から仏となり旅立ち、四十九日は、残された者がご縁のある方と故人を偲び、人生の無常・命・生きる意味について改めて考える期間と言われているのですが、そのどちらも、つくしのことを考えるだけで精一杯の期間でした。
でもそのお陰か、こごみのことで悲しみ尽くす余裕もなく、今日という日を迎えてしまいました。
多分そんなことも、こごみが考えて、そしてつくしも一緒に考えてくれたことなのかも知れないですね。

改めて、こごみは我が家にとっては勿体のない子で、とってもいい子でした。
どんな時でも、私たちを見つめ、そしてつくし、わらびを見つめていてくれた子でした。
これからはその目を見ることは出来ないけれど、つくし、わらび、そして私たちのことを、気が向いたときでいいから、見つめてくださいね。

こごみ、大好きだよ、ありがとう。

安らかに

つい最近、病院でお会いしたジャーマンシェパードのアンディさんが旅立ちました。

病院で2回お会いしただけですが、つくしのことをじっと見つめる目がとても印象的でした。
つくしが小さいころに近所の公園で知り合った大型犬のお友達が同じくジャーマンシェパードの子で、その子の名前もアンディさんでした。
我が家はジャーマンシェパードの子に会うと、「あれ?、アンディさんかな?」と、よくつくしに言っていて、病院でお会いしたその子にも同じように言っていました。
そしてその子も同じようにつくしを見る目がとてもやさしくて、余計にアンディさんのイメージを強く感じていました。

アンディさんもつくしに何かを言いたかったのかな。

これでもう苦しむことはないよね、向こうでたくさんたくさん走って遊んでね。
そしてこごみのことは知らないだろうけど、もし会えたらよろしく伝えてください。

じゃあね。

安定しています

つくしの状態、安定しています。

色々と出来なくなったことが出来るようになり、とても嬉しいです。
ご飯を待ちわびたり、そしておとうちゃまの顔を舐めること、こちらは心臓に色々な意味で負担がかかりますのでやめさせていますが、つくしの生活は少しずついつもと同じように戻っています。
本当に嬉しいことですが、その輪の中に、こごみが居ないことは、とても寂しいことです。

さて、つくしの通院です。
昨日、担当の先生は早番なので先生の予約はせずに行って来ました。
この日のつくしは今までで一番ではないかというくらい病院を嫌がり、仕方がないので外で待っていることにしました。
すると何やら見慣れた人がこちらに挨拶をしているので見てみると、担当の先生でした。
わざわざ来てくれたようです。
有難いことです。
なので暫くすると呼ばれて、診察をしてもらいました。
現在までとても調子が良いこと、ご飯も食べられ、出るものもしっかりと、そしてお水もしっかりと飲んでいくれる等などお話しすると、とても喜んでもらいました。
そして前回の先生の時はとても耳を嫌がり怒っていたのですが、今日はなぜかとても静か。
担当の先生の時も怒っていたのに不思議です。
点滴もすごく大人しく、今までのつくしとは違っていました。
もしかして久しぶりの先生だから、と思っていると先生が、今までこれ以上やると嫌がっていた少し手前で加減しながらするように考えてくれたようで、改めて良い先生なんだと実感しました。
最近色々と忙しくなっているようなので、自宅での点滴のお話もさせていただていたのですが、数値が落ち着くまでは診させてもらう予定でいますので、と言っていただけました。
本当に嬉しく、そしてとても有難いことです。
ありがとうございます。

さてさて肝心の血液検査の結果は、

BUN 140.0 -> 125.0 mg/dl(7.0~27.0)
CRE 3.8 -> 3.5mg/dl(0.5~1.8)
PHOS 9.8 -> 9.8 mg/dl(2.5~6.5)
LIPA 1000 -> 1583 u/l (200~1800)

腎機能はまだまだ高値ではあるけれど、低下傾向にあるので、良いでしょうとのことでした。
そしてLIPAの検査が変わったようで、前回までの範囲は0~160から変わったので、単純に標準値になり、こちらは落ち着いたようです。
そして食べる、飲む、出す(笑)がしっかりと出来ているので、この状態を保てるようにして更に数値も改善できるように頑張りましょうとのことでした。

点滴もこの週末の土日を空けてみることになりました。
まだまだ2日置きというわけには行かないようですが、それでも週末に病院へ行かなくても済み、嫌な点滴もしなくて済むことは、つくしにとっては一番のご褒美ですね。
時間はかかってもいいから、少しずつ元気になっていこうね。

