晴れ

今日は、こごみに朝早くから起こされたので、公園にでもお散歩に行こうとか考えていたら、おかあちゃまが、

「ペニーレインに行こう!」

と言うことで、筑波店へ行ってきました。

お店はとても混んでいて、しばらく外で席を待っていました。

日差しは強いけれど、日陰に入ればそこそこの陽気で気持ち良かったです。

暫くすると席に案内され私たちの食事を頼み、食事が来るまでの間目の前にあるドッグランでつくわらこを遊ばせて満足したところで丁度食事が来て、美味しく頂きました。

DSC01768

そして食事も終わり、のんびりとコーヒーを飲んでパンを買って、そしてキャンプ用品のお店を見てキャンピングカーを見て、お家へ帰りました。

思ったよりも渋滞もなく、あっという間にお家へ着きました。

ととと、なるはずが、、、泣く

 

お店で待たされている間、こごみはワンワンと興奮して暫くすると手足が震えだし、急いでアイシング。

席に案内されれば時期治まるだろうと思いきや、その症状はひどくなる一方。

周りでワンワンと言う仔がいるだけで神経がピリピリするようで、普通ならば冷やしていると次第に治まるものが逆にひどくなる。

とりあえず先生から頂いていた薬を与えようと、そのままでは飲まないだろうとおかあちゃまは牛乳を買いに行きました。

待っている間、つくしはおかあちゃまが居なくなったことや周りにわんこがいることから警戒をするようになり、それと同調するかのようにこごみの興奮もなかなか収まらずにいました。

でも暫くすると、つくしも落ち着き、そしてこごみも少しずつだけど落ち着いてきて、やっとこさこれで安心と思うのも束の間、今度は中の席の人が外に出るのにわざわざ人のいる席のところから出入りするものだから他の席のわんこも反応してワンワンと言いだし、当然そのような状態だとこごみも興奮をして、あっという間に振り出しに。

そうこうしている間におかあちゃまが戻ってきて、こごみに薬を与えることができました。

でも即効性があるわけではないので、落ち着くまでこごみを抱っこしたまま食事をして、本来ならばパンのお代わりをするはずが食事がどこへ通ったかわからず、チャチャッと済ませるだけで精一杯でした。

そして少しずつこごみも落ち着いて、さあ食後のコーヒーでも飲んで場所を変えるか、と思っていてもなかなかコーヒーが出てこず、ここのお店のよくあるパターンで、お客が殺到するとてんてこ舞いすることがあり、正にその状態でした。

とりあえずこごみの事を考え、コーヒーは外で飲むこととしてお店を出ることにしました。

そしてこごみはカートに入れ涼しいところでしばらくのんびりすることにしました。

薬も効いてきたのか、カートの中でぐっすりと寝てくれました。

そしてそのままキャンプ用品のお店とキャンピングカーのお店をチャチャッと見て、お家へ向かいました。

と、高速に乗ってすぐに事故渋滞にはまり、とりあえずは夕方遅くには自宅に到着することができました。

でもこごみは自宅へ帰っても手足の震え(痙攣)は治まらず、特に右前脚は突っ張ったままの状態だったので歩くこともままならず、食事も用をたすのも支えてあげないとできない状態でした。

でもおかあちゃまが一生懸命冷やして声をかけ続けてお蔭で日の替わる頃には、何とか歩けるくらいの状態に戻りました。

前回もこれくらいの状態の時はありましたが、今回は立てなくなることが随分と長く続き、症状が長くなれば長くなるほどひどくなることと、そしてやはり年々症状はひどくなっていくのだろうと感じました。

そうなると外に連れ出すことも難しくなるのかも知れません。

別に人でもわんこでも基本は大好きなので、色々と考えていかないといけないですね。

最後に、こごみの写真を少しばかり。

涙が出るほど苦しかったようですが薬が効いて少しずつ寝られるようになりました。

DSC01774

自動車のカーゴでは足腰が立たずにへんてこな姿勢になってしまいました。

DSC01781