昨日のつくし

通院日でした。

今日(12日)は担当の先生が早番ということで、無理をせずいつもの時間に行くことにしました。
時間予約はしても先生を指定しないで行くのでその時間に空いた先生に診てもらうのですが、今日(12日)は待っている人がそれほど多くないのになかなか順番が回ってきません。
不思議に思っていると、担当の先生が一度帰ってからわざわざ来てくれたようです。
有難いことです。
先生は明日はお休み、そして今週はいないことが多いようなので、今日(12日)はわざわざ来てくれたようです。

さて診察です。
今日(12日)は朝からご飯が食べられず、そして内容物のない嘔吐を2度ほどして、朝から元気がありませんでした。
でもお昼過ぎからおやつは食べることが出来、少しずつ上向きに戻っている感じでした。
このことを先生に伝えると、
点滴で吐き気止めを入れていない時に調子が悪くなることが多いようなので、とりあえず吐き気止めの薬を出してくれました。
もし吐いた時でも飲むことが出来ればかなり落ち着くので、状況をみて使ってください、とのことでした。
そして右耳を異様なほど掻いているのでそれも伝えると、耳掃除をしてくれて、かなり汚れていました。
途中でティッシュなどで汚れを取ると、ブチ切れていました(笑)。
我が家でも今年になってからなのですが、顔を拭いたりするとブチ切れるようになっていて、理由がよく分かっていません。
ちゃんとした理由があるとは思うのですが、分かりません。
そして点滴を150入れて、針を刺すときに少しだけ切れていました(笑)。
これだけ切れることが出来るので、全体的に上向き状態になっていると思います。
そして、肝臓の話や貧血、そして点滴のことについて色々とお話を伺って、診察は無事終わりました。
次回は先生が早番で、その次も早番なので、お会いできるのは日曜日になりそうです。
それまでにはもう少し安定して、血液検査の結果も良くなっているといいのですけどね。

体重:2.100g

診察が終わると、余裕なのかとても疲れたのか、待合室なのにだらけていました。

そして少しお散歩をして、帰り道に私たちのご飯を買って、帰りました。

晩ごはんも待ちわびるくらいガツガツと食べてくれ、今日(12日)の朝の様子が嘘のようです。

そしてその後はのんびりと、夜の薬の時間までぐっすりでした。

さてお楽しみの同じ内容の(笑)「つく散歩」、公開です。
病院からの帰りは、よほど疲れていたのか、はたまたボケてしまったのか、ショートカットして「あれ?」って感じです(謎)。

お楽しみに~~。

元気にしていました

​暫くお休みしていました。

こごみの初めての月命日を迎え、ちょっとした脱力感に見舞われ、そして疲れも溜まっていたのかヤル気がゼロになっていました。
でもその気持ちに反して、つくしは元気に過ごせています。
ありがたいことです。

まず金曜日(9日)から。
朝晩どちらのごはんもしっかりと食べ、そして薬もバームクーヘンに入れたり、ヨーグルトに入れたりと誤魔化せているようです。
そしてこの日はご近所のわんこお散歩お友達が、こごみとそしてつくしの様子を見に、我が家に来てくれました。
つくしが小さいころからの知り合いで、おかあちゃまが初めて公園で作ったわんこ友達。
つくしの最初のボーイフレンドのお母さんも来てくれて、もう忘れているかと思っていましたが、しっかりと覚えていました。
もう一人、つくしが大好きなパピヨンのお母さんで、同じく喜んでいました。
久しぶりに会ってそして沢山撫でてもらって、とても嬉しかったようです。
暫く昔話に花が咲き、沢山おしゃべりさせていただきました。
ありがとうございました。
そしてその後つくしは疲れたようで、爆睡でした。

そして土曜日(10日)。
つくしは朝ごはんを済ませると、気持ちの良い場所を探してくつろぎモードです。

お昼ご飯を食べて暫くすると、別の昔からのお友達が我が家の心配をして来てくれました。
その方は、つくしと暮らし始めてホームページを開設した時からの知り合いで現在まで長く親しくさせてもらっています。
我が家と同じわんこ構成で、そして同じように二女、長女を亡くされて、そんな大変な中、我が家の心配をして来てくれました。
そしてなんと今日は、ずーっとどこにいるのかわからなかったこごみを、一緒に連れて帰ってくれました。
見た瞬間もそうですが、本当にこごみそのままで、「お帰り」と言ってしまうくらい嬉しかったです。
ありがとうございます。

