ここ最近の食欲は異常です。

ご飯を食べた後、特に晩ご飯後にはその食欲が酷く、ウロウロと食べ物を探し歩きます。
私達の晩ご飯もあるので余計にそうなのかも知れませんが、少し前までは気持ちを切り替えその後は自分の寝床で落ち着いていたのですが、ここ最近は写真のように私達がご飯を食べ終わるまでずーっと待っています。
わらびは昔から変わらずに待っていますけど…(笑)。

昨日も、晩ご飯後に同じようにウロウロし始めたのですが、無視をしていると暫くして落ち着いて寝てくれました。
雨も降っていたので散歩には行けないので、このまま落ち着いて寝てくれたら、と思っていました。

そろそろみんなが寝る時間近くなったのでそろそろとつくしが起き始ると、寝起きのこともあり気管虚脱のような咳をし始め、それが治まると今度は震えが始まり、その震えは定期的にそのまま続いていました。
寒いのかと思い抱き上げるととても心音が強く、そして下ろしても少し離れたところからでも聞こえるくらいの音でした。

おかあちゃまの行動をとても気にしていて、大体このような時は体調が悪い時、でも震えている割には食べ物を食べたそうな気がしました。
体温は大丈夫、低血糖も見る限りでは大丈夫そうですが、震えることから少しだけご飯をあげてみることにしました。
すると勢いよく食べ、そしてまだ足りない様子。
身体の震えは少し落ち着いたかと思いきや、食べ物を食べたことで興奮をしたのか余計に震えが大きくなりました。
体重も前回病院から100g近く増えているので(2,240g)、あまり上げすぎても嘔吐下痢も困るので、これで様子を見ることにしました。

その後もウロウロは変わらずで、もしかすると散歩にでも行きたいのかと感じたので、外は寒いので洋服を着せて出てみることにしました。

外に出てみるとそれほどはと言う感じでしたが、先ほどまであった震えは止まっていたので、暫くそのまま抱っこでお散歩してみることにしました。
公園まで行きましたが降りる気配はなく、仕方が無いのでそのまま自宅へ戻ることしました。
自宅駐車場近くで下ろすと一度だけオシッコをし、その後は直行で自宅へ戻っていました(笑)。

震えは治まっていたのですが、お散歩後のおやつの催促をされたので、また少しだけご飯をあげることにしました。

するとまた異様な食欲で、その後も変わらず食べ物を探していて、食べ物をもらうために色々な行動をして少し興奮状態のようでした。

そのためまた心音も大きく、とても気になっていたのですが、寝る準備をして一緒に寝床に入ってみると少しずつ落ち着いて寝てくれました。

その後色々と検索してみると、
腎不全末期の子でも食欲が異常にあるなどの記事があり、特に「甲状腺機能亢進症」で、元気、食欲が戻ることがあるようです。
そう言えばこごみの時にも、そしてつくしも何度か先生に症状を聞かれたことを思い出しました。
多飲多尿で、食欲旺盛だけれど体重があまり増えない、そして異様なハイテンションなどなど、そうでした、異様な食欲は、考えられましたね。
基本言われる多飲多尿は今のところなく、体重も前回検診時には2,140gでしたが今日計ってみると2,240gあったので、体重を観察しつつ、次回検診時にはこのことを伝えてみようと思います。

そしてつくしの食事のリンの含有量はおおよそ0.08gには治まっていそうです。
体重も増えていることから、カロリーも足りていそうです。
またこちらはきちんと計算してみます。

今朝寝起きはぐっすりと寝ていました。

でも朝ご飯は食べることが出来ませんでした。
昨日の食べ過ぎが原因かもですね。
少し前まで震えていましたが、今はゆっくりと寝てくれました。
目覚めた時に、ご飯が食べられるといいね。

そしてこの前の通院時(12日)の「つく散歩」と、昨日のあっという間に終わった「つく散歩」の2本をアップします。