つくしGME検診…。

今日は、つくしにGME検診日でした。

そしてずーっと見て頂いているのが院長先生なので、そのまま心臓のことも。

脳炎については、心配はないのだけれど、心臓は、院長先生曰く、6段階の5で、かなり深刻のようでした。
ただ現在の状態は良いので、何かあったら24時間いつでも連絡してください、とのことでした。
院長先生の話からも、やはり肺水腫を起こしているか否かでかなり深刻度が違うようで、つくしの場合は短い期間で2度起こしているので、本当にいつ何時容体が変わってもおかしくない説明でした。
手術をする、と言うこともありますが、、、やはり身体の負担(精神的負担)は大きいので、、、と、言われていました。
ここ二日ほど調子も良いようで、おかあちゃまに切れる様子も見られたので、状態は安定しているようです。
脳炎のため服用しているステロイドは、殆ど影響はないのだろうけど、服用を止めた途端に脳炎が悪化する子も見てきたので、やはり少しでも服用を続けることとして、1週間に一度の服用で様子をみましょうとのことでした。

そして、今日は、わらびの再採血もあったので、わらびも連れてきていて、そしてこごみは朝から咳がとてもひどく、そしてその状態からフリーズしてしまう症状も出ていたので、お留守番は無理だろうと言うことで、つくわらこ総出で来ていました。

診察予約を入れていなかったのですが、院長先生にこごみのそれらの症状を説明するとそのまま診てくれました。
歯のことや、今まで起きた神経症状などなど、色々と説明しながら診てもらうと、やはりどれもこれも対応は難しいようでした。
現状維持しかないようでした。
そして最後に心音を確認してもらうと、

心雑音 ステージ3または4

と言われてしまいました。

今まで、鼻が詰まってとか、気管支が弱くてとか、肺の音がとか、言われていましたが、心臓は大丈夫、と太鼓判を押されていたのですが、今回のこの診断はとてもショックでした。

そしてつくしとこごみのお薬を出して貰い、次はわらびの再採血です。
次の病院へ向かいます。

まずこごみのこのお話をすると、先生はちょっと?、という感じで、心雑音についてはあまりコメントをしてくれませんでした。
ただお薬は早めに始めることは良しとしている先生なので、とりあえずお薬で様子見になりました。
また連休前に、つくしの心臓検診で行くので、その際にレントゲンやエコー検査を行ってもらうよう聞いてこようと思います。

そしてわらびの再採血は、無事、終わりました。
今回は、首から取ることになりました。
足のことについては、気になることもなくなってきて、良くなっているようでした。

と、こんな感じで、心配事がひとつなくなると違う心配事が増えた、一日でした。

色々と大変な一日。。。

今日(25日)は、つくしの検診日、そして、わらびとこごみの再採血で通院日でした。

そして今日が大変な一日になるとは、この時、思いもしませんでした。

またまた長文で失礼します。

まずは午前中に、わらびとこごみの再採血で病院へ向かうことに。
つくしはなんとなくポーッとしていたので、置いていけるかなぁ〜、と思っていたのですが、やはり無理でした。
先生にも元気になったつくしも見てもらうことも考え、一緒に病院へ行くことにしました。

と、ここである事件が。。。(って私の不注意です)
まずは駐車場まで、わらびは私が抱っこをして、そしておかあちゃまはつくしとこごみを抱っこして、という感じで自動車の所まで向かいました。
そして手がふさがっているおかあちゃまのために、つくし号のスライドドアを開けるために先にドアを開けようとしていたときに、わらびがそのままシートに向かって飛び出してしまいました。
まだ若い頃のわらびならばそのままシートまで飛んで着地、と言うことが出来たのでしょうけど、3席目の足下に落ちそのままスライドシートの隙間から下のアスファルトへと落ちてしまいました。
慌てて抱えるも左足を痛めた様子で、歩かせると少しフラフラしていたのでもしかすると頭を途中にあるバーにぶつけているのかと思い、そのまま病院で診てもらうことにしました。
私の不注意から、わらびには痛い思いをさせてしまい、頭がパニクりながらも病院へと向かいました。