そして沢山お話をして、つくしのことも沢山アドバイスを頂きました。
落ち着いたら、花ちゃんに会いに行きますね。
ありがとうございました。

そして夕方から病院です。

今日も朝ごはんはしっかりと食べられ、そして薬もなんとか誤魔化しながら飲ませることにも成功でした。
そんなこともお話ししながら、心音も肺の音も特に変わりなく、ただおなかの音が結構していたようですが食べられていると言うことで問題はないでしょうとのことでした。
そして前回、右前足付け根あたりに見つけたデキモノの検査をしてもらいました。
結果、両性の腺腫で問題はないのですが、今後大きくなったりすると腺癌になることもあるので気を付けて見ていきましょう、とのことでした。
そして前回と同じく点滴を多めに入れてもらい、診察は無事終了しました。
でも今日の点滴は下手くそで(笑)、右側に大きく偏っていました。
そのため歩きにくいし、ふらつくしで、「つく散歩」は大変のようでした。
でも自宅へ帰ると、歩きにくそうでしたが気にすることは特になく、晩ごはんもしっかりと食べて、のんびりと過ごしてくれました。

2,150g

そして昨日、日曜日(11日)です。
この日は何も用事がなく、みんなでお家でのんびりとしていました。
そう言えば、ずーっと長い間つくし号の洗車をしてなくて、汚れたままの状態でした。
我が家のつくし号の購入理由が、こごみの病院通いで少しでも快適に過ごせるような環境を、ということが一番の理由でした。
それから普通のお出かけにも使い、つくし、わらび、こごみと楽しい時間をたくさん過ごさせてもらいました。
実は今回のつくしとこごみのことで、手放すことも考えていたのですが、もしかするとこごみがまだ自動車の中で「早くお出かけしないの?」と待っているかも知れないので、暫くは乗り続けていくことにしました。
と、そんな思いのあるつくし号がひどく汚れていて、もしかするとこごみが悲しがっているかも知れないので、久しぶりに力を入れて洗車をしてきました。
溜まった汚れは沢山あったけれど、少しずつ奇麗になるにつれ、こごみも喜んでいるような気がしました。
さてこれでいつでもお出かけ、出来るね。
でももう少し、つくしの体調が落ち着くまで、待っていてね。
それまでは嫌かもしれないけれど、つくしの病院の時に一緒に付き合ってくださいね。

久しぶりの洗車ですごく疲れてしまい、その後も一日ゴロゴロしていました。
でも夕方になりおかあちゃまが買い物に行くと、わらびがソワソワ、そしてつくしもソワソワし始め、何やらお散歩の催促をしているようでした。
なのでおかあちゃまが買い物から帰ってくると、みんなでお散歩に行くことにしました。
つくしはとても調子が良いようで、気持ちよさそうにお散歩をしていました。
でもわらびに負けじと思うのか、普段病院帰りとは違い小走りしてわらびに競っている様子も見られちょっと心配でしたが、つくし自身も無理はせず歩みがのろくなったら途中でだっこをしてお散歩をしていました。

その姿をみると、こごみの姿を思い出し少し心も痛くなりましたが、こごみもきっと応援してくれている、そしてつくしも一生懸命頑張っているので、もっともっと頑張ろうと感じさせてくれました。

その後は晩ごはんも催促するくらいしっかりと食べ、水もたくさん飲んで、ゆっくりと過ごしました。
でも薬をご飯に入れてみたのだけれど、腎臓のお薬だけ吐き出し、その後大好きなかぼちゃに包んであげると、「なんで美味しいものにこんなまずいもの入れるんだ!」とブチ切れていました。
分かるんですね~。
また色々と考えないと、いけないですね(笑)。

さて最後に皆様お待ちの?「つく散歩」、アップします。

土曜日の診察前、そして診察後、点滴が右に偏って歩きづらい様子の2本。
そして日曜日のみんなでお散歩した「つくわら散歩」の2本をお送りします。
お楽しみに~。

昨日のつくし

さて、つくしの通院日です。

朝から調子のよい一日でした。

朝ごはんもしっかりと食べ、そしておやつも。
久しぶりにヨーグルトを食べたので、その中に薬を入れるときれいに食べてくれました。
久しぶりの薬の時間のつくしとおかあちゃま、ストレスフリーでした。