そして点滴も気をつけて入れてくれたので、帰りのつくしはちょっとウキウキした状態でした。

そんな「つく散歩」、アップします。

ありがとう

昨日のつくしは、とても安定しています。

呼吸も心音も、すべて穏やかで、そして食欲もしっかりとあります。
ただ、なぜか必ず少しだけお肉を残すことがあり、おかあちゃま曰く、昔よりもしっかりと噛んで食べるようになったから途中で飽きてしまうみたい、とのことでした。
なにか別の食材、腎臓の負担が少ないもので、今のつくしが食べやすいものを探してみることにしましょう。
そして薬も食事に入れたりもできるようになり、体調を見ながら判断しています。
でも今はお友達にもらったアーモンド風味?のお菓子がお気に入りのようで、こちらに包んであげると100%分からずに食べてくれるようです。
負担をできる限り少なくしてあげると、それが生活の質の向上にも繋がっているようですね。

昨日のつくしとわらびの写真もアップします。
そして皆様ご期待?の「つく散歩」は、昨日私はお友達と飲みに行っていたので撮ることが出来ませんでした。
申し訳ありませんでした。
また次回をお楽しみにしてください。

そうなんです、昨日は珍しく長く悪いお付き合いのお友達と飲みに行きまして、色々なことをたくさんお話しさせていただきました。
少し前なら考えもしませんでしたが、自由に飲みに行けるのもおかあちゃまのお陰だと感じ、大変な中で普通に過ごせることが、本当に有難い事だと思いました。
照れくさいですが、ありがとう。

重い腰を上げて

13日(火)は、終始落ち着いていました。

朝晩ごはん共にしっかりと食べ、おやつも食べ、薬もきちんと飲めたようです。
そしてこの日は珍しく、寝る前の儀式をしてくれました。
それは、私の顔をまんべんなく舐めることなのですが、肺水腫を起こしてからはさせないようにしていたのですが、この日は珍しく自分からさせろと来ました。
ただお年寄りの私なので変な塩分が出ているとか、それと舐めた後は息が切れ切れになることも多かったので、少しだけお願いしてやめてもらいました。
でもこの行動が見られるようになったことは、体調が安定しているのだと思います。

そして昨日(14日)は、通院日でした。

今日は担当の先生がいないので、代わりの空いた先生が担当です。
今日の先生は、点滴があまり、、、でした。
上手下手ではなく、やはり担当のわんにゃんじゃないので、気持ちの入れ方が違うようですね。
かなり右側に偏っているし、点滴温度も少し低いのか珍しく点滴中に何度も嫌がっていました。
でも担当じゃないわんにゃんに冷静に対応しようと思うと、仕方のないことなのでしょうけどね…。

でもその分、診察は早く終わりました(笑)。

帰りの「つく散歩」は、右によろめきながらも一生懸命歩いてくれたので、元気がある証拠です。
頑張ってます!!。

体重:2,150g

そして構想?年のリードが出来ました。
元々はこごみが普通の首輪とリードを使おうとすると、リードの金具部分が重く、歩きにくいことから、ショーリードを使用するようにしていました。
そしてつくし、わらびにもちょっとしたときに利用するのに便利ということで使用していました。
素材はパラコードを使用しているので、これならば自作も可能だろうとずーっと構想だけを温めてきました(要はやる気がなかっただけです)。
今回つくしも体重が減ったり歩きにくくなったりでリードの金具が負担になっていたので、こごみが使っていたショーリードを使わせてもらっていたのですが、手軽なショーリードなだけに無くすことも多く、こごみの大切な遺品なので無くしてはということで、急遽?作りました。

こちらがこごみが使っていた普通のショーリードと、皮革で出来たショーリードです。

そしてこちらが自作のリードです。

オレンジがつくしで、レインボーがわらびです。
こごみの分は、つくしのリードをオレンジにすることで一緒に頑張ってくれるということで一本にまとめさせてもらいました。
あまり変わり映えがしませんが、あまり金具を使わず一本のパラコードで作成することに重点を置きました。
それに最初の自作品ですので、良しとします(笑)。

さて今日の「つく散歩」。
いつもと変わらず、そろそろ飽きてきている方も続出だと思いますが、それにも懲りずに続けます(笑)。
病院の行き帰りの2本です。
お楽しみください。

ちょっとショック

​昨日は一日置きの通院日でした。
いやいや、この一日の間が、とても長く感じました(笑)。

一昨日(5日)の夜もご飯は完食したのだけれどなんとなく元気がなく、そして昨日の朝ごはんは食べられずでした。
ただ夕方近くになりお肉を湯がいたものを食べてくれたので、そして吐く様子も見られなかったので安心できました。

