四十九日とつくしの通院

今日はこごみの四十九日でした。

つくしは今朝から調子が悪く、朝ごはんは食べられませんでした。
昨日夜寝る頃からお腹がキュルキュルいっていたので、昨日はあまりよく寝られなかったようでした。
でも、嘔吐や下痢はなかったので、心臓の薬だけ飲ませて、いつもの点滴で病院へ行ってきました。

そのことを先生に伝えると、以前もらっていた整腸剤とそして胃薬を暫く服用しましょうとのことになりました。
お腹以外は、心音も肺の音も落ち着いているので、調子が戻れば次の点滴は2日先の水曜日、もし調子が悪いのであれば明日または明後日、来てくださいとのことでした。
お家へ帰ってからはずーっと寝ていて、そのせいか晩ごはんも薬だけ避けて食べられたので(笑)、そこそこ落ち着いているようです。
これで明日、明後日となんとか落ち着いてくれると水曜日の通院なので、とても楽です。
落ち着いて欲しいです。

体重:2,080g

そして今日の「つく散歩」。
毎度代わり映えがしませんが、あまり元気のない「つく散歩」です。
2本お届けします。

そして、こごみの四十九日。

あっという間でした。
本来は、宗派により七日ごとの裁きがあり四十九日が六道の判決が下される日とされていて、今日の日をもってこの世から旅立つのだと言われていて、そして浄土真宗であれば、亡くなったその日から仏となり旅立ち、四十九日は、残された者がご縁のある方と故人を偲び、人生の無常・命・生きる意味について改めて考える期間と言われているのですが、そのどちらも、つくしのことを考えるだけで精一杯の期間でした。
でもそのお陰か、こごみのことで悲しみ尽くす余裕もなく、今日という日を迎えてしまいました。
多分そんなことも、こごみが考えて、そしてつくしも一緒に考えてくれたことなのかも知れないですね。

改めて、こごみは我が家にとっては勿体のない子で、とってもいい子でした。
どんな時でも、私たちを見つめ、そしてつくし、わらびを見つめていてくれた子でした。
これからはその目を見ることは出来ないけれど、つくし、わらび、そして私たちのことを、気が向いたときでいいから、見つめてくださいね。

こごみ、大好きだよ、ありがとう。

季節的にも

良くないお天気が続き、人間でも気分が滅入りますよね。

こごみがいたら色々と苦しんだのだろうと思います。
今はきっと、その苦しんだことを忘れるくらい、沢山走り回って楽しんでいることと思います。

さてつくしも天候が安定しないせいか、18日夜からあまり体調は良くなかったです。
嘔吐をするけれど下痢することはなく、そして以前のような完全に元気消失、ということはなさそうで、食べる意欲もあるようです。
そして水は飲めていたので、なんとかまだ落ち着いていられました。
一昨日の夜ごはんもお水だけ飲んでそれ以外は食べなかったのですが、寝る前にプリンを見せると食べてくれました。
なのでこっそりと薬を少しずつ忍ばせると、

はい、途中でブチ切れました。
なんで美味しいものの中にまずいものを入れるのだと…。(笑)

それが分かった瞬間、疑って食べなくなりました。
でも床に散らばされたプリンから、薬の触感?、味?がしないところを探して食べていましたので、少しずつでも調子は戻ってきているのだと思いました。

そして翌日(21日)の朝ごはんは、お肉があまり好まなくなっているので少なめにしてあげるようにしたら、ドンピシャです(笑)。
あっ、あげてくれているのは、おかあちゃまですが、何か?(笑)。
その後は落ち着いていたようです。

そして病院へ行き、担当の先生に2日ぶりに(笑)お会いしました。

すると、つくしはやはり覚えているのですね、なんとなくですが安心するというのでしょうか、接し方が他の先生とは違いました。
先生もつくしのために一生懸命やって頂いているので、少しは分かってきているのでしょうか、どちらにしても嬉しいことです。
体重は、2,050g、さすがに落ちていました。
心臓、肺は変わらずでしたが、やはりお腹の動き(音)がすごいようでした。
とりあえず前回もそうですが、吐き気止めを点滴に入れて頂くことにしました。
そして先生がある勉強会に参加した際に、腎臓病を患ってもたんぱく質の制限は必要なくリンを注意すれば良いとのお話を伺ってきてくれたようでした。
心臓、腎臓と患うと必ず相反する食べ物制限で悩むのですが、たんぱく質に気を付けなくてよくなれば、両方のケアができるので、これからの治療にはかなり大きな期待が出来そうです。
詳しい話は聞いていないのですが、また次回聞いて来ようと思います。
そして点滴も無事先生に、ガウ!、して終わり(笑)、診察は無事終わりました。

