みんなの

体調の少しでも良いときに、つくわらこのフィラリア検診に行ってきました。

そしてついでなので毎年行っていたように、春の健康診断(血液検査&診察)も行ってもらいました。

まずはつくしから。

体重は変わらず、そして昨日の心臓診断結果のお話をすると、やはり心雑音は大きくなっているようで、わらびと比べると進行はやはり早いようでした。
ただそれがすぐにどうこうというわけではなく、体調がなんとなく良くないということあるので、変えた薬の経過を見ましょうとのことでした。
そして耳の汚れもあったので、先生に綺麗にしてもらっていると、珍しいことに泣き怒っていました。
それがワガママなのか何かしらの違和感があったのかは分かりませんが、病院ではとても珍しいことでした。
そして採血では、前回と同様にかなり時間がかかりました。
心臓のこともあり、あまり興奮させることなく採血するのは、年々、難しくなっているようです。

そして次はわらびだったのですが、こごみのことから。

体重は変わらず、そして相変わらず鼻水のひどさは変わらずですが肺の音なども問題はなかったのですが、たまたま診察途中で気になる咳が出たので先生に診てもらうと、
その咳は気管虚脱のようでした。
少し枯れた咳のようで、心臓から来るのではと思っていましたが、心臓に関しても問題はないのでその咳ではないでしょうとのことでした。
そして相変わらず気圧の変化で体調が変化することは多く見えるのですが、改善の仕方はやはりないようです。
最後に採血。
前回は手、足からも取れなかったので、頚部から採血をしたのですが、今回は無事手から取れたようでした。
ただ量が微妙だったので、検査で足りなければまた次回採血をお願いしますとのことでした。

そしてわらび。

体重は少し増えていて、そして心臓についてはつくしと比べると緩やかな進行で大きな変化はないようで問題はないとのことでした。
そしてこの間のお散歩で後ろ足がおぼつかないことがあったのでお伝えすると、右膝の関節が少しゆるめなことはあるけれどしっかりと筋肉はついているので問題はないでしょうとのことでした。
ただいくらか靱帯に緊張があるので、右膝蓋骨の手術を行っているので、弱い左足をかばっているせいでしょうとのことでした。
そしてその後は、今まで気になったことを話させてもらいました。
ここ最近のお散歩はとても遅くて、つい最近では歩き始めてから暫くの間後ろ足がおぼつかなくフラフラしていて、その後もわらび自身は一生懸命歩いているのだけれど思っているよりも進んでいないような感じがして、高さ認識も出来なくなっているのか段差の高さよりも高く飛んだり場合によりぶつかったりすることもあり、そしておしっこの時にもともとシートが濡れていると嫌がることはあったのだけれど最近ではその手足の付け方がとてもスローモーションで、時によっておしっこをすることなく戻ってくることもあったり、そして特に暗いところは完全に見えないようで、ただ目が慣れてくるとそこそこ見えているようなのだけれど高さ認識は暗い中では特に難しいようで、やはりこれらは加齢が原因となっていることなのでしょうかと聞いてみました。
すると、基本、出来なくなったことの経験から予想以上に高く飛んだりとか慎重になることは多いのだけれど、場合により神経系統の問題で特に小脳に問題がある場合にも見られることもあるとのことでした。
こちらは今度の経過を見ながら判断していきましょうとのことで、わらびの採血をしてもらうことにしました。
つくしやこごみのように、やはりとても時間がかかり、診察室へと呼ばれました。
すると先生が、採血できなかったとのことで、異様なほどの手の引き方で、首からの採血も考えたのですが、聞いていた話からもしかすると神経系統、特に小脳の問題から知覚過敏のような神経系統の流れている部分の神経過敏などがあり、また心臓のこともあるので、また次回チャレンジしますということでした。
そしてその神経系統の問題は、手を異様なほど気にして舐めたりすることもひとつの要因なので、このことについては次回採血の時にまた診ていきましょうとのことでした。
昔先生から、わらびの神経質は小脳の問題の可能性もありそうだと話していたこともあるので、お散歩の遅さや歩き方の不自然さ、そして高さ認識の低下、そしておしっこの時のスローな動作はその現れなのかも知れないですね。
いずれにしてもこれらの症状が今以上に悪くならなければ大丈夫なのでしょうから、現状のまま落ち着いてくれるといいですね。
我が家では、わらびが一番の健康優良児と思っていましたが、過信をしていてはいけないですね。
また次回採血時に、いろいろとお話を聞いてきます。