先生に診て頂くと、
取りあえず、頭などをぶつけた様子もみれず、腰や股関節も大丈夫だけれど、膝を横に少し捻ったためか、そのあたりに痛みを感じているようで、ただし靱帯などを痛めているわけでないので打撲でしょうとのことでした。
今日一日様子をみて、もし痛みを感じているようだったら痛み止めを出しますから、とのことでしたが、痛みが酷ければ連絡して出して頂くことにしました。

いつも飛び出してしまう子なので注意はしていたのですが、今回は完全に私の不注意でした。
幸い大きな怪我にはならなかったので良かったですが、二度とないよう、今後は気を付けようと思います。
そして足のほうは普通にしていれば大丈夫みたいですが、たまに左足に変な力が加わるとビッコを引くくらい痛みを感じているようです。
ごめんね、わらび。

そして、わらびはこのような状態なので採血は出来るはずもなく、こごみの再採血を行って頂くことにしました。
今回も手からは十分に取れないため、首からの採血になりました。
とりあえず問題なく無事採血は出来ました。

こごみの採血も終わり、その後につくしを診て頂くと、
前回採血時に心音を診て頂いたときよりも手で感じられるほどの雑音があり、それも大きくなっていたようです。
そして、つくしの容体が急変したこともお話ししていたので、先生は失礼な話になるのだけれど、戻ってこれないのではないかと思っていたそうです。
今日、つくしの姿を見てとても喜んでくれて、以前、脳炎の時も最初にこちらの先生に診てもらっていたので、「つくしちゃんは、本当にすごいね〜」と言ってくれました。
しかし心雑音もかなり進んでいて、レベルで言うと後期に近く、いつ急変してもおかしくない状態のようですが、クスリがとても効いているのか以前聞いた心音とは比べものにならないくらいに変わっていたようです。
そしてつくしの心臓の担当の先生から、外科手術のお話も聞いていたのですが、殆どの子が適用できずに亡くなった子が多くいて、現在のつくしの状態ではお勧め出来ません、などのお話をしていると、同じようにこちらの先生からも年齢や病状もあるけれど、それよりも術前術後の診察などやはり負担になることはとても大きくて、それらを総合的に考えると今のつくしちゃんにはとても薦めることは出来ず、先生は本来その家族とわんこのポリシーについては踏み込まないスタンスなのですが、もしつくしちゃんのパパ、ママから「お願いします」と言われたら、全力で止めてくださいと言います、と言ってくださいました。
私も、つくしの今の状態、特に心理状態を考えると間違いなくお願いすることはないのですが、先生は私達とつくしのことをきちんと考えてくれているのだと嬉しく思いました。
患犬さんをお待たせしながらも、色々とお話をさせて頂きました。ありがとうございます。

それから自宅へ帰り、お昼ご飯を食べてから、つくしの病院です。
そろそろ出かけようかと用意をしていると、こごみの手足の震えが起こり始めたので、ステロイドを飲ませ診察時間に間に合う時間ギリギリまで様子を見ることにしました。
様子を見ているとそれ以上は酷くならなそうだったので、ウロウロと歩き回れないようにケージに入れて、そしてリモートカメラもあるので、そのままお出かけすることにしました。

ここまで色々とありましたが、なんとか病院へ着き、暫く待ってから診察です。

退院してからの様子をお話しして、今日くらいから元気さが出てきました、との話をして、聴診器をあててもらうと、心音がかなり良くなっているようだったのですが、体重がしっかり食べている割には減っていました。
でも食欲もあるので、しっかりと食べていれば大丈夫でしょうとのことでした。
そして水をガブ飲みすることを聞いてみると、飲む量をお話すると少し驚いていたようですが、おしっこがきちんと出ているのであれば問題は無いので、とにかく飲み水は切らさないように注意してくださいとのことでした。
ここまで触診での診察は問題なく終わりました。
その後、前回の時に言われていた血流速度の数値が落ち着いているかを調べるためにエコー検査をして頂きました。
そしてその場でエコーを見ながら直接説明をしてくれました。
僧帽弁はかなり肥大していて閉じにくくなっていることが分かり、ただこの様子からだと腱索断裂の可能性は低いとのことで、左心室から左心房への逆流について色々と気になる点はあるけれど、退院前の血流速度は150cm/sだったのが、今回100cm/sになっていて、かなり安定している数値だと言っていました。
前回夜間に緊急入院した時に計ったときは100cm/sで、その時の担当の先生の説明ではこれが120cm/sを超えてくるようだと肺水腫のリスクが高くなると説明を受けていて、つくしの退院前の数値が150cm/sだったので、その時から比べるとても良くなっている数値だと思いました。
先生も、薬の効果も出ているようなので、このまま現在服用している量で、様子を見ていくことになりました。
そして脳炎で今まで服用してきたステロイドが現在4日置きの4分の1錠については、心臓のことを一番に考えステロイドは中止をしたいのだけれど、しばらくは4日置きから1週間置きに変更をして様子を見ていくことになりました。
そして最後に、この数週間で一気に悪化してきましたが、その後の経過、結果を見て状態も落ち着いてきているので、先生も本当に安心してくださいました。
ただ、心臓のレベルで言うと、6段階で限り無く5に近いレベルなので、決して安心は出来ないので今後おかしな症状があれば即連絡をしてくださいとのことで、GWの初日に診察予約を入れて、今回の診察は無事終わりました。

