色々と大変な一日。。。

今日(25日)は、つくしの検診日、そして、わらびとこごみの再採血で通院日でした。


そして今日が大変な一日になるとは、この時、思いもしませんでした。


またまた長文で失礼します。


まずは午前中に、わらびとこごみの再採血で病院へ向かうことに。

つくしはなんとなくポーッとしていたので、置いていけるかなぁ〜、と思っていたのですが、やはり無理でした。

先生にも元気になったつくしも見てもらうことも考え、一緒に病院へ行くことにしました。


と、ここである事件が。。。(って私の不注意です)

まずは駐車場まで、わらびは私が抱っこをして、そしておかあちゃまはつくしとこごみを抱っこして、という感じで自動車の所まで向かいました。

そして手がふさがっているおかあちゃまのために、つくし号のスライドドアを開けるために先にドアを開けようとしていたときに、わらびがそのままシートに向かって飛び出してしまいました。

まだ若い頃のわらびならばそのままシートまで飛んで着地、と言うことが出来たのでしょうけど、3席目の足下に落ちそのままスライドシートの隙間から下のアスファルトへと落ちてしまいました。

慌てて抱えるも左足を痛めた様子で、歩かせると少しフラフラしていたのでもしかすると頭を途中にあるバーにぶつけているのかと思い、そのまま病院で診てもらうことにしました。

私の不注意から、わらびには痛い思いをさせてしまい、頭がパニクりながらも病院へと向かいました。


先生に診て頂くと、

取りあえず、頭などをぶつけた様子もみれず、腰や股関節も大丈夫だけれど、膝を横に少し捻ったためか、そのあたりに痛みを感じているようで、ただし靱帯などを痛めているわけでないので打撲でしょうとのことでした。

今日一日様子をみて、もし痛みを感じているようだったら痛み止めを出しますから、とのことでしたが、痛みが酷ければ連絡して出して頂くことにしました。


いつも飛び出してしまう子なので注意はしていたのですが、今回は完全に私の不注意でした。

幸い大きな怪我にはならなかったので良かったですが、二度とないよう、今後は気を付けようと思います。

そして足のほうは普通にしていれば大丈夫みたいですが、たまに左足に変な力が加わるとビッコを引くくらい痛みを感じているようです。

ごめんね、わらび。

そして、わらびはこのような状態なので採血は出来るはずもなく、こごみの再採血を行って頂くことにしました。

今回も手からは十分に取れないため、首からの採血になりました。

とりあえず問題なく無事採血は出来ました。


こごみの採血も終わり、その後につくしを診て頂くと、

前回採血時に心音を診て頂いたときよりも手で感じられるほどの雑音があり、それも大きくなっていたようです。

そして、つくしの容体が急変したこともお話ししていたので、先生は失礼な話になるのだけれど、戻ってこれないのではないかと思っていたそうです。

今日、つくしの姿を見てとても喜んでくれて、以前、脳炎の時も最初にこちらの先生に診てもらっていたので、「つくしちゃんは、本当にすごいね〜」と言ってくれました。

しかし心雑音もかなり進んでいて、レベルで言うと後期に近く、いつ急変してもおかしくない状態のようですが、クスリがとても効いているのか以前聞いた心音とは比べものにならないくらいに変わっていたようです。

そしてつくしの心臓の担当の先生から、外科手術のお話も聞いていたのですが、殆どの子が適用できずに亡くなった子が多くいて、現在のつくしの状態ではお勧め出来ません、などのお話をしていると、同じようにこちらの先生からも年齢や病状もあるけれど、それよりも術前術後の診察などやはり負担になることはとても大きくて、それらを総合的に考えると今のつくしちゃんにはとても薦めることは出来ず、先生は本来その家族とわんこのポリシーについては踏み込まないスタンスなのですが、もしつくしちゃんのパパ、ママから「お願いします」と言われたら、全力で止めてくださいと言います、と言ってくださいました。