今日は

つくしのGME検診と心臓検診です。

そして病院はリノベーションされて、とても綺麗になっていました。

この1ヶ月ほどで以前よりも心音が大きくなってきたようで、胸に手を当てるとその違いもわかり、そして一緒に寝ているとつくしの心音が感じられるほど大きくなってきてました。
そしてここ3日ほど前から調子はあまり良くないようで、だからと言ってどこかが悪いとか言うわけではなく、そんなことを記憶の中で辿っていくと、今から6年前の脳炎発症時のなんとなく不調から始まった、楽しかったり嬉しかったことが少しずつなくなり、そして一つ一つ出来ていたことが出来なくなってきた時を思い出しました。
ただ加齢によるところもあるので、一概には言えないのだけれど、なんとなくあの時のことを思い出し、心の中が少しザワザワと感じています。
これら事を先生に伝えると、再発以外では脳炎の判断は難しいので、今1番考えられることは心臓のことなので、心電図をとり念入りに検査をしてくれました。
心電図では特に問題はないけれど、心雑音についてはそれほど大きく変化をしてはいないけれど増えてはいるので、一度薬を変えて様子を見てみることになりました。
今回の薬は「ピモベハート」、心不全の改善薬で、先生曰く、心筋の活性化をしてくれる最近は良く使われる薬とのことでした。
1日2回の服用で、もし不調が見られた場合には中止して病院の方へ連絡をくださいとのことでした。

と、診察はこんな感じで終わりました。

天候も悪いので、これが抜けてくれば、ワガママすぎるほどの元気さは嫌という程また戻ってくるのだろうと思います。

またまたご心配おかけします。

今週末は。。。

土曜日の出勤予定がなくなり、天候がイマイチでこごみの体調もイマイチだったので、みんなでお家でのんびりとしていました。

そんな中、こごみはこんな感じのダッコでご満悦、でした。

そんな中、あまりにも気持ちよかったのか、大あくび。

その後は、こごみの体調もそれほど悪くなることなく、一日が終わりました。

そして今日はお墓参りの予定でしたが、昨日の雨で道がぬかるんでいるかも、と言うことで、またお天気の良い時に、と言うことになりました。
少し肌寒かったので、またまた近場散歩をすることにしました。

あまりの寒さのせいか、わらびの足取りがひどく、しばらくは歩くことが大変そうでした。
筋力も落ちてきているので、少し暖かくなったら少しずつ歩くようにしないといけないですね。
つくしは変わることなく、そしてこごみは調子が良かったのか、特定の場所で20mほどはちゃっちゃかと歩いてくれました。

ぐるりとショートコース+αでお家へ帰り、その後はおやつタイム。
つくわらこは、お散歩よりもこれが楽しみのようですね。

その後は、いつもと変わらず、のんびりまったりと週末を過ごしました。

うれしいこと

​今朝、たまに会うキャバリアちゃんに会った。 その子は1年以上前から首から下がうまく動かないようで、改造された台車に乗せられ毎朝散歩をしていました。 最近はずーっと寒かったので、お散歩出るのも大変なのかなぁ、とかもしかしたら病状が悪化したのではと、ひそかに思っていました。 すると今朝、補助は必要ながらも歩いている姿を見て思わずガッツポーズをしてしまい、朝からとても楽しい気持ちになりました。 頑張れば、叶う奇跡もあるんだね。 今日も一日、がんばろ~~。 #チワワ #chihuahua #ロングコートチワワ #つくわらこ #こごみ #嬉しい事

Toshio Niwaさん(@croco_ox)がシェアした投稿 –

週末〜

今日は朝から雨。
そして寒い。。。

今日は、おじさんのお墓参り、の予定だったのですが、あいにくの雨だったので、みんなでおうちでのんびり、まったり、です(笑)。

そして、おとうちゃまのMacの補修部品の一つが届くので、それを待っていると、玄関ベルが「ピンポ〜〜ン」と鳴りました。
でも珍しいことに、つくわらこは反応せずに、とても静かでした(驚)。

荷物はひとつのはずが、なぜか2つ?。

???