そして病院から帰ってからも、晩ごはんはしっかりと食べました。
ただ夜の薬は、ヨーグルトで釣るもダメ、そして最近よく食べてくれるバームクーヘンは食べたけれど、薬を入れると奇麗に薬だけ出してダメ、でした。
なので強制的に飲ませることに。
この時間さえ無くなれば、いいのですけどね。

さて肝心の診察ですが、
特に問題なく終わりました。
前回の腎臓の数値があまり良くないので点滴を毎日に変更をしたい先生だったのですが、私たちの負担を考えて一日置きを変えずに考えていてくれたのですが、やはり量が少ないだろうということで、前回と今回と増やしてみることにしました。

80ml -> 100ml -> 120ml -> 150ml

たぶんこんな流れになっていたのかな、と思います。

先生はまだ大丈夫と言っていましたが、つくしの体重からするとやはり量が多いので、背中がタップンタップンです(笑)。

そして心音は変わらず、肺の音も奇麗、おなかの音も大丈夫、とのことでした。

点滴前にアシスタントとして付いていた研修生の方が、つくしの右前足根本横にできものを見つけてくれて、見た目などから先生は大丈夫でしょうが一応検査をしておきますか、ということで検査をお願いしたのですが、点滴をやっているときに先生に色々とお話をしてしまったため、先生も私たちもうっかり忘れてしまい、診察が終わった後に待合室で先生から次回土曜日に来た時にでも検査をしましょう、とのことになりました。

いつから出来ていたかは覚えていませんが、かなり前から気づき、その後は大きくも変な柔らかさもないので、大丈夫かと思います。
とりあえず、土曜日、診てもらいます。

と特に大きな問題もなく診察は終わりました。

体重:2,150g

そして病院への行きの空の写真。
左真ん中あたりに白いまあるい雲がポツリと浮かんでいて、なんとなく目についたので撮りました。

そして診察前はブルブルと震えていましたが(嫌がるということは我が家の子では調子が良いことが多いです)、

診察が終わると、余裕でした。
なんとなくホッとした感じがあると思いませんか(笑)。

そして今日の「つく散歩」。
病院までの足取りは重いのですが、おかあちゃまを見つけると快調に歩き出した1本、そして診察終わりの帰りは、背中の点滴が重く足取りも重い、そんな2本でお送りします。
でお送ります。

お楽しみに!(笑)

月命日

​今日はこごみの月命日です。

あれから一か月も経つのですね。
早いような遅いような、夢のような一か月でした。

こごみの匂いのついたタオルも時間とともに匂いが薄れ、そして記憶からも少しずつ薄れてきています。
お出かけした写真はたくさんあるのだけれど、こごみが本当にここに居たのか、分からなくなることがあります。

一番私たちを見ていた子。
写真を撮ると明らかで、我が家では一番のカメラ目線の子。
それだけずーっと私たちのことだけを見ていてくれました。

今は見ていてくれるのかな。

そして今日はつくしの通院日です。
こごみは、ちょうど一か月前のこの日に心臓検査を行い、そのまま旅立ってしまいました。
今でもその時に戻ってやり直したいと思います。
今日はちょっと通院が辛いです。
でもつくしのために頑張っていかないと。

そして「昨日のつくし」ですが、終始穏やかだったそうです。
朝ごはんも食べ、そして晩ごはんも食べ、おやつも食べ、落ち着いた一日のようでした。

夜になり、ひめたんママさん宅へ届け物をしに行ってきました。
渡すものだけ渡して帰ろうとしたところ、将くんを連れてきてくれました。
つくしは将くんが好きで、昔一緒にお出かけしていた時にはよく遊ぼうよ、としていたことが記憶にありました。
そんなことも考えずに将くんを触ったりしていて、少しお話をして自宅へ帰り、つくしに将くんと会ったことを伝えると、おかあちゃまの手に将くんの匂いが残っていたのか、おかあちゃまの手に遊ぼうよをするかのようなしぐさを見せてくれました。
この姿も最近では見たことがなく、見た瞬間、昔のことが蘇り、驚きと感動をしてしまいました。
ちゃんと覚えているんだね。
もう少し元気になって外にお出かけできるようになったら、一緒に遊びに行こうね。