そして駐車場前までの少しの間お散歩をして(ほとんど歩きませんが(笑))、お家へ帰ることにしました。

お家へ帰ると、今度はこごみの手足の震えが酷くなり、呼吸も今までにないくらいの酷い状態になってしまいました。
しばらく様子を見ていましたが、今回は久しぶりということもありその様相はとてもひどい状態に見え、少しパニックになりながらも、夕方には少し落ち着きだし、何とか寝息を立て始めたので、ホッとできました。
そして今日(26日)の朝方には、すっかりと元のこごみに戻ってくれました。
(写真は、朝病院から帰ってきたばかりの時のものです。)

つくしが入院中に何度か気圧変化の大きな日があって、こごみは体調を崩すかなと準備をしていたのですが、なぜかその間体調を崩すことは一度もありませんでした。
少しおかしいかな、と思ったときもありましたが、酷くなることなく、普通に過ごせていて、もしかすると、私達に気を遣ってくれて、頑張っていてくれたのかも知れませんね。
そしてつくしの体調も昨日からだいぶ落ち着いてきて、わんちゃんと一緒のお住まいの方なら調子の良し悪しの判断基準がそれぞれあると思いますが、我が家の場合は、体調の悪いときはおかあちゃまだけに寄り添い頼り私の元へは来ることがないのですが、それが昨日から少しずつ私の元へも来るようになったので、体調は少しずつ良くなってきたのかなと感じていたのですが、それをこごみも感じ取っていて、つくしの体調が悪い間我慢していたことが今日開放されてしまったのかも知れないですね。

と、こんな感じの色々とあった一日、そして色々と感謝の一日、でした。

週末のこと

昨日(22日)は、つくしの退院でした。

お迎えはいたってシンプルで、つくしの喜びも薄く寂しい物でしたが、何よりも元気で帰って来てくれたことに感謝した一日でした。
お家へ帰ってからもあまり元気は出ず心配はしていましたが、晩ご飯時には少し元気が出てきたのか、ご飯を待ちわびる姿もみれ、嬉しくなりました。

後ろ足にある点滴後は痛々しいですが、これがつくしを繋いでくれたものとして、まだ外せずにいます(笑)。

そしてこの日の晩ご飯のメニューは、ローストビーフ用の少しかみ応えはあるけれど柔らかい国産牛を奮発して用意しました。

わらびもこごみも、真剣です。

食事の様子の動画です。
2分ほどの動画で、恥ずかしい音声(笑)が出ますのでご注意ください。

そして自分の分が食べ終わると、わらびのご飯を狙うハンターに。

綺麗なお皿になりました。

もちろん自分のお皿も、綺麗です(笑)。

そしてその後はのんびりまったりと。

夜には一緒にネンネをしましたが、やはり心音はとても大きく、そして以前とはまた音も変わり、一生懸命血液を送っているポンプのような音が感じられました。
夜中には何度か起きて、やはり熟睡は出来ないようです。

この日、一番気になったことは、沢山の水を飲むことでした。
先生からは特に制限を設けられていませんが、予想以上のガブ飲み状態でした。

 

そして今日は、朝早くから、つくしの調子はあまり良くありませんでした。
お腹が空いたのか吐きたそうにする素振りも見え、食べなくなるとクスリを上げることが出来ないので、お肉だけをあげてみることにしました。