この事を先生にお伝えすると、たぶん調子が上り調子になってきているのもあり、そして血液検査も1週間経ち心臓の検査もかなり経つので、検査をして見ましょうとのことになりました。

結果、心エコー検査は変わりはなく、血流速度、主に肺水腫の目安となるものですが、100前後で落ち着いているので、安定してとても良いでしょうとのことでした。

ただし血液検査の結果は、

BUN 81.0 -> 140.0 mg/dl(7.0~27.0)
CRE 3.4 -> 3.8 mg/dl(0.5~1.8)
PHOS 4.8 -> 9.8 mg/dl(2.5~6.5)
LIPA 429 -> 1000 u/l (0~160)

で、悪化をしていました。
食事もでき、調子も上がってきているので、先生も驚いていました。
本来ならばまた点滴間隔を空けようかと考えていたそうですが、私達の負担を考えてか現状の1日置きで、今回は少し量を増やして様子を見ることになりました。
そして先生から「慢性」という言葉も2つ、聞き出してしまいました。
なので数値的に良くなることはないけれど、これからは調子の良し悪しが判断の目安となるようです。

私たちも少しだけ(実際はかなりですが)期待をしていましたが、残念な結果になってしまいました。
ただお散歩は出来るし、ご飯もなんとか食べられているし、もともとはそれだけでも良いと望んでいたので、今の現状は十分だと思うようにしました。
何よりも心臓が落ち着いていてくれているので、心臓<>腎臓の負のスパイラルに入らずに済んでいることは、良いことなのだろうと思います。

そして昨日からあまり調子の良くなかったつくしさん。
帰り道での散歩もトボトボで、体調の良さを感じることが出来ませんでした。
でも自宅駐車場へ着き、抱っこして歩いていると途中で「降ろせ!」と珍しく暴れました。
そして自宅近くでそのまま歩かせてみると、トボトボですがウロウロし始め、そしてめったに行かない場所へ行こうとしたり、その後もまだまだお散歩したい、という気持ちを見せていました。
でもわらびがおなかを空かして待っているので、後で行こうということでお家へ戻ることにしました。

晩ごはんを用意すると、今までとは打って変わってガツガツと食べていて、途中おかあちゃまが薬を寄せようとスプーンを皿に差し込むと、「ワン!!(触るな!!)」とブチ切れていました。
これだけ見ていると、血液検査の結果が実は間違っているのでは、と思ってしまうほどの様子でした。

そして食事後、暫くしてから夜散歩につくしを誘うと拒否。
仕方ないのでわらびだけ連れてお散歩に行ってきました。
こごみもいなくて、つくしもいなくて、いずれはこんな日も来るのかなぁ~と、二人でしみじみと話していました。
わらびはとても良い子で、私たちやつくしの先導がなければ自分で散歩する道を決められません。
そのためか今日(6日)は同じ道を2度、通っていました(笑)。
しっとりとしたわらびとのお散歩から自宅へ戻ると、少し不機嫌そうなつくしの姿がありました(笑)。

そして夜の薬はとても嫌がりましたが、なんとか飲ませ、その後は落ち着いて寝てくれたようです。

ただ朝方に、嘔吐した後がありましたが(爆睡していて気付きませんでした)、今朝のつくしの様子を見ると熟睡していたので、吐いてスッキリしたいのではないかと思っています。
膵炎の関係でいうと、下痢と嘔吐が続かなければ良いのだろうから、今回はそれですっきりしてくれているといいのですけどね。

今日(6日)と今朝のつくしの様子はこんな感じでした。

さぁて、お待ちかねの「つく散歩」、久しぶりにアップです(って一日だけですが(笑))。
今回は、病院帰り編、近所編、そして豪快な食べっぷりの「つくわらごはん」、そしてつくしは夜散歩を拒否したため、珍しい「わら散歩」の4本です。
どうぞお楽しみください。

色々

昨日は沢山の事がありました。

つくしは朝ごはんは食べられずで、お汁を飲んだだけでした。
カステラだけは食べられました。

そして1日置きの病院でした。

午前中の診察だったので、ご飯を食べてしばらくしたらお出かけです。
診察は無事終わり、そして調子が悪いことについては、現状心臓の音は変わらず、肺の音も綺麗で、お腹の音も痛みも無いようなので今日1日様子見をして調子が悪いままなら明日(5日)に点滴をするようになりました。
そして点滴する時には、いつものように先生に怒っていました(笑)。

2,300g
体重めちゃ増えました。
ただ急激に増えたこともあり、体調不良はそのこともあるのかも、と言われていました。

帰って来てから元気はあまり無いですが、カステラは食べているので、それほど悪い状態では無いようです。
先週の日曜日と同じように、午後まで休んで復活してくれると期待します。