今日はそんなつくしの姿をアップします。
「つく散歩」をご期待の方には残念ですが、また次回をお楽しみに。
そして他写真もアップします。

ちょっとショック

​昨日は一日置きの通院日でした。
いやいや、この一日の間が、とても長く感じました(笑)。

一昨日(5日)の夜もご飯は完食したのだけれどなんとなく元気がなく、そして昨日の朝ごはんは食べられずでした。
ただ夕方近くになりお肉を湯がいたものを食べてくれたので、そして吐く様子も見られなかったので安心できました。

この事を先生にお伝えすると、たぶん調子が上り調子になってきているのもあり、そして血液検査も1週間経ち心臓の検査もかなり経つので、検査をして見ましょうとのことになりました。

結果、心エコー検査は変わりはなく、血流速度、主に肺水腫の目安となるものですが、100前後で落ち着いているので、安定してとても良いでしょうとのことでした。

ただし血液検査の結果は、

BUN 81.0 -> 140.0 mg/dl(7.0~27.0)
CRE 3.4 -> 3.8 mg/dl(0.5~1.8)
PHOS 4.8 -> 9.8 mg/dl(2.5~6.5)
LIPA 429 -> 1000 u/l (0~160)

で、悪化をしていました。
食事もでき、調子も上がってきているので、先生も驚いていました。
本来ならばまた点滴間隔を空けようかと考えていたそうですが、私達の負担を考えてか現状の1日置きで、今回は少し量を増やして様子を見ることになりました。
そして先生から「慢性」という言葉も2つ、聞き出してしまいました。
なので数値的に良くなることはないけれど、これからは調子の良し悪しが判断の目安となるようです。

私たちも少しだけ(実際はかなりですが)期待をしていましたが、残念な結果になってしまいました。
ただお散歩は出来るし、ご飯もなんとか食べられているし、もともとはそれだけでも良いと望んでいたので、今の現状は十分だと思うようにしました。
何よりも心臓が落ち着いていてくれているので、心臓<>腎臓の負のスパイラルに入らずに済んでいることは、良いことなのだろうと思います。

そして昨日からあまり調子の良くなかったつくしさん。
帰り道での散歩もトボトボで、体調の良さを感じることが出来ませんでした。
でも自宅駐車場へ着き、抱っこして歩いていると途中で「降ろせ!」と珍しく暴れました。
そして自宅近くでそのまま歩かせてみると、トボトボですがウロウロし始め、そしてめったに行かない場所へ行こうとしたり、その後もまだまだお散歩したい、という気持ちを見せていました。
でもわらびがおなかを空かして待っているので、後で行こうということでお家へ戻ることにしました。

晩ごはんを用意すると、今までとは打って変わってガツガツと食べていて、途中おかあちゃまが薬を寄せようとスプーンを皿に差し込むと、「ワン!!(触るな!!)」とブチ切れていました。
これだけ見ていると、血液検査の結果が実は間違っているのでは、と思ってしまうほどの様子でした。

そして食事後、暫くしてから夜散歩につくしを誘うと拒否。
仕方ないのでわらびだけ連れてお散歩に行ってきました。
こごみもいなくて、つくしもいなくて、いずれはこんな日も来るのかなぁ~と、二人でしみじみと話していました。
わらびはとても良い子で、私たちやつくしの先導がなければ自分で散歩する道を決められません。
そのためか今日(6日)は同じ道を2度、通っていました(笑)。
しっとりとしたわらびとのお散歩から自宅へ戻ると、少し不機嫌そうなつくしの姿がありました(笑)。

そして夜の薬はとても嫌がりましたが、なんとか飲ませ、その後は落ち着いて寝てくれたようです。

ただ朝方に、嘔吐した後がありましたが(爆睡していて気付きませんでした)、今朝のつくしの様子を見ると熟睡していたので、吐いてスッキリしたいのではないかと思っています。
膵炎の関係でいうと、下痢と嘔吐が続かなければ良いのだろうから、今回はそれですっきりしてくれているといいのですけどね。

今日(6日)と今朝のつくしの様子はこんな感じでした。

さぁて、お待ちかねの「つく散歩」、久しぶりにアップです(って一日だけですが(笑))。
今回は、病院帰り編、近所編、そして豪快な食べっぷりの「つくわらごはん」、そしてつくしは夜散歩を拒否したため、珍しい「わら散歩」の4本です。
どうぞお楽しみください。