なんとか食べてくれたので、そのままクスリを包んであげると、ひとつだけ絶対に飲んでくれないクスリがあり、とにかく飲ませないと、ということで朝から試行錯誤になりました。

私が上げようとするとクスリの有る無し関係なく一切口にせず、そして手元に落ちたクスリや食べ物を拾おうとすると「ウ〜〜」と唸るのですが、おかあちゃまからだけ食べ、そして落ちている物を取っても唸ることはありませんでした(日頃の行いですね(笑))。

がっかりしながらも(笑)、あれやこれやと考えながら、何とかクスリを飲んでくれました。

そんなことをしていると、先ほどまで体調が悪そうだった感じも見えなくなり、ホッとすることが出来ました。

そして今日は昨日行けなかった、わらびとこごみの再採血をしに、病院へ行ってくることにしました。

実は昨日、つくしのお迎え前に済ませてしまおうと朝一番でお出かけしたのですが、病院が午前中臨時休診で単なるドライブで終わってしまいましたので、今日は行ってこようと、つくしにはお留守番をして貰おうと、まずこっそりとわらびを連れだし、その後におかあちゃまがこごみを連れて〜、と時間差で作戦遂行すると、見事失敗でした。

つくしが気づき、おかあちゃまがこごみを連れて玄関に向かうと「ワンワン!!(置いていくな!)」と、結局、つくしも連れて行くことになりました。

でもつくし号でのお出かけは、ここ最近良い記憶がないのか落ち着かないようで、そして病院へ着いてからもどうしようと、まずは病院へ着いてから考えようと、なんとか無事到着しました。

すると、今日は一日臨時休業になっていました。
昨日、同じように張り紙がされていたようで、私はそれを見落としていたようです。
と言っても、見落とすくらいの張り紙ではないのですが、昨日の私の神経もどこかに飛んでいたのでしょうね(笑)。

病院は、つくしの検診が今度の火曜日にあるので、その際に連れていくことにして、そのまま昨日と同じようなドライブをしただけでお家へ帰ることにしました。
すると、帰り道でつくしの調子があまり良くなくなり、ごまかしながらなんとかお家へ帰ってくることが出来ました。
でもお家へ着くと、すっかりその調子の悪さはなくなっていて、やはりつくし号のお出かけの記憶は良くない物になっているようですね。

その後おかあちゃまは、今までの疲れが出たのか、つくわらこと一緒にお休みしています。
そしてつくしは、おかあちゃまの寝息が、良い子守歌になっているようで、その横で安心して寝ています。

まだ、つくしの体調の善し悪しが実際のものとは分からず、壊れ物を触るような気持ちはなくなりませんが、少しずつでも落ち着いてくれると嬉しいです。

長々とお付き合い頂きまして、ありがとうございます。

最後に、わらびとこごみは、一番つくしに気を遣ってくれているようです。

そんな姿が、とても嬉しいです。

退院しました

今日午前中に無事退院できました。

体調も一日一日で異なり、元気のある日もあれば悪い日もある、という一進一退状態ですが、少しでも穏やかにのんびりと過ごせて行けたらと思います。

今日はあまり調子も良くなく、私達に、そしてわらびに会ってもそれほど大きく喜ぶことはなく、少し拍子抜けしましたが、明日は少しだけでも元気になってくれることを期待して、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

沢山のご心配と、応援を頂きましたこと、本当にありがたく、それは私達の力、特につくしの大きな力になったと思います。

ありがとうございました。

まずはご報告まで。

暫く。。。

お迎えが出来るかと思っていましたが、つくしの容体が急変してしまいました。
酷いチアノーゼを起こし、身体全体の呼吸となり、緊急で心臓の負担を抑えるクスリを点滴で入れて頂きました。
その後少しずつ落ち着きだし、おかあちゃまが手を差し出すと寄ってくるような素振りを見せてくれました。
担当の先生も、余談は許せない状態ですが、落ち着けるように頑張って頂けると言うことでお願いをしました。
少しずつ落ち着きだしウトウト仕始めても呼吸が苦しいために顔を下げることが出来ないため、自宅へ戻りカドのあるカドラーを持ってくることにしました。

