いつものように、おかあちゃまに遊ばれるこごみ。

仰向けにして肉球を触ると、くすぐったそうにして嫌がっていました。
こごみは、我が家のアイドルでした。

こごみ、もう一度、会いたいよ。