無事退院できました

おかあちゃま、本日お昼に無事退院ができました。

ただアレルゲンの特定はできておらず、また検査には現在の症状が落ち着くまでの2週間はアレルゲンの特定ができないため、検査は2週間後になります。
それまでは、食事には注意をするしか無いようです。
また今回のような場合は、必ず救急車を使ってくださいと言われました。

さて検査ができる2週間、そして結果が出るまでを考えると、長い期間注意をしないといけないですね。

色々とご心配をいただきまして、ありがとうございました。
ただでさえ色々な事が重なってしまっていますが、私たちの体も気をつけながら頑張っていきますので、これからも宜しくお願いします。

そしてつくしは、元気に過ごしております。
食欲もあり、とても落ち着いています。
ただ少し咳と鼻水の多さが気になるところですが、また明日検診がありますので、お話はしてこようと思います。

簡単ですが、御礼とさせて頂きます。
ありがとうございました。

最後に今日のつくしとわらびをアップします。

色々

昨日は沢山の事がありました。

つくしは朝ごはんは食べられずで、お汁を飲んだだけでした。
カステラだけは食べられました。

そして1日置きの病院でした。

午前中の診察だったので、ご飯を食べてしばらくしたらお出かけです。
診察は無事終わり、そして調子が悪いことについては、現状心臓の音は変わらず、肺の音も綺麗で、お腹の音も痛みも無いようなので今日1日様子見をして調子が悪いままなら明日(5日)に点滴をするようになりました。
そして点滴する時には、いつものように先生に怒っていました(笑)。

2,300g
体重めちゃ増えました。
ただ急激に増えたこともあり、体調不良はそのこともあるのかも、と言われていました。

帰って来てから元気はあまり無いですが、カステラは食べているので、それほど悪い状態では無いようです。
先週の日曜日と同じように、午後まで休んで復活してくれると期待します。

そしてお昼になり、駅前に出来たラーメン屋を食べに行き、帰り道に不調を訴え始めたおかあちゃま。
自宅へ帰るとより一層酷くなり、急遽病院へ。
アナフィラキシーショックでした。
以前もある食材で起こした事があり、その後検査をしようにもその病院は閉鎖してしまった事があり、その後症状が起こっていなかったので忘れていました。
今回はまだ本人の意識があったので良かったのですが、呼吸がしづらい状態になっていたので、先生からはアレルゲンの特定をして注意しないと死に至りますよ、と厳重に注意されました。
そうです、本当にそうでした。
現状は落ち着いていても、遅れて症状が出てくることもあるので、入院をオススメします、とのことで、即入院となりました。

その後は、入院の準備、そしてつくしとわらびの日常のこと。
普段私はつくしとわらびの日常の事をした事がないので、この時ばかりは大変でした。
薬のこともあるので、一旦自宅へ戻り、入院の準備と飲ませる薬を持っていて、あとは食事。
たくさんレクチャーを受けて来ました(笑)。

なんとかパニクりながらも、どうにか済ます事ができ、毎日こんなに大変な事をしているんだと、実感、そして感謝でした。

今先ほど、朝ごはんも無事あげる事が出来ました。

さてあとはつくしの薬を飲ませて、おかあちゃまの具合により、今日退院が出来ると思います。
ただしアレルゲンの特定が出来ていないので、注意は必要なのでしょうけど…。

そんな感じでしたので、「つく散歩」はしばらくお休みすると思います。
また次回をお楽しみにしてください。

昨日の夜、私だけが帰ると、最初はつくしが待っていましたが暫くすると諦め、でも次はわらびがずーっと玄関の方をみて待っていました。

その後、晩ごはんはしっかりと食べられてよかったです。

でもその後も、わらびだけ玄関見ながら待ち状態を続けていました。
つくしは、お疲れモードで寝ていました。

つくしの体調も無事戻りました。
色々な事が重なりましたが、落ち着いてくれていてよかったです。

そしておかあちゃまも落ち着いているようなので、早めの復帰を期待したいです(笑)。

さて、また1日が始まります。

頑張りましょう!。

久しぶりのお友達

昨日は、つくしの公園仲間の方がお家に来てくれました。

もともと近所に住んでいた方なのですが、ワンちゃんとアジリティのトレーニングが自宅で出来るようにと千葉の方へと越していかれて、とてもその世界では有名な方です。
なかなかお会いすることが出来ず、結局はこごみのこと、そしてつくしのことで良い報告ではない形での再会となりました。

