近場のお出かけ

今日はお天気も良い、との予想だったので、近場のお散歩に行ってきました。

場所は、いつもの海側の公園です(笑)。

とりあえずお昼ご飯を公園近くのコンビニで調達して行ってきました。
コンビニで待っている間、最近ますますおしゃべりになったつくしが、ずーっとワンワンとうるさかったことに助長され、こごみは少し手足が震えてきてしまいました。
そして公園に着いて私たちがお昼ご飯を食べ始めると、今度はくれくれ攻撃で震えが酷くなり始めたので、外に出てクールダウンすることに。
しかし、外に出たらで、今度は体温の調節がうまくいかないのか、寒がったり暑がったりと、そして他の人やわんこで興奮して、海側まで行ってそのまま自動車に戻ることに。

そしてしばらく様子を見てから、お家へ帰りました。

あっという間のお散歩となりました。

久しぶりの発作ということもあり、収まりかけるとまた戻り、の繰り返しです。

ここ最近は、足の状態も体調もとても良かったので安心していましたが、それが逆の意味で発作を起こしやすくしたのかも知れないですね。

わらびの心臓検診

わらびの心臓検診に行ってきました。

最近少しずつですが、咳き込むことが増えてきていて、異様な食欲の増加を聞いてみました。

心音、肺の音ともに問題なく、大丈夫でしょうとのことでした。
咳き込みも心臓から、というよりも気管からのようで、そしてかなり前から見てもらっていた右耳下リンパ腺近くにある唾液腺の腫れから来るものではないとのことでした。
そして右耳下リンパ腺近くにある唾液腺の腫れも、状態は特に変わりないので、大丈夫でしょうとのことでした。
食欲の増加は、心臓の薬の副作用ということではなく、薬を飲むことにより体の状態が楽になったりすることで元気が出ることがあり、そのために食欲が増加することもあるのでしょうとのことでした。
そのため気をつけなくてはいけないことは、運動量が増えてしまい体に急激な負担をかけてしまうことがあるので、散歩などで負担を増やさない様に注意をするようにと言われました。

とりあえず、注意することはあるけれど、大きな問題はなく、診察は終わりました。

また来月、大きな変化なく過ごせればと思います。

ありがとう

わんこ友達のしゃおパパさんが亡くなりました。

いつもわんこを大切にしていたその姿は絶対に忘れません。

最後まで全ての子たちを看取ることを考えていただけに、一人旅立つことは悔しいでしょうが、ゆっくりとお休みください。

またいつか会える日まで…。

この週末は

毎度の週末のご報告です(笑)。

昨日(21日)は、つくわらこのトリミング。
みんな綺麗にしてもらい、フワモコサラになりました。

そしてその後は、まったりのんびりと、食後のあとは、みんな、爆睡、でした。

そして今日はつくし号の車検。
あっという間の2年、早いですね〜〜。

今週末は色々とあり、大変疲れました。

またこの辺りは、後日ご報告を。。。

週末は。。。

今日(15日)は、お友達のお見舞いに行ってきました。

そして外は激さむだったので、つくわらこはヌクヌクお家でお留守番でした。

最後は、加湿器の霧がわらびにかかっているのを写していたら、私も写して〜と言わんばかりに寄ってきた、こごみのムービーです。

わらび検診

わらびが、大きな方をした後におしりを拭いてあげようとすると、なにやら違和感を感じるのか触られることを嫌がったので、病院へ行ってきました。

ちょうど、心臓の検診、そしてこごみの薬などなどもあったので、一緒に済ませてきました。

おしりのほうは、肛門線が溜まっていて、少し固形化していました。
年齢とともに代謝が落ち分泌物も変わってきているので、仕方がないようですが、このまま気づかずにいたら、破裂してしまうこともあったので、これからは要注意です。
そしてわらびは、肛門線を絞ろうとすると怒るので、トリミング時や通院時にやってもらっていたのですが、今日は病院でも珍しく痛がっていました。
なので先生は、外から絞らず肛門内から絞ってくれて、なんとか無事絞らせてくれました。

そして心臓の方は、急激な変化はなく、肺や喉の音も良好なので、大丈夫でしょうとのことでした。

ヘルニアもそれほどひどくなっておらず、そして唾液腺の腫れも以前よりは引いていてこちらも大丈夫でしょうとのことでした。

今日はとても寒いですね。
おやつ配給時は、元気なつくわらこですが、しばらくすると皆さん静かにお休みです。

週末は

3連休でしたね。

お天気もあまり良くなかったので、土曜日にばばの家へ鏡開きで行っただけで、あとはお家でのんびりしていました。

つくしの咳の問題は、先生からの指示で薬で治まったので、土曜日からやめてみることにしました。
しかし日曜日のお昼くらいから少しずつ咳が出始め、以前よりは酷くはないのだけれど寝起きや体が冷えたりすると出るようなので、酷くなったら薬を一時的に服用してみようと思います。
また来月、定期的な検診があるので、先生にその旨お話をして来ようと思います。