自宅へ戻り、ご飯もしっかりと食べられ(自分の分だけ)、その後は心配することなく過ごせました。

そしてお楽しみ頂いています「つく散歩」ですが、今日は雨が降っていて道路もビチャビチャだったので撮影できないかと思っていましたが、それほど濡れていなかったのと、つくしが歩きたがったので撮影が無事出来ました(笑)。
ブログ用にと1本にまとめていたのですが、間違えて2本バージョンをアップしてしまいました。
1本目は、動画を見て気づいたのですが、道に止まっていたオートバイに、、、のつくしと(謎)、普通の自宅までのガシガシとノロノロ、そしてまだ続きを、と考えるつくしの2本でお送りします。

お楽しみに。

良い日もあれば

一昨日(18日)は特に問題もなく、朝ごはんもしっかりと食べることが出来ました。
しかし夕方になり4度ほど粘り気のある泡を嘔吐と1度黄色い嘔吐をしました。
お腹が空いたのかと思い、途中で何度か食べ物を見せるが食べず、ただ元気はそれほどなくなることもなかったので、先生からもらっていた吐き気止めを飲んでみることにしました。
するとしばらくしてからご飯を食べ、薬もなんとか飲ますことが出来ました。

昨日(19日)は朝ごはんのお肉をほとんど残していたようです。
そしてその後に2度ほど嘔吐しましたが、その後は落ち着き、夕方になるとフードを少しだけ食べたので大丈夫かと思っていましたが、トイレ場で伏せたり、そのあたりでウロウロしていました。
大体このような時は気持ちが悪い時で、でも吐くことはなく落ち着かないだけでした。

そして通院日だったので、担当の先生がお休みなので心配だったけれど向かうことにしました。
病院へ着くと、嫌がることは嫌がっていましたが、先ほどの体調の悪そうだった様子は感じられず、まあ違う緊張から少しの体調の悪さなどは吹き飛んでしまうのでしょうね。
ある意味、良かったです。

診察が始まると、特に心音も肺の音も変わりなく問題はなく、とりあえず嘔吐をしたことをお伝えすると、以前入れていた吐き気止めを点滴に入れましょうか?、と言われたので、入れて頂くようお願いしました。

その効果もあってか、自宅へ戻ってからは調子の悪さはなく、ただ以前よりは肉の食いつきは悪くなってきたようです。
とりあえず昔から食べていたフードを一時期全然食べなくなったのですが、ここ最近は少しずつ食べてくれるようになったのでそちらを混ぜてあげるようしています。
お肉はだめでもそちらを食べてくれればいいのですけどね。
食べなくなることを想定して色々と考えておかないといけないですね。

その後も大きな問題もなく、終始落ち着いて寝てくれていました。

今朝も同じように落ち着いて寝ていました。

さてさて、またまたお楽しみの?代り映えのしない「つく散歩」です。
いつもの道でいつもの様子ですが、お楽しみください。

ちょっとショック

​昨日は一日置きの通院日でした。
いやいや、この一日の間が、とても長く感じました(笑)。

一昨日(5日)の夜もご飯は完食したのだけれどなんとなく元気がなく、そして昨日の朝ごはんは食べられずでした。
ただ夕方近くになりお肉を湯がいたものを食べてくれたので、そして吐く様子も見られなかったので安心できました。

この事を先生にお伝えすると、たぶん調子が上り調子になってきているのもあり、そして血液検査も1週間経ち心臓の検査もかなり経つので、検査をして見ましょうとのことになりました。

結果、心エコー検査は変わりはなく、血流速度、主に肺水腫の目安となるものですが、100前後で落ち着いているので、安定してとても良いでしょうとのことでした。

ただし血液検査の結果は、

BUN 81.0 -> 140.0 mg/dl(7.0~27.0)
CRE 3.4 -> 3.8 mg/dl(0.5~1.8)
PHOS 4.8 -> 9.8 mg/dl(2.5~6.5)
LIPA 429 -> 1000 u/l (0~160)