見てみると、ブロ友、わん友のたけさんから、ネコロジー便が。。。

開けてみると、

つくわらこのキーホルダー、そして私たち用のお菓子、でした。

いつも気にしてくれて、ありがとうございます。
気持ちだけでも十分なのに、ありがとうございます。

可愛らしいキーホルダーで、どこに付けようかと悩みます。

ありがとうございます。

そして、そんな嬉しいプレゼントをもらったにも関わらず、いつもと変わらないネムネムなつくわらこ、でした(笑)。

トリミングとおさんぽ

24日(金)は、お休みをもらって、つくわらこのトリミングに行ってきました。

こごみがお出かけ前に、右目が開かなくなっていたので心配していましたが、それ以上悪くなることはなく、そして手足の震えも起こることなく、大丈夫でした。

そして、25日(土)は、昨日の夜中からおとうちゃまのMacが不調になり、その一時的な修復でつぶれてしまいました。
とりあえず、応急処置をして、また後日、ハードディスクを入れ替えが必要になりそうです。

夕方になり、つくしがお散歩に行きたそうにしていたので、つくしだけ〜、と思っていたのですが、いつのまにやら、わらびとこごみも起き出して、じゃあみんなで行きましょうかということで準備をして出かけようかとすると、いつものわらびの焦らし作戦。
なぜかお出かけ時には必ずわらびのする行動で、一旦逃げてこちらが追いかけて〜、を何度か繰り返すと。じゃあ行きましょか〜、という感じで抱っこをさせてくれるのですが、今日はなかなか抱っこをさせてくれないので、つくしとこごみだけでお散歩に行くことにしました。

外に出ると思っていたよりも寒くて、でもつくしはそんなことはお構い無し。
昔から寒い日のお散歩は問題なくて、ガシガシをお散歩を始めました。
こごみも、いつもの場所まで行くと、足が悪いながらも頑張ってお散歩してくれました。

こごみはその後、抱っこをされておうちへ帰ってきました。
つくしは一生懸命お散歩してくれました。

近くの小学校の桜も、ポツリポツリと咲き始めていました。

そろそろみんなでのんびりと、お散歩が始められそうだね。

少しずれていたけど

昨日から今日(21日)のお昼にかけて、気圧が不安定になっていたけど、それが抜けた晩御飯時から手足の震えが出ました。

手足が硬直して立てなくなったけど、食欲だけはなくならないのが、こごみのすごいところです。

疲れてきたのか、先ほど寝始めてくれました。

昨日と今日は

昨日(19日)は、つくし号のぺちゃんこになったタイヤを直すためにパンク修理にしようかと悩んだ結果、タイヤ交換をすることにしました。
そして格安タイヤ屋さんで、と思っていたのですが、今日の今日で取り付けはできないので、色々と近場のタイヤ屋さんに電話をして、結局、トヨタさんがお得だったのでお願いすることにしました。
純正で付いていたタイヤはブリジストンエコピアだったのですが、ダンロップエナセーブにしてみました。

私、結構ダンロップ好きなこともあるので個人的な感想になりますが、街乗りのロードノイズが少し減ったようで、そして乗り心地が良くなったような気がしました。
ただロードノイズも、低速域、中速域では少なくても、高速域になると多くなりそうな気もして、そして乗り心地も高速走行になると柔らかさが目立ち安定性がなさそうな気がします。
またそれは高速に乗った時にでも体感してみます。

タイヤ交換を済まして、その後は花粉の多いので、お家でのんびりとしていました。

そして今日は、朝から花粉がひどかったので、またまたお家でのんびりとしていました。
でもお家の中にいる方が、目や鼻はひどかったかもしれないです。

夕方になり、みんなのお散歩で、近所を散歩することにしました。
最近、つくしは耳が遠くなってきたこともあり、ワンワンとうるさくなったので、それに便乗してこごみは反応して手足の震えが起きることが多く、そしてお散歩のその殆どが抱っこなので、つくしとわらびだけで近所散歩にいってきました。