そんなこんなの、いつもと変わらぬ週末でした。

つくし号快適化

昨年末のことですが、つくし号の快適化をしました。

つくし号には、純正オプションの「バックモニター内蔵自動防眩インナーミラー」を付けているのですが、インターミラーに表示するため小さくて、そしてお年寄りの私にとっては大雑把な確認しか出来ないため、昨年2月にユーアイビークル製の「車速信号感知式 純正バックカメラ連動ハーネス」を取り付けてナビにバックモニター出来るようにしていました。
とりあえずバックをするときだけ確認出来れば良いかと思いながらも、高速運転時に追跡車の確認やその他諸々安全確認のために常時表示が出来るものとして、昨年9月にリアドライブレコーダーを設置しそのモニター表示をwifiでスマホに表示し利用していました。
しかし、wifiなので表示が安定しないことと正像表示なので通常慣れている鏡像表示とは反対に表示されるため、年老いた頭ではその反対画像を見ているとパニクることが多く、利用することは少なくなっていました。
とりあえず、バックカメラを専用に設置してそのための専用モニターをどうしようかと考えていたら、たまたま前回インバーターが壊れたことで1500wのインバーターを楽天で購入した時のポイントがあったので、そちらを利用してバックモニターを購入することにしました。
色々なモニターがあったのですが、インターミラーに付ける10.2インチルームミラーモニターを購入することにしました。
2系統の入力が出来ますが画面分割は出来ない至ってシンプルなものにしました。

入力は、ナビからのテレビ出力をリアテレビと分割したものを1系統と、ユーアイビークル製の「車速信号感知式 純正バックカメラ連動ハーネス」からナビへの出力をナビと分割したものの2系統としました。

バックモニターとテレビの切り替えはマニュアルになりますが、普段はバックモニターにしてあるので、特に不便を感じることはなさそうです。
そして常時モニターにはならないと思っていたのですが、ユーアイビークル製の「車速信号感知式 純正バックカメラ連動ハーネス」からナビへのバックモニター出力が常時出力になっているようで、最終目的として考えていた常時モニターとして使えています。
ただ、何を条件なのかわかりませんがたまに表示されなくなることがあり、そしてリアナンバーのあたりに取り付けてあるカメラのため表示範囲がとても狭いため、専用のカメラはまた後日取り付けようと考えています。
あと、もともとインターミラー(ルームミラー)が目的なものなのでモニター部が反射しやすく、普通のモニターと比べると少し見難いように感じます。

今日は午後からお天気も悪くなり、お家でまったりのつくわらこです。

つくしの咳の検診

今日は、昨年末から増え始めたつくしの咳が咽頭部の問題ということで、気管支のお薬を服用しての経過報告と検診で病院へ行ってきました。

つくしの咳は気管支のお薬を服用し始めると、嘘のように治りました。
やはり心臓から来るものではなく、加齢と共に気管支の柔軟性もなくなり目立つようになってきたようでした。

とりあえず気管支の薬は症状を抑えるだけで続けても気管支の柔軟性が戻るわけでもないので、中止をして様子を見ましょうとのことでした。
またひどくなるようだったら、薬を服用するなどを考えていきましょうとのことでした。

そして先月から初めていた心臓の薬は、そのまま続けていきましょう、とのことになりました。

心臓については多分それほど悪いわけではないですが、予防ということで始まったのだろうと思います。
今年でつくしも15歳、普通に考えるとあと数年生きると考えると、今始めても間違えはないのかと思います。
そして症状と共に薬の数も増え、最後にはかなりの数の薬を飲んでいる、ということになっていくのかと思うと、ギリギリまで始めない方が良いのかと考える自分がいます。
小型犬にとって心臓の薬は必須に近いものなので、若いうちから飲んでいても副作用が少ないから大丈夫、と言われる先生も多くいますが、やはり薬は薬、副作用がゼロのものはありません。
若い頃の自分だときちんと調べて先生に聞くことも簡単に出来たのですが、少しずつ老いていく脳力の中、自信を持って言える聞けることも難しくなり、そして時間もかかるようになっていて、言い訳ですがそんなことから面倒なことは後回しにしている自分がいます。
でもつくわらこにとっては短い時間の中での一番重要なことでもあります。
今一度、能力をフル回転させて、一番良い方法を見つけていきたいと思います。