お忙しい中、たくさんのお話を聞いていただき、ありがとうございました。
参考になるお話もたくさんいただきました。
ありがとうございます。

つくしが落ち着いましたら、是非遊びに行かせてください。
ありがとうございました。

さて、「昨日のつくし」です。

久しぶりのお友達がいらして、とても喜んでくれました。
覚えているものなのですね。
でも疲れてしまうので、しばらくするとバリケンへ、でも気になるのでまた出て来て、の繰り返しでした。
そして私たち以外の人がウチにいることは、やはり疲れるのですね。
その後はお疲れモードでした。
ご飯、おやつは食べるのだけれど、なんとなく覇気がない感じ。
晩ごはんを済ませてから、何となく落ち着かなかったので、ウンチさんもしたいのだろう、そしてウンチさんが出来れば少しは元気が戻るかと、夜散歩に行きました。
元気なさげに歩いていると、ウンチさんをしてくれて、これで少しは元気が戻るかと思っていると、あまり変わりません。

とりあえず辺りをつくしの好きなように歩かせ、そしてお家へ帰って来ました。
エレベーターの中でも、ズーンと元気が無く、

自宅へ戻ると、終始お疲れモードでした。

でも面白いと言いますか、当たり前でしょうけど、今のような病気が何もない時と今では、心配の仕方も変わるものですね。

以前はこのくらいなら明日には治るだろう、と思うことが多かったのですが、今はそのちょっとした変化がとても気になり、ドキドキすることが多くなりました。
どんな時でも、どーんと構えていられるパパ、ママになることは、とても難しいことですね。
我が家も一度はお別れしたつくしの命。
覚悟をしているつもりでも、やはり毎日がドキドキの連続です(笑)。

最後に、昨日の「つく散歩」をアップします。
あまり覇気がなかったので、何枚かを切り貼りしました。

では、お楽しみ?、ください。

昨日のつくし

昨日はあまりの疲れから、爆睡してしまいました。

なので昨日の途中までの記事の続き、です。

・・・
今日は、朝ごはんもしっかりと食べ、おやつ(カステラ)も食べたので、薬はそちらに忍ばせました。

さて今日の病院は、担当の先生が早番なので、おかあちゃま一人での通院です。

お昼過ぎには雨が降りそうな天気になったり、そして出がけには風が強く、病院まではタクシーで行ったようです。
今日はタクシーがお家を出てすぐに捕まえられたそうで、早めに病院に着いてしまったようです。
病院も空いていたようで、それほど待つことなく診察が出来たそうです。

診察は大きな問題もなく、気になっていることいくつか聞いてみました。

病院からの帰り道でテンション高く自動車から降ろせとバタバタし始め、降ろすと心配になるくらいガシガシとお散歩を始めてしまうことについて、
もしかすると点滴に入れている薬の一部が興奮をさせるような成分があるため、今回はそちらを外してみることに。
前回、自宅へ着くと手が少し震えるようなことがあったのですが、そちらは整腸剤プリンペランが筋肉の硬直、ぴくつきを起こすため、そちらはやめたことがあったのですが今回もこの薬が出たようで、今回何を止めたのか詳細がわからなかったようです。
とりあえず今回の帰り道は、以前とは異なりテンションが低く、少し震えていたようでした。

そして腎機能、心機能を左右するリンを過剰にしないためのリン吸着剤を飲んでいるのですが、そちらを水に溶かしシリンジで与える時に失敗すると口の周りが赤く吸血鬼のようになってしまうので、良い方法はないですかと聞くと、
別の種類で無味無臭のカリナール1があるので、そちらを食事に入れて試してみてくださいとのことで、1日分だけ頂いてきました。
気にせず食事で摂ってくれると、飲ませる薬の数が減るのでいいのですけどね。
早速明日に試してみます。
点滴を始めると、久しぶりに先生に切れていました(笑)。
昨日は何もなく、すっと入れられたのですが、日によって体調、気分が違うのでしょうね。
咳も少し増えてきたことをお話しすると、心臓の音も変わらず、そして肺の音はとても綺麗、ということでひどい咳では無いようなので、大丈夫でしょうとのことでした。
最後に、体調がとても落ちていて、ご飯も食べられ、動きも元に戻ってきているので、来週の血液検査を目安に、また点滴の間隔を空けることを考えてみましょうとのことでした。
まだ血液検査を行っていないので分かりませんが、良い方向へ向かってくれている、ということなので、良い結果が出ることを期待したいです。
あっ、でも毎回期待してガックリすることばかりなので、まあ少しでも良い方向へ向かっていれば、ヨシ、としましょう。
今回も無事診察は終わりました。

