ご無沙汰しております

私の仕事の多忙もあり、そしてわらびのこともあったので、なかなかこちらに顔を出すことが出来ませんでした。

リアル友達からもご心配をいただき、簡単に今日までの事を書かせて頂きます。


つくしは調子が良いです。


少しご飯は残したり完食したりですが、それ以外では昔に戻ったかのような、いやそれ以上に元気でした。


マットに乗れないから乗せろ、下ろせ、つまらないから遊べ、とワガママし放題で、実は昨日の夜にブロ友さんと電話でお話をしているときにもずーっと後を「ワンワンワン」と文句を言っていました。

暫くすると静かになり、奥の方でふてくされたかのように寝ていました。


お友達とのお話も終わり、さあて、つくわらこのご飯の用意すると、つくしはなぜかそのまま起きてきません。

寝に入ってしまったかと呼びかけにも起きてきません。

わらびが食べ終わる頃にやっとこさ起き出してきて、ご飯を見せると見向きもしませんでした。

そしてそれからは、嘔吐7下痢3の連発でした。

酷く続くようなら病院も、と考えていましたが、途中途中で落ち着くこともあったのでそのまま様子を見ていると、ぐっすりと寝入ってくれました。


今日は自宅点滴の日なので、下痢嘔吐もあったので点滴とそして嘔吐も落ち着いていたので、アゾディルはお休みして心臓の薬だけ飲ませることにしました。

用意をしていると自分から起き出してきたので、そのまま点滴をすると、今日はとても嫌なようで、そして液剤も入りにくく、初めて注射器を押す手が疲れたかも知れません。

でも点滴が終わると、ご褒美の催促?のようになぜか台所に向かって待っていたので、少しだけお肉をあげるとパクパクと美味しそうに食べたので、晩ご飯の残りを見せると、パクパクと、それもしっかりと完食していました。

いやいや、この変わり身の早さは、何度見ても驚きます。

その後一度下痢をしましたが、それは残り便のような感じで、その後はまた元気が戻り、朝ご飯もしっかりと完食してくれました。

つくしはこのようにまた元気が続いています。


そしてわらびは、日曜日の朝にフリーズ発作が起きてからその後も2度ほど発作が起きました。

どちらも立てなくなり、カエルのように突っ伏した様子で、そしてその1度目は失禁をしていました。

その後も一度おかしな様子が一度ありましたが、昨日の夜から今日までは落ち着いてくれています。


わらびの発作の様子は、前にも書きましたが、こごみが亡くなる前の1年くらい前からこごみに起こっていた金縛りに遭ったかのように動きが固まってしまう発作と似ていて、ただこごみの場合は全身が固まっていましたが、わらびは頭から下だけが固まる(言うことを聞かない)状態でした。

そしてここ最近立っていることが出来ない状態は、こごみの熱痙攣?の発作時の手足が硬直して動けなくなる状態に似ていて、ただこごみは息が切れ切れで苦しそうでしたが、わらびは呼吸も普段と変わりなく、ただ頭から下が動かないだけでした。


いずれにしても、頻度が多くなれば投薬での治療になるのだろうと思いますが、少しでも改善してくれるといいですね。


わらびも次の誕生日では15歳。

どんなことが起こっても不思議ではない年齢なのですけど、出来る限り穏やかに過ごせて欲しいです。


まずは、近況まで。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000