わらび

昨日午後から、わらびのことで病院へ行ってきました。

結果、確定診断をするためにMRIなどの検査が必要なのですが、こごみの場合と同様に必ずしも確定診断が出来るわけではなく、そして年齢によるリスクもあるので、こごみの時と同様に神経系ならばてんかん関連の薬を使い、そして今回フィラリアの検査に合わせてプラスの血液検査もお願いしたので、その結果も合わせて判断していくことになりそうです。

心臓のほうは、スリルは増えているけれどまだまだ薬の増量や変更は大丈夫で、ただし今回の発作のことやこれからの梅雨の季節も考えると利尿剤を使うことも視野に入れていくことになりそうです。

いずれにしても、血液検査の結果を見てになります。


わらびの発作と言うか、そのおかしな症状は、ある時急に動けなくなるように固まってしまい、立っていることもやっとの状態が数分間続きます。

つくしの髄膜炎の発作とは異なり、どちらかというとこごみが亡くなる1年ほど前から起こっていた症状に似ているのですが、それよりは意識がはっきりしているという違いはあります。

この症状は忘れた頃に起こるくらい頻度が少なく、でも以前よりはその症状は少し大きくなっているような気がします。


そしてその事との関連性があるかは分かりませんが、目、鼻、口、そして喉元のあたり、そして前足も触られることを極端に嫌がることが多くなりました。

以前先生からも加齢による頑固さ、というお話を聞いていましたが、前回の診察と比べるとその嫌がり方が酷く、昨日は血液検査をしたことで暴れないように抑えるのがとても大変だったようです。

その嫌がり方から見ると、首から上の部分の神経を含めた問題の可能性はありそうで、今たまに起こるおかしな症状も関連性はありそうだということでした。


酷くならずに、このまま過ごせてほしいです。


そしてつくしは、食べる気持ちは満々なのですが、一昨日の夕食に普段量を完全完食してからはその半分の量しか食べなくなり、そして今のお気に入りはマドレーヌ。

これは以前も好きでダメになったのですが、今はなぜかご飯よりも気になるようです。

ただあまりたくさんあげること出来ないので、ほどほどにしています。


さて今回のムービーシリーズは、わらび単独の「わら散歩」、そしていつも動画で撮っていなかったつくしの喜ぶ姿の「つくよろこび(ネーミングが良くないですが)」の2本が撮れましたので、ぜひぜひ、ご覧ください。

わらびのお散歩も、可愛いですよ。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000