その後待合室で待っていると、以前担当の先生と一緒にみて頂いたことのある女性の先生がつくしのことに気づいてくれたようで、元気になっていることなどなどをお話しすると、抱っこをして喜んでくれたそうです。
先生たちにも喜んで頂いて、本当に嬉しく、そして有難いことです。
ありがとうございます。

次回は一日置きの日曜日です。

2,150g

そしてお家へ帰る頃に、おとうちゃまから連絡があり迎えに行けるとのことで、そのまましばらく病院で待つことしました。
とりあえず散歩がてら自動車が来る方向へ向かっていると、つくし号が迎えに来てくれました。
そしてお家へ帰り、帰りに自動車の中では、いつものハイテンションはなく、少し震えながらテンションは少し低めのようでした。

自宅へ戻る途中は、今日の点滴は少し片側に偏っていたせいか歩きづらそうで、そして風も強かったので風にも流されていたので、フラフラしながらも帰宅となりました。
今日はいつものように準備もなくお出かけしたため、散歩の動画などを撮ることは出来ませんでした。
お楽しみにして頂いています方々には、大変申し訳ありませんでした。
また次回をご期待ください(笑)。

自宅へ戻ると、おやつも食べずに、寝てしましました。
また調子が悪くなったかと思いましたが、晩ごはん時に目覚めると、しっかりと晩ごはんを食べてくれました。
そして薬も、カステラに忍ばせて、しっかりと食べてくました。
ただ薬を触った指でカステラを触ると、その部分は怪しんで食べてくれなくなるので、薬を手で触らぬようカステラで薬を包むなどの工夫は必要ですけどね。

その後も体調良く、今日も1日が無事終わりました。

さてさて今日は疲れたので、早めに寝ることにします。

・・・

追伸
今朝は、わらびに対して遊ぼうよ行動をしたり、朝ごはんもきちんとリン吸着剤入りで食べてくれました。
元気になってきてくれて、本当に嬉しいです。

一息

つくしは、少しずつ良くなってきています。
出来なかったことが一つ一つ出来るようになり、元気も戻ってきています。
本当に嬉しいことです。

でもつくしが元気になればなるほど、元に戻れば戻るほど、なぜか心の中に大きな穴が空いてきています。

心配事がたくさんの時はそのことだけで心が一杯になっていましたが、私たちが贅沢なのでしょうか、元気になってくると心に余裕ができるのか、その心の余裕にこごみのことがどんどんと入ってきて膨らんできています。

こごみは、どこにいるんだろう。
こごみは、本当にここにいたんだろうか。
なぜ、いなくなったんだろう。
そしてなぜ今。

今日はずーっとこんなことを考えていました。

そして思い出すだけで、たくさん涙が出ます。
でも今は悲しいわけではないのです。
不思議な気持ちです。

おかあちゃまはつい最近、自分の足元に寄ってきたことを感じたようです。
そして昨日の夜中には、こごみが夜中に目覚めてゲージに手を当てる音、そして今日の昼間にこごみに手を合わせた時に、頂いたお花の保護シートが音を立てたことを感じたようでした。
もしかするとこごみはここにいるのかも知れません。
でもまだそれを私たち二人共、素直に感じることが出来ません。

いつか、感じられる日が来るのかな。

今日のつくしはとても穏やかで、ご飯もしっかりと食べ、本当に落ち着いてた1日でした。
皆様からのたくさんの応援、そして私たちにも温かいお言葉をたくさん頂き、大変感謝しております。
ありがとうございます。
心臓はもとより、腎機能、膵臓は、数値的にはまだまだ安心できるレベルではなく、落ち着くかも分からない状態ではありますが、これからもつくしの力を信じて一生懸命応援していこうと思います。

そして今日は通院がお休みとあまりの脱力感に、「つく散歩」、「つくごはん」は撮ることが出来ませんでした。
代わり映えはしませんが、また次回をお楽しみにして頂ければ、嬉しいです。