つくし号快適化と。。。

投稿日:

前の話ですが、21日につくし号の快適化をしました。

内容は、昨年末に10.2インチインターミラー(ルームミラー)を取り付けて、ユーアイビークル製の「車速信号感知式 純正バックカメラ連動ハーネス」からナビへのバックモニター出力をこちらのモニターに表示していたのですが、最初は常時表示になっていると思っていたところ、やはりある一定の速度以上になると表示がされないので、新たな常時表示用のバックカメラを設置することにしました。
どうせならスマートに設置したいと思い、色々と探していると、ありました、、、ワイパーホールに設置するカメラが。。。
早速注文し、届いたので、設置をしました。

リアハッチのアッパーパネルを外し、ワイパーホールを塞いでいたユーアイビークル製のリアワイパーホールカバーを外し、そこにカメラを取り付け。
そして配線をしてアッパーパネルからボディへとグロメットを通して、そして左サイド側の天井を通してフロントピラーまで引き回し、ユーアイビークル製の「車速信号感知式 純正バックカメラ連動ハーネス」のナビ側出力線を分岐して、10.2インチインターミラー(ルームミラー)に接続しました。

ととと、文章で書いているのでお分かりの方はいると思いますが、ここまでの写真はありません。

常時表示になり、使いやすくなったのですが、またまた欲望がふつふつと。。。
バックカメラが広角なので実際の距離感が分かりません、そして白バイなどに追従されたら、認識できません。
とりあえず、カメラが壊れたら、画角の狭いカメラを探してみることにします。
あっ、ただその時には完全自作になっちゃいますね〜、ちと面倒です(笑)。

まあでも以前よりはだいぶ使いやすいので、暫くはこのまま壊れずに頑張って欲しいです。

そしてこの日の夜に、大変なことが起こってしまいました。

それは、つくし号が事故に遭いました。

右サイドが少し凹み、そして一部塗装にクラックが。。。

そして、この事故で私も怪我をしてしまい、その後に病院へ検査に行くという事態に。。。
痛みは今もありますが、あっ、でも検査の結果は問題なしでした。

事故の相手はどうしたのかというと、

相手はいません。、、?。

はい、自損です。、、、それもコンビニ駐車場に止まっているつくし号に駐車場の縁石に蹴つまずいて、足をくじきながらの頭からもろにつくし号に突っ込みました。

幸い、脳震盪も起こさず、そしてその後の痛みも大きな痛みではなく、肩が凝ったような痛みとぶつけた頭が少し腫れただけ、でした。
どんだけ石頭なんだ、と言われたりもしましたが、確かにクラックが入るくらい凹み、そしてぶつけた頭の方は何でもないとは、確かに石頭、、、ですね(笑)。
とりあえず、頭部CTスキャンと頸部レントゲンを撮ってもらいましたが、問題なしでしたが、昔の古傷で頚椎の何箇所かは潰れていて、一番ひどい第5の一部にクラックが入っているように見える部分があり、詳しくはMRIでしか分からないとのことでしたが、現在首も可動し痛みもなく手足のしびれも特にないので(若干もともと痺れていますが(笑))、悪化したらまた診せに来ることにして頂きました。

私の体のことはこれでひと段落しておいて、次はつくし号の問題です。

病院へは25日に行ったのですが、その前に車検が22日にあったので、ついでにこの部分の修理の見積もりをして頂いていました。
デントリペアで簡単に、と思っていたら、クラックが入っているので何だらかんだらと、結局板金塗装で、そして特装車なので中の家具などの取り外しはこちらでは出来ませんのでその費用は含んでいません、と言われ、提示された金額も良いお値段。
とりあえず、トイファクトリに相談してからとお話ししてみると、
現在トイファクトリ湘南でオススメできる板金屋はなく、もしトヨタでお願いできるのであれば、トイファクトリでは架装の取り外し取り付けを行い、陸送にてトヨタで板金塗装を行うことが一番でしょうと言われ、そうなると修理金額もかなりかかってしまうので、車両保険を使って修理をすることにしました。
保険会社へ連絡をして、2社から、と言うことで、段取りをつけておきました。
そしてトイファクトリ店長から陸送もトヨタでお願いした方が良いとのことで、見積もりを頂いたトヨタに連絡すると、
提示した見積もりで全て直すことが出来、特に架装部分の取り外しは必要ない、とのことで、いやいや、最初に言われたことは何だったんだろう、と、そして保険を使うには微妙な金額、、、。
とりあえず保険会社へは連絡をしてしまったので、そのままトヨタでお願いすることにしました。

今週末は、土曜日につくしの病院、そして日曜日は幕張でのキャンピングカーショーがあるので、こごみ次第で行こうかと思っているので、週明けの月曜日につくし号を預けてくることにしました。

そんなこんなの、色々と頭の痛い(リアルにも(笑))、1週間でした。