で、悪化をしていました。
食事もでき、調子も上がってきているので、先生も驚いていました。
本来ならばまた点滴間隔を空けようかと考えていたそうですが、私達の負担を考えてか現状の1日置きで、今回は少し量を増やして様子を見ることになりました。
そして先生から「慢性」という言葉も2つ、聞き出してしまいました。
なので数値的に良くなることはないけれど、これからは調子の良し悪しが判断の目安となるようです。

私たちも少しだけ(実際はかなりですが)期待をしていましたが、残念な結果になってしまいました。
ただお散歩は出来るし、ご飯もなんとか食べられているし、もともとはそれだけでも良いと望んでいたので、今の現状は十分だと思うようにしました。
何よりも心臓が落ち着いていてくれているので、心臓<>腎臓の負のスパイラルに入らずに済んでいることは、良いことなのだろうと思います。

そして昨日からあまり調子の良くなかったつくしさん。
帰り道での散歩もトボトボで、体調の良さを感じることが出来ませんでした。
でも自宅駐車場へ着き、抱っこして歩いていると途中で「降ろせ!」と珍しく暴れました。
そして自宅近くでそのまま歩かせてみると、トボトボですがウロウロし始め、そしてめったに行かない場所へ行こうとしたり、その後もまだまだお散歩したい、という気持ちを見せていました。
でもわらびがおなかを空かして待っているので、後で行こうということでお家へ戻ることにしました。

晩ごはんを用意すると、今までとは打って変わってガツガツと食べていて、途中おかあちゃまが薬を寄せようとスプーンを皿に差し込むと、「ワン!!(触るな!!)」とブチ切れていました。
これだけ見ていると、血液検査の結果が実は間違っているのでは、と思ってしまうほどの様子でした。

そして食事後、暫くしてから夜散歩につくしを誘うと拒否。
仕方ないのでわらびだけ連れてお散歩に行ってきました。
こごみもいなくて、つくしもいなくて、いずれはこんな日も来るのかなぁ~と、二人でしみじみと話していました。
わらびはとても良い子で、私たちやつくしの先導がなければ自分で散歩する道を決められません。
そのためか今日(6日)は同じ道を2度、通っていました(笑)。
しっとりとしたわらびとのお散歩から自宅へ戻ると、少し不機嫌そうなつくしの姿がありました(笑)。

そして夜の薬はとても嫌がりましたが、なんとか飲ませ、その後は落ち着いて寝てくれたようです。

ただ朝方に、嘔吐した後がありましたが(爆睡していて気付きませんでした)、今朝のつくしの様子を見ると熟睡していたので、吐いてスッキリしたいのではないかと思っています。
膵炎の関係でいうと、下痢と嘔吐が続かなければ良いのだろうから、今回はそれですっきりしてくれているといいのですけどね。

今日(6日)と今朝のつくしの様子はこんな感じでした。

さぁて、お待ちかねの「つく散歩」、久しぶりにアップです(って一日だけですが(笑))。
今回は、病院帰り編、近所編、そして豪快な食べっぷりの「つくわらごはん」、そしてつくしは夜散歩を拒否したため、珍しい「わら散歩」の4本です。
どうぞお楽しみください。

無事退院できました

おかあちゃま、本日お昼に無事退院ができました。

ただアレルゲンの特定はできておらず、また検査には現在の症状が落ち着くまでの2週間はアレルゲンの特定ができないため、検査は2週間後になります。
それまでは、食事には注意をするしか無いようです。
また今回のような場合は、必ず救急車を使ってくださいと言われました。

さて検査ができる2週間、そして結果が出るまでを考えると、長い期間注意をしないといけないですね。

色々とご心配をいただきまして、ありがとうございました。
ただでさえ色々な事が重なってしまっていますが、私たちの体も気をつけながら頑張っていきますので、これからも宜しくお願いします。

そしてつくしは、元気に過ごしております。
食欲もあり、とても落ち着いています。
ただ少し咳と鼻水の多さが気になるところですが、また明日検診がありますので、お話はしてこようと思います。