そしてお昼になり、駅前に出来たラーメン屋を食べに行き、帰り道に不調を訴え始めたおかあちゃま。
自宅へ帰るとより一層酷くなり、急遽病院へ。
アナフィラキシーショックでした。
以前もある食材で起こした事があり、その後検査をしようにもその病院は閉鎖してしまった事があり、その後症状が起こっていなかったので忘れていました。
今回はまだ本人の意識があったので良かったのですが、呼吸がしづらい状態になっていたので、先生からはアレルゲンの特定をして注意しないと死に至りますよ、と厳重に注意されました。
そうです、本当にそうでした。
現状は落ち着いていても、遅れて症状が出てくることもあるので、入院をオススメします、とのことで、即入院となりました。

その後は、入院の準備、そしてつくしとわらびの日常のこと。
普段私はつくしとわらびの日常の事をした事がないので、この時ばかりは大変でした。
薬のこともあるので、一旦自宅へ戻り、入院の準備と飲ませる薬を持っていて、あとは食事。
たくさんレクチャーを受けて来ました(笑)。

なんとかパニクりながらも、どうにか済ます事ができ、毎日こんなに大変な事をしているんだと、実感、そして感謝でした。

今先ほど、朝ごはんも無事あげる事が出来ました。

さてあとはつくしの薬を飲ませて、おかあちゃまの具合により、今日退院が出来ると思います。
ただしアレルゲンの特定が出来ていないので、注意は必要なのでしょうけど…。

そんな感じでしたので、「つく散歩」はしばらくお休みすると思います。
また次回をお楽しみにしてください。

昨日の夜、私だけが帰ると、最初はつくしが待っていましたが暫くすると諦め、でも次はわらびがずーっと玄関の方をみて待っていました。

その後、晩ごはんはしっかりと食べられてよかったです。

でもその後も、わらびだけ玄関見ながら待ち状態を続けていました。
つくしは、お疲れモードで寝ていました。

つくしの体調も無事戻りました。
色々な事が重なりましたが、落ち着いてくれていてよかったです。

そしておかあちゃまも落ち着いているようなので、早めの復帰を期待したいです(笑)。

さて、また1日が始まります。

頑張りましょう!。

久しぶりのお友達

昨日は、つくしの公園仲間の方がお家に来てくれました。

もともと近所に住んでいた方なのですが、ワンちゃんとアジリティのトレーニングが自宅で出来るようにと千葉の方へと越していかれて、とてもその世界では有名な方です。
なかなかお会いすることが出来ず、結局はこごみのこと、そしてつくしのことで良い報告ではない形での再会となりました。

お忙しい中、たくさんのお話を聞いていただき、ありがとうございました。
参考になるお話もたくさんいただきました。
ありがとうございます。

つくしが落ち着いましたら、是非遊びに行かせてください。
ありがとうございました。

さて、「昨日のつくし」です。

久しぶりのお友達がいらして、とても喜んでくれました。
覚えているものなのですね。
でも疲れてしまうので、しばらくするとバリケンへ、でも気になるのでまた出て来て、の繰り返しでした。
そして私たち以外の人がウチにいることは、やはり疲れるのですね。
その後はお疲れモードでした。
ご飯、おやつは食べるのだけれど、なんとなく覇気がない感じ。
晩ごはんを済ませてから、何となく落ち着かなかったので、ウンチさんもしたいのだろう、そしてウンチさんが出来れば少しは元気が戻るかと、夜散歩に行きました。
元気なさげに歩いていると、ウンチさんをしてくれて、これで少しは元気が戻るかと思っていると、あまり変わりません。

とりあえず辺りをつくしの好きなように歩かせ、そしてお家へ帰って来ました。
エレベーターの中でも、ズーンと元気が無く、

自宅へ戻ると、終始お疲れモードでした。

でも面白いと言いますか、当たり前でしょうけど、今のような病気が何もない時と今では、心配の仕方も変わるものですね。

以前はこのくらいなら明日には治るだろう、と思うことが多かったのですが、今はそのちょっとした変化がとても気になり、ドキドキすることが多くなりました。
どんな時でも、どーんと構えていられるパパ、ママになることは、とても難しいことですね。
我が家も一度はお別れしたつくしの命。
覚悟をしているつもりでも、やはり毎日がドキドキの連続です(笑)。

最後に、昨日の「つく散歩」をアップします。
あまり覇気がなかったので、何枚かを切り貼りしました。

では、お楽しみ?、ください。