私も、つくしの今の状態、特に心理状態を考えると間違いなくお願いすることはないのですが、先生は私達とつくしのことをきちんと考えてくれているのだと嬉しく思いました。

患犬さんをお待たせしながらも、色々とお話をさせて頂きました。ありがとうございます。


それから自宅へ帰り、お昼ご飯を食べてから、つくしの病院です。

そろそろ出かけようかと用意をしていると、こごみの手足の震えが起こり始めたので、ステロイドを飲ませ診察時間に間に合う時間ギリギリまで様子を見ることにしました。

様子を見ているとそれ以上は酷くならなそうだったので、ウロウロと歩き回れないようにケージに入れて、そしてリモートカメラもあるので、そのままお出かけすることにしました。


ここまで色々とありましたが、なんとか病院へ着き、暫く待ってから診察です。

退院してからの様子をお話しして、今日くらいから元気さが出てきました、との話をして、聴診器をあててもらうと、心音がかなり良くなっているようだったのですが、体重がしっかり食べている割には減っていました。

でも食欲もあるので、しっかりと食べていれば大丈夫でしょうとのことでした。

そして水をガブ飲みすることを聞いてみると、飲む量をお話すると少し驚いていたようですが、おしっこがきちんと出ているのであれば問題は無いので、とにかく飲み水は切らさないように注意してくださいとのことでした。

ここまで触診での診察は問題なく終わりました。

その後、前回の時に言われていた血流速度の数値が落ち着いているかを調べるためにエコー検査をして頂きました。

そしてその場でエコーを見ながら直接説明をしてくれました。

僧帽弁はかなり肥大していて閉じにくくなっていることが分かり、ただこの様子からだと腱索断裂の可能性は低いとのことで、左心室から左心房への逆流について色々と気になる点はあるけれど、退院前の血流速度は150cm/sだったのが、今回100cm/sになっていて、かなり安定している数値だと言っていました。

前回夜間に緊急入院した時に計ったときは100cm/sで、その時の担当の先生の説明ではこれが120cm/sを超えてくるようだと肺水腫のリスクが高くなると説明を受けていて、つくしの退院前の数値が150cm/sだったので、その時から比べるとても良くなっている数値だと思いました。

先生も、薬の効果も出ているようなので、このまま現在服用している量で、様子を見ていくことになりました。

そして脳炎で今まで服用してきたステロイドが現在4日置きの4分の1錠については、心臓のことを一番に考えステロイドは中止をしたいのだけれど、しばらくは4日置きから1週間置きに変更をして様子を見ていくことになりました。

そして最後に、この数週間で一気に悪化してきましたが、その後の経過、結果を見て状態も落ち着いてきているので、先生も本当に安心してくださいました。

ただ、心臓のレベルで言うと、6段階で限り無く5に近いレベルなので、決して安心は出来ないので今後おかしな症状があれば即連絡をしてくださいとのことで、GWの初日に診察予約を入れて、今回の診察は無事終わりました。


そして駐車場前までの少しの間お散歩をして(ほとんど歩きませんが(笑))、お家へ帰ることにしました。


お家へ帰ると、今度はこごみの手足の震えが酷くなり、呼吸も今までにないくらいの酷い状態になってしまいました。

しばらく様子を見ていましたが、今回は久しぶりということもありその様相はとてもひどい状態に見え、少しパニックになりながらも、夕方には少し落ち着きだし、何とか寝息を立て始めたので、ホッとできました。

そして今日(26日)の朝方には、すっかりと元のこごみに戻ってくれました。

(写真は、朝病院から帰ってきたばかりの時のものです。)

つくしが入院中に何度か気圧変化の大きな日があって、こごみは体調を崩すかなと準備をしていたのですが、なぜかその間体調を崩すことは一度もありませんでした。

少しおかしいかな、と思ったときもありましたが、酷くなることなく、普通に過ごせていて、もしかすると、私達に気を遣ってくれて、頑張っていてくれたのかも知れませんね。

そしてつくしの体調も昨日からだいぶ落ち着いてきて、わんちゃんと一緒のお住まいの方なら調子の良し悪しの判断基準がそれぞれあると思いますが、我が家の場合は、体調の悪いときはおかあちゃまだけに寄り添い頼り私の元へは来ることがないのですが、それが昨日から少しずつ私の元へも来るようになったので、体調は少しずつ良くなってきたのかなと感じていたのですが、それをこごみも感じ取っていて、つくしの体調が悪い間我慢していたことが今日開放されてしまったのかも知れないですね。


と、こんな感じの色々とあった一日、そして色々と感謝の一日、でした。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000