奇跡(おおげさ)

昨日は通院日、そして血液検査日でした。


病院へ行くまでとても嫌がり、そして病院の中でも嫌がり、最後にはハアハア状態。

気温も少し高かったこともあるのか、久しぶりのハアハアでした。

その度、何度も外へ出て様子を見るのですが、その度に逃げ出そうと抱っこをしていても、「降りる!降りる!」でした。

朝ご飯も量は少ないですが、ドッグフードを混ぜても食べていたので、調子はとても良くなっていると思います。

今日は最終受付の外枠?で予約をしていたので、私たちが一番最後です。

診察が始まり、ここまでの報告を先生にお伝えして、触診、聴診、問題なく、そして聴診ではおなかがぎゅるぎゅる言っていたそうで、そして今日は2度もウンチが出ていることもあり、おなかの動きはとても活発になっていました。


そして血液検査、前回先生は一つの区切りとしてと言われていたのですが、つくしの調子の良さで忘れていたようですが行うことにしました。


結果、驚くべきことに、とても良くなっていました。


血中アンモニア(NH3) (16~75ug/dl)

 86 -> 35


リパーゼ(LIPA) (0~160u/l)

 2186 -> 326


クレアチニン(CRE) (0.4~1.4mg/dl)

 4.1 -> 2.4


そして何と言っても尿素窒素(BUN)が、去年の5月後半からずーっと140~だったのが、


尿素窒素(BUN) (9.2~29.2mg/dl)

 205.0 -> 104.5


に下がっていて、アゾディルを飲み始める前から先生が、


「せめてBUNが100前後になってくれれば、もう少し食べられるようになると思うのですけどね…」


と言われていたことを思い出しました。


その他肝臓の数値(ALT、AST)は範囲外で上昇傾向にあるのですが、こちらは循環器の問題で数値が上がることもあり、まだこの数値ならば今すぐに対症が必要、ということではないので、様子見ということになりました。


でもBUNが目標としていた数値まで落ち着いたことが、一番嬉しかったです。

BUNやCRE、LIPAなどは、去年の5月頃の数値と同じで、その時は悪くなる方向へ、今回は良くなる方向へ、と異なる方向へ向いていることもあり、去年の5月頃は下痢嘔吐、そして食欲不振が酷かったのですが、今回はこの状態がとても良い方向へ向いてくれそうな気がします。

そしてずーっとBUNは140~でウロウロしていたので、一気に下がったことで、いつも体調不良の状態が少しでも晴れ渡ってくれれば、それだけでも嬉しいです。

点滴も今の一日おきは続けたほうがいいのでしょうが、心臓と肺の問題もあるので、暫く様子見した後にまた間隔をあけていくことになりそうですね。

またその時にはBUNは上昇しそうですが、その代わり、アゾディルは毎日2個、これは先生も食欲改善には必ず役に立っているので、これで今の状態が維持できればと思います。


そしてその調子の良さもあるのか、ご飯はお米も、お肉も、そしてドッグフードも食べてくれるようになりました。

実はチューブダイエットのハイカロリーとキドナを一包ずつ、お試しの意味もあり頼んだのですが、使わずに済みました。

またの機会ではなく、使わないよう、頑張ってもらいます。


元気も少しずつ戻ってきていて、体調もとても良くなっていることもあるのか、薬を飲ますのが大変になっています。

抵抗がものすごくて、特に夜の、信頼関係のない私が(笑)絡んだ薬上げは大変です。

一昨日は、私の手がボロボロになり、昨日はおかあちゃまの親指に穴が開きました。

そしてどんなに喉の奥に入れても、人間犬ポンプのように、出してしまいます。

だから昨日は、カプセルが割れ、中身の粉が口の中でまぶした状態となってしまいました。

元気になった弊害ですが、嬉しいことです。

さあ、今日の朝の薬上げはうまくいくのかな?。


そして元気さが見えたもう一つのこと。

ご飯時に、わらびのご飯を狙い、そしてわらびとケンカをするまでになりました。

不調の時は、わらびのご飯を狙うことはないのですが、他の事でもケンカをする気力すらなかったので、これは本当に元気になっているのだなと感じました。


好調があれば不調もあるのは仕方ないですが、この奇跡のような好調を出来る限り長く維持していけるよう、頑張ってもらって、頑張っていきたいですね。

私たちに何が出来るか分かりませんが、頑張っていきたいと思います。


さて、そんな好調つくしさんの「つく散歩」そして「つくごはん」が撮れましたので、ご覧ください。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000