この縁のところに顎を乗せると丁度良いのだろうということで、帰ってから持ち込むと、先ほどよりは大分楽になってきたのか、看護師さんがカドラーを入れるために酸素室のドアを開けると出してくれるものだと思いシッポを振り、ドアを閉められてしまうと、か細い声で、「ワンワン!(出して、連れて帰って!)」とワガママを言ってくれました。

あまり見舞いに行くことも帰れないつくしにとっては可哀想なこととなるので控えていましたが、つくしの元気になるのなら、負担を掛けないよう、これからはお見舞いに行こうと思います。

そして、題名にもありますように、つくしのために時間を沢山使いたいので、暫くの間、ブログはお休みをさせて頂こうと思います。

また、元気なつくしを連れて、必ず戻って来ますので、またまたお付き合い頂きますよう、お願いします。

いつも、心配をしてる皆様のお気持ち、とても嬉しいです。
そしてそれが、つくしの力になっていると思います。

ありがとうございます。

一安心

今日(16日)は病院がお休みなので、電話でつくしの容体を確認しました。

ご飯も食べていて、容体は落ち着いているようです。
そして明日(17日)の退院は、担当の先生がいないため、まだわからないそうです。
週明けには、連絡が行きます、とのことでした。

姿は見ていませんが、ホッとしました。

早く、つくしに、会いたいです。

緊急入院しました

つくし、12日から少し落ち着いてきていて、でもやはり元気はまるで無く、食事も仕方なしで食べるような感じでした。
そして一日のそのほとんどは、自分のお気に入りの場所を行ったり来たりで寝ていることが多くなりました。
当然、おやつの配給などは目もくれず、じーっと何かに耐えているような感じがありました。

昨日の夜からずーっと寝れなかったようで、朝には咳き込みがとてもひどくなりました。
呼吸も荒く、そしてその音も前回とはまた異なる音で、肺水腫を起こし始めているような感じ。
朝の通常診察を待とうかと思っていましたが、出来るだけ早いほうがいいだろう、ということで病院へ行ってきました。

レントゲンの結果は、夜間診療なので前回の先生とは異なっていたので前回との比較がうまく出来ていないようでしたので、私の見た目ですが少し心臓が肥大して、肺水腫は前回と変わらないくらいの状態のように見えました。

その後のお話で、前回から間もそれほどあいていないのと、自宅に戻っても再度診察に来ることが多くなりそうだと言うことで、一度入院して肺水腫など心臓に関わる全般を診てみましょうとのことになりました。

先生とのお話の途中で、つくしが私たちの声に気づいたのか泣いている声が聞こえ、とても辛い気持ちになりました。

入院は、病院が日曜日が休診日なので、月曜日にお迎えに行けるようです。

肺水腫もまだ初期、そして心臓はかなり肥大をしていますが、心不全を起こしているような感じはないので、来週の月曜日には戻ってこれると思います。

ただ頻繁に肺水腫を起こすようであれば、自宅に酸素室が必要になるかも知れないですね。

いずれにしても、来週の月曜日まで、落ち着けないです。

落ち着いたようです

だいぶ落ち着きました。

食欲もあるようですが、以前のような泣いてせがむような動作は見れなくて、寂しいですがとても静かなご飯時になりました。
でも今のところ、ご飯を残すことなく食べてくれるので良しとしています。
そして以前からあるわらびのご飯の残りを狙う行動も控えめになりましたが、見られるようになりホッとしています。

心音(心雑音)も以前と比べると明らかに違いが分かるほどひどくなりました。
昨日も一緒に寝ているとはっきりと聞こえてくるくらい、違います。
悪くなるほんの数時間前はそれほどひどくなかったのですけどね、本当に悪くなる時は一気に来ることを実感しました。

日中も、自分がつまらなくなると寝ているわらびを起こしてまでも誘っていましたが、今はそのような姿も見られず静かになりました。
お散歩も、以前のような姿は見られなくなり、トボトボとなんとか歩いてくれる感じです。