わらびは昔からそれほど歩くことは早くなく、ちょっと小走りでつくしの後を追いかけたり抜いたりしていましたが、最近は小走りも出来ずにつくしの後を追うこともできずに、写真のようにかなり離されてしまうことも多くなりました。

なんとか追いかけ、立ち止まったところでふたりの写真を撮ろうとすると、ふたり合わせてカメラ目線をしてくれることはなかなか出来ず、こんな感じの交互のカメラ目線になってしまいました。

そして駐車場まで来ると、同じ場所をまるでシンクロしているかのように、クンクンと匂い嗅ぎ。。。

そして、駐車場を抜けて自宅へと戻りました。

お散歩する度に思いますが、つくしもわらびも年を取りましたね〜。
特に今日は、わらびが老いたことを感じられたお散歩でした。

今日も色々と。。。

今日(18日)は、朝から私の眼科検診。

良好で、来月、視野検査です。
会社の方の奥様が、同じく緑内障の予備軍、ということで、その方が「視力を失わない生き方」という本を図書館で借りてきたので、それを少し読ませていただきました。
とても勉強になりました。

そして、わらびとこごみの検診でいつもの病院へ行きました。


わらびの心臓は、大きな変化はなく、心音も肺の音も良好のようでした。
そしてお尻の辺りを触られるのを嫌がっていたので、それも診てもらうと、お尻よりも背中から腰にかけて違和感を感じている部分があり、神経痛と言うほどではないのだけれど色々と違和感を感じ始めていることもあるので、痛み止めを5日服用してみて、そして手足も舐めることも多いので、その辺りも含め、様子の変化を見てくださいとのことでした。

そしてこごみは、歯の問題もあったので全体的に診てもらいました。
悪い歯はそのまま抜くこともできるのだけれど、根の方までひどい炎症を起こしている訳ではないので、自然に抜けるのを待ちましょうとのことでした。
そして手足の震えと歯の影響についても、特に呼吸系、鼻づまりなどについてはあるのだろうけど、根の方までの炎症は大丈夫なので、それほど大きな影響はなく、今まで同じような対応をしていくしかないでしょうとのことでした。

全ての診察が終わったのでそのまま自宅へ戻り、そして特にお出かけ予定はなかったので、久しぶりにつくし号を洗車しに行こうかと洗車場へ向かうことにしました。
去年からきちんと洗うことはしていなくて、トヨタで板金をしてもらった時に洗車をしてもらっていましたが綺麗な洗車の仕方ではなく、特にルーフはベンチレーターが付いていることから行ってくれず、かなり汚れていました。
本当は朝のうちに行って綺麗に洗車しようと思っていましたが、時間も時間なのであまり手をかけずに今日は簡単に汚れを落とすだけにしようと洗車をしていると、なぜか助手席側のタイヤがエアー抜けしたかのようになっていました。
段々とタイヤが潰れてきて、完全にパンク、してました。

洗車場の方に近くにあるタイヤ屋さんなどのお話を聞き、いずれにしてもまずは邪魔にならないところに移動してから考えることにしました。
エアーの抜けは緩やかだったので、なんとか移動して、いずれにしてもスペアタイヤに付け替えなければどうにもならないだろうということで、その場をお借りして交換をすることにしました。
ジャッキの場所がわからず、そして次にスペアタイアを下ろすためのロックを外すためのボルト位置が見当たらず、仕方がないので、トイファクトリに連絡して教えていただきました。

スペアタイヤ、納車されてから外したことがないので、めちゃくちゃ汚れていました(笑)。
なんとか交換を済ませ、洗車途中のビチャビチャのボディを簡単に拭きあげて、とりあえず自宅へ戻ってからその後を考えることにしました。

洗車場の方には近くのお店を教えていただいたのですが自宅からは遠いので、近場で探すことにしましたが、さてさて、どこで直してもらいましょうか。