簡単ですが、御礼とさせて頂きます。
ありがとうございました。

最後に今日のつくしとわらびをアップします。

昨晩のつくし

今日の病院はとても嫌だったようです。
駐車場から病院までは頑固して歩こうとしませんでした。

そして病院内ではすごく泣く子がいたため、落ち着けず、外で待っていることにしました。
少しは落ち着けたようです。
そして診察が始まると、嫌の極みになり、すべてに抵抗していました。
でも今日は先生が色々と工夫してくれて、薬は一回で飲むことが出来、ただ点滴はブチ切れていました(笑)。
点滴については先生もあることに気づいたようで、次回の効果が楽しみです(笑)。
そして明日は先生はお休みなのですが、夕方に出てきてくれるそうです、ありがたいことです。
色々と今後のこともお話しして、診察が終わりました。

帰り道はさっさと歩いていました(笑)。

そして今日は2つの病院へ行ってきたのですが、いつも行く病院はある交差点を右折していくのですが、その交差点を過ぎると「あれ??」って感じで、「いつもそこを曲がるのではないですか?」と不思議がっていました。
わらびはよくその行動が見られたのですが、つくしは初めてかも知れません。
良い記憶ではなく悪い記憶をさせてしまったことは、申し訳ないです。

病院から帰ってくると、とても疲れていました。
でも昨日よりは少しまともかもしれないです。

そして晩ごはんは、お汁を中心に牛肉(ひき肉)を食べてくれました。
量は少しだけれどその後も食べたそうにしていたので、お代わり、しました。
でもその後は少し柔い便をしていました。

その後は輸液の関係もあるのかウロウロと落ち着かずだったので、夜になりわらびのケアも含め、夜散歩に行ってきました。
暫くつくしは抱っこでお散歩。
この姿をみていると、こごみを思い出します。
そしてわらびはとても楽しそうにお散歩してくれました。
いつも一人だと全然お散歩が出来ずに帰ってくるのですが、みんなでのお散歩は久しぶりなので、とても楽しそうです。
これからは少しずつこの時間も増やしていこうと思います。
そしてお散歩途中で気づきました。
カメラ類は一切持ってきていないので、「つく散歩」を撮ることが出来ませんでした。
ごめんなさい、今夜のつく散歩は、私たちだけの記憶に大切に留まらさせていただきます。
もしかしたらこごみも近くにいてくれたかな。

お家へ帰り、しばらくするとまた下痢をしてしまいました。
そしてその後はおなかが痛いのか、あたりをウロウロしていました。

そしてその後も落ち着かないのか、ずーっとウロウロしていました。

今一番、悩んでいることは、一昨日から水置きの水を飲まなくなってしまいました。
ねこちゃんでは同じようになる子がいるようで、ベロで押して飲むタイプや蛇口からならば飲むようなのですが、つくしはその習慣がなく飲むことが出来ません。
以前は食事に大量の水を入れて一緒に飲ませることをしていたのですが、現在はその食事すら満足取ることが出来ていません。
たまに食べるカステラなどに水分を含ませて、ということも、今までそこに薬を忍ばせたりしたことで、それをやるとその後は一切食べなくなってしまいます。

何か良い方法があれば教えてください。

今日のつくし

朝、ご飯をあげると、最初な渋々だったのが、お汁を、そして豚肉をほんの少しだけ、食べてくれました。
その後、嘔吐、下痢はなく、落ち着いた様子でした。
そしてお水も多分これが昨日から初めてなのではないかと思い、食べている食器の中にお水を足して、少しでも多く飲んでくれるようにしました。

それからはだいぶ落ち着けたようで、やはりお腹が落ち着かなかったでしょうか、その後はぐっすりと寝てくれました。

そして目を開け起きた時に、昔からかかりつけの先生のもとに向かうことにしました。

先生からは色々と例をあげて一つ一つ詳しく説明をしていただけました。
つくしの状況、そしてその治療におけるアプローチ、時間をかけて説明してくれました。

つくしの状況は良いとはいえず、覚悟は必要であるということでした。
そして現在の治療について、その中でも補液は今後の治療でも重要な部分であると言われました。

おかあちゃまは分かっていたことですが、覚悟をして見ていくことがいちばんなのだということでした。
そしてたくさんの先生も応援はしてくれているので、その中でも良い方法を見つけていきます。

