ここ最近のつくしは、とても体調が良く、ご飯も食べ、うんちも一日4回ほどすることもあり、そしてお散歩も自ら行きたがり、そしておやつの催促もしています。

普通ならば元気だから安心なのですが、何度となく絶好調から絶不調を何度と繰り返したこともあり、元気になると心配になります。

そして今までは年齢も年齢なので、食べる、お散歩、それ以外は殆ど寝ていることが多かったのですが、この2~3日は晩ご飯後はずーっとウロウロしていて、落ち着いたかな、と思うとまたウロウロしての繰り返し。
これを私たちが寝るまでの間にずーっと繰り返しています。
そしてその殆どの目当てがおやつのような気がして、食べても食べても(実際はそんなにあげていませんが)その食欲には終わりがありません。

ここへ来て急に若返ることもないだろうし、嬉しいことなのですが、今一番の不安になっています。

スピリチュアル的に考えると、今のつくしの行動はとてもこごみに似ていて、おかあちゃまの膝に乗って甘える、ご飯では待てが出来ない、そして食べ物に異様に執着する、そして何よりも私たちの、特におかあちゃまの行動を常に気にしている、などなど数え上げれば、まさに姿を変えたこごみがいるようで、つくしが元気になるとこごみのことを思い出すからその元気の中にも何か少し心配になることを残しこごみのことで悲しむ暇をなくしてくれて、そして行動をまねることにより「ずーっとこごみはここにいるよ!」と伝えることにより私たちにさらに安心感を与えてくれている、のではと考えることも出来そうです。
わらびと出会ったことも、よもぎがなくなり悲しむ私たちを癒すかのように、その後まるで予定したかのように私たちの心を癒してくれるわらびに出会え、そしてこごみと初めて会った時には、よもぎが「これで私のお役目は終わり」のような、こごみはよもぎと一緒のようなものを感じて、さらにこごみの中にはつくしの小さい頃の思いがありました。
なので今回ももしかすると、そんな私たちのためにこごみがつくしを通して、そしてつくしも元気にして見せてくれているのかも知れませんね。

体重も減ってなく、昨日計ってみると30g増えていて、食べて出してを考えると、少しは身についているので、スピリチュアル的に考えても良いかなと思っています。
そしてそう考えるほうが、こごみロスも少しは楽になりそうです。
でも今日は診察日なので、食欲旺盛については先生に聞いて来ようと思います。

さてそんなこごみが憑依したかのつくしさんの「つくわら散歩」そして超久しぶりの食欲旺盛の「つくわらごはん」の2本が撮れました。

お楽しみください。

その前に今日の寝起きの一枚です。