もともとほかの迷惑顧みない(笑)、元気いっぱいだったので、やはり辛いのだろうと思います。
でもその中で、何か楽しいことを見つけてくれたらと思っています。

また2週間後に診察なので、少しでも経過が良ければいいですね。

陽気も良くなっているので、落ち着いたら少しずつお出かけしていこうと思います。

楽しい記事が書けるよう、頑張ります。

最後に、つくわらこの静かな晩御飯の姿です。
最後の一枚は、本当に珍しい控えめにわらびの残りご飯を待つ、つくし、です。

緊急で

昨日夜間(今朝)、つくしを連れて病院へ行ってきました。

日曜日から心臓の薬が変更になり、変わったことがあれば連絡を、ということでしたが、特に大きな問題は見られずに過ごしていました。
でも昨日夕方に2度ほど嘔吐し、その後は体調があまり良くなく、そして案の定晩ご飯は食べられずにいました。
夜になり1度嘔吐して、そのまま疲れたようにずーっと寝ていました。

その後は、いつものようにつくしは私たちと一緒に寝るためベッドへと入ってきました。
つい最近、つくしの心音が一緒に寝ていると感じられるようになってきたのですが、今日はそれが少し離れていても分かりその鼓動の異様な早さと音が気になりましたが、夜中ということもあり明日の朝早くに病院へ行くことにして今日はこのまま様子を見ることにしました。

しかしいつものように横向きになることも出来ないようで次第に鼓動が早く大きくなり、そして呼吸も少し苦しそうで咳も出始めたので、かかりつけ病院の夜間窓口に連絡をしてみました。
すると夜間対応の先生が、肺に水がたまり出すと進行することも多いので、夜間対応になりますが出来れば診せていただいた方が良いとのことで、病院へ向かうことにしました。

すぐさま診察室に入り、先生はカルテを見ながらつくしの現在までの状態を判断して、まずは肺水を見るためにもレントゲンを撮ることになりました。
レントゲンの結果はかなり心臓が肥大しており、そして肺水も初期の状態、そして気管支もかなり狭く心肥大で圧迫を受けているため、咳が多く出ているようでした。
利尿剤と気管支拡張剤を点滴で、そして晩ご飯を食べていないため服用できていない心臓の薬1種と以前服用していた薬1種、そしておまたの粘膜から効用を忘れましたが1種を入れてもらい、これで呼吸はかなり楽になるのでその後に急変することがない限り、また明日経過を見るためにも来てくださいとのことで自宅へ戻りました。

帰りの自動車の中では、だいぶ楽になったようですが元気はあまりありませんでした。
そして自宅へ帰ると落ち着いたようでなんとか寝てくれましたが、途中何度か起きることはありましたが、少し寝ることは出来たようです。

そして朝一で病院へ行き、夜間に診ていただいた先生に診ていただきました。

昨日よりもひどくなっていることはなく、心雑音は変わらないけれど肺の音(肺水)は問題ないとのことでした。

エコー検査では心臓自体の拡張は思っていたよりも少ないけれど、左心房が約2倍ほどの拡張そして僧帽弁の異常および拡張が見られたようです。
心臓自体の拡張はあまり見られていなかったのだけれど心筋が内側に拡張していて、ネコちゃんでは多く見られるのだけれどワンちゃんでは珍しいとのことでした。
2週間後に再度検診で、薬は2種類、朝晩の2回服用のピモベハート(インスタではピモベンダンと書きましたが同じ成分です)、一日一回朝服用の血管拡張剤(ベトメディンかと思っていたのですがピモベハードと同じような薬なので違うようです?)、利尿剤、そしてもともと気管が異様に狭いのでさらに心臓の拡張で圧迫していることもあるため気管支拡張剤を咳の状態により服用することになりました。

病院では会うワンちゃんに対してワンワン言う余裕はなく、そして帰り道ダッコをしていると普通ならば下ろせというところが、やはり辛いのかなくなっていました。
自宅へ戻り、心音の大きさは昨日とそれほど変わらないけれど少しずつ落ち着いてきたようで、今は疲れたのかぐっすりと寝ています。