つくしが私達と一緒にいたいと思う気持ちを、続けられるよう、頑張ります。

今日は、日中の「つく散歩」を撮りました。
また夜は夜で同じようなものをアップするかもしれませんが、見てください、そしてちょっと可愛い写真も。。。

昨日のつくし

昨日(21日)からの体調不良を引きずるも、朝ごはんは豚肉を少しだけ食べてくれました。
その後、おやつも何も食べなくなったので、薬を飲ますことができなくなったので、薬を溶かしてシリンジで飲ましました。
その後はあまり体調は良くないのか、ずーっと寝ている状態でした。

夕方になり、病院へ行って来ました。
駐車場から病院までの歩みはのろく、行きたくない気持ちがわかります。

なんとか病院へ到着し、今日の診察です。(わらびは付き添いです)

昨日、病院へ来た時に、膵炎の疑いもあるので一度検査をした方が良いでしょうとのことで、毎週の腎臓の検査を兼ねて行っていただきました。
検査の間は、嫌なのか甘えているのか、おかあちゃまの腕の中に顔を隠していました。

結果、腎機能については前回よりも悪く、そして膵臓の状態を表すリパーゼが約3倍の高値でした。

BUN 113.0(7.0~27.0)
CRE 3.5(0.5~1.8)
PHOS 8.1(2.5~6.5)
Na 152(141~151)
K 3.5(3.5~5.4)
Cl 100.0(107~121)

LIPA 429(0~160)

すぐさま膵炎、というわけではなく、またこの検査だけで断定はできないそうです。

これらのことから、今日からまた点滴は毎日になりました。
そして場合により、入院も考えた方が、、、と言われましたが、自宅から通うことにしました。

帰り道は、嫌な病院が終わったので、快調にお散歩ができました。

でも今日は帰り道の自動車から、体調が良くなく、そして自宅へ戻ってからは晩ごはんも食べれず、でした。

そして夜から今まで、30分ほど寝れたかと思うと、あたりをウロウロとしていました。

おしっこも昨日からしていなかったので、外に連れて行くと大量にし、そして先ほどウンチを2度ほどして、少しだけ落ち着けたようです。

食べられるようになったと思いきや、お腹の調子が悪くなり、そしてまた嫌な点滴で、つくしにはかわいそうなことをしてしまいました。
現状では仕方ないのでしょうけど、悪い部分の数値を下げることが1番の目的になっていて、例えば点滴をやめることでお腹の調子が戻るのでは、そして食べられることで腎臓も、と、そして幸い心臓も安定しているので、つくしにとって1番良い方法が別にあるのではと思い、今日以前からのかかりつけの先生に相談をしてみようかと思っています。

少しでも快適に過ごせるよう、色々とまた頑張ってみます。

今日のつくし

今日(21日)の朝ごはんは、お汁を飲んだだけで、お肉はほんの少しだけ食べただけで、その後は食べませんでした。
薬は後で好きなもので包んであげようと、スイートポテトに包んであげたのですが、食べません。
その後も食べずに、下痢と嘔吐をして、その後はずーっと寝ていました。

夕方になり、口元に泡よだれが出てきて、脱水かと気にしたのですがそれほどひどい様子はなく、足元はフラフラ状態でした。

かかりつけの病院は、今日は休診日で、先生の切り替わりが18時以降からということだったのですが、もしかしたら誰かしらいるかと思い、早めですが向かうことにしました。
でも病院には誰もいませんでした。
18時までにはまだまだ時間があるので、もう一度出直すことにしました。
病院の留守電に連絡を入れておき、今日の夜勤の先生からの連絡を待つことにしました。
しばらくすると連絡があり、症状をお伝えすると、こちらに来てください、とのことで向かうことにしました。

先生が触診でお腹を触ると、すごく怒り出し、お腹が痛いことが分かります。
熱を測ると、36.9度、低体温というほどではないですが、低く、そしてお腹に相当な痛みがあるので、嘔吐や下痢、そして食欲のなさはこれが原因でしょうとのことでした。
便の状態を見ていただくと、大腸炎を起こしているので、とりあえずいつもの点滴よりも量は少なくして、吐き気どめと整腸剤を一緒に入れていただくことにしました。
そして心臓の薬は朝から飲ますことができずにいたので、それも一緒の飲ませていただきました。
すると、とても嫌がり、とにかく何も口にしたくないくらいお腹の調子が悪いようで、ブチ切れていました。
点滴も、とても嫌がりましたが、どうにかすることができました。

そして最後に、昨日寒気を感じるように震えていたことや、低体温になっていることなどから、膵炎などの関係もあるので、次回の血液検査では膵臓関連も見ていただくことになりました。

自宅へ帰ると、死んだように寝ていて、その後は少しウロウロしましたが、今もまた死んだように寝ています。
先ほど、焼いたブリを見せると、食べたそうにするのですが食べられないようで、昨日普通に食べられるようになってよかったと思っていたのですが、1日もしないうちに、また元どおりに戻ってしまいました。
元気な時には人のものまで横取りするくらい、食べることは大好きなので、また少しずつでも食べられるようになってほしいです。

頑張れ、つくし。

こごみ心臓検診、他…。

今日(5日)は、こごみの心臓検診でした。

検査の結果、4年前と比べると急激な変化はないにしろ、心臓全体そして左心房の拡張が見られ、僧帽弁の前尖よりも後尖に変形も見られたようです。
最近出ている咳は、心臓から、というよりも心臓が肥大して気管を圧迫することで起こっていて、そして咽頭部の変形が元々あることから更に影響を与えているとのことでした。
そして歯もボロボロのため口内細菌も増えていることから、こちらも心臓、そして気管にも影響を与えているようでした。
歯については色々と先生にはお話をしていたのですが、なかなか改善案が見つからなかったのですが、少しでも改善がされるよう、無理のない範囲で出来ることを少しずつでも行っていくことにしました。
そしてレントゲンの撮影時にうつぶせにして撮った時、一定以上にのど元を延ばすと咳がひどくなり、その影響で今日は咳が出やすくなっていますと言われました。
案の定、落ち着いていた咳が少し出るようになり、食事の時はちょっと大変そうでした。
最後に、服用している薬についてお話をくれました。
今服用している薬は、つくしも同じ物を服用していて、つくしは丁度切り替えた2日後に体調が悪くなり肺水腫を起こした、ということもあり、こごみも同じように服用したその翌日くらいから咳が酷くなったこともあったのでとても心配していました。
しかし先生からの説明で、その影響からではないので大丈夫だということをお話し頂き、少しだけ安心は出来ました。
とりあえず、現状の薬を飲みながら様子を見ていくことになりました。

そして検査を終え自宅へ帰ってからは疲れたこともあるのか、フリーズするような発作と震える発作が起こり、元気はなかったのですが、その後は静かに寝てくれました。

つくしは、一昨日(4日)夜から元気がなくなり、ご飯以外は食べなくなりました。
そして昨日は3度ほど柔い便をして、その後はずーっと寝ていました。

晩ご飯はなんとか食べたのですが、その後訴えるような目でずーっと私達を見つめていて、大体このような時は体調があまり芳しくないときでトイレ前で伏せていたりしたので、もしかして外に行きたいのかと連れ出しましたが少し歩いただけでより一層のお疲れモードに入ったのか、その後は動くことすら辛そうにしていました。
そして寝る時間になってもなかなか寝付けないようで、ただ心音や息は普通だったのでやはりお腹が辛いのかと思っていると、夜中に晩ご飯で食べたものを全て吐いてしまいました。
その後は少しすっきりしたのか寝てくれましたが、朝方までに何度かウロウロして、その後はゆっくりと寝てくれました。
そして朝ご飯は少し残しながらも食べてくれましたが、昨日よりは幾分ましですが、覇気はありません。

気候もこの時期は少し暑かったりすることもあるので、それも影響しているのかも知れませんね。
今日は検診日でもあるので、先生にお伝えして来ようと思います。

そして最後はわらび。
色々とあるのですが、わらびは我が家では一番健康に見える子です。
もともとこの子は、色々と頑張ってしまうので、つくし、わらびと体調が思わしくないので、心配を掛けまいとわらびなりに一生懸命頑張ってくれているのだろうと思います。
ありがとう。

さてGWも後残り2日。
皆さん少し落ち着いてお休みが終わるといいのですけどね。