今は疲れているのか元気さが少し少なくなりましたが、暫くすればまたいつもの元気印のつくしに戻ってくれると思います。

またまたご心配をおかけしますが、緊急な出来事、でした。

みんなの

体調の少しでも良いときに、つくわらこのフィラリア検診に行ってきました。

そしてついでなので毎年行っていたように、春の健康診断(血液検査&診察)も行ってもらいました。

まずはつくしから。

体重は変わらず、そして昨日の心臓診断結果のお話をすると、やはり心雑音は大きくなっているようで、わらびと比べると進行はやはり早いようでした。
ただそれがすぐにどうこうというわけではなく、体調がなんとなく良くないということあるので、変えた薬の経過を見ましょうとのことでした。
そして耳の汚れもあったので、先生に綺麗にしてもらっていると、珍しいことに泣き怒っていました。
それがワガママなのか何かしらの違和感があったのかは分かりませんが、病院ではとても珍しいことでした。
そして採血では、前回と同様にかなり時間がかかりました。
心臓のこともあり、あまり興奮させることなく採血するのは、年々、難しくなっているようです。

そして次はわらびだったのですが、こごみのことから。

体重は変わらず、そして相変わらず鼻水のひどさは変わらずですが肺の音なども問題はなかったのですが、たまたま診察途中で気になる咳が出たので先生に診てもらうと、
その咳は気管虚脱のようでした。
少し枯れた咳のようで、心臓から来るのではと思っていましたが、心臓に関しても問題はないのでその咳ではないでしょうとのことでした。
そして相変わらず気圧の変化で体調が変化することは多く見えるのですが、改善の仕方はやはりないようです。
最後に採血。
前回は手、足からも取れなかったので、頚部から採血をしたのですが、今回は無事手から取れたようでした。
ただ量が微妙だったので、検査で足りなければまた次回採血をお願いしますとのことでした。

そしてわらび。

体重は少し増えていて、そして心臓についてはつくしと比べると緩やかな進行で大きな変化はないようで問題はないとのことでした。
そしてこの間のお散歩で後ろ足がおぼつかないことがあったのでお伝えすると、右膝の関節が少しゆるめなことはあるけれどしっかりと筋肉はついているので問題はないでしょうとのことでした。
ただいくらか靱帯に緊張があるので、右膝蓋骨の手術を行っているので、弱い左足をかばっているせいでしょうとのことでした。
そしてその後は、今まで気になったことを話させてもらいました。
ここ最近のお散歩はとても遅くて、つい最近では歩き始めてから暫くの間後ろ足がおぼつかなくフラフラしていて、その後もわらび自身は一生懸命歩いているのだけれど思っているよりも進んでいないような感じがして、高さ認識も出来なくなっているのか段差の高さよりも高く飛んだり場合によりぶつかったりすることもあり、そしておしっこの時にもともとシートが濡れていると嫌がることはあったのだけれど最近ではその手足の付け方がとてもスローモーションで、時によっておしっこをすることなく戻ってくることもあったり、そして特に暗いところは完全に見えないようで、ただ目が慣れてくるとそこそこ見えているようなのだけれど高さ認識は暗い中では特に難しいようで、やはりこれらは加齢が原因となっていることなのでしょうかと聞いてみました。
すると、基本、出来なくなったことの経験から予想以上に高く飛んだりとか慎重になることは多いのだけれど、場合により神経系統の問題で特に小脳に問題がある場合にも見られることもあるとのことでした。
こちらは今度の経過を見ながら判断していきましょうとのことで、わらびの採血をしてもらうことにしました。
つくしやこごみのように、やはりとても時間がかかり、診察室へと呼ばれました。
すると先生が、採血できなかったとのことで、異様なほどの手の引き方で、首からの採血も考えたのですが、聞いていた話からもしかすると神経系統、特に小脳の問題から知覚過敏のような神経系統の流れている部分の神経過敏などがあり、また心臓のこともあるので、また次回チャレンジしますということでした。
そしてその神経系統の問題は、手を異様なほど気にして舐めたりすることもひとつの要因なので、このことについては次回採血の時にまた診ていきましょうとのことでした。
昔先生から、わらびの神経質は小脳の問題の可能性もありそうだと話していたこともあるので、お散歩の遅さや歩き方の不自然さ、そして高さ認識の低下、そしておしっこの時のスローな動作はその現れなのかも知れないですね。
いずれにしてもこれらの症状が今以上に悪くならなければ大丈夫なのでしょうから、現状のまま落ち着いてくれるといいですね。
我が家では、わらびが一番の健康優良児と思っていましたが、過信をしていてはいけないですね。
また次回採血時に、いろいろとお話を聞いてきます。