鶏の唐揚げ、おいしそうだな。

お友達がいっぱいいるお店に連れて行かれた。

わんわん、ぎゃーぎゃー?と、いろいろな臭いがあるお店に行った。

なにかつくしの移動部屋のいいものを買いに行ったみたいだけれど、なかったみたい。

そして、近くに松戸のおじちゃんのうちがあるというので遊びにいったけど、誰もいなかった。

でもそうだよね。急にいったっているわけないよね。

なにやらおとうちゃまは、ナビが嬉しいらしく、それでどこかに行きたいみたい。

どうせなら、どこかつくしが遊べるところに連れて行ってくれたらいいのに。

帰りにおかあちゃまは、つくしに氷?みたいものを買ってくれた。

つくしのお水を忘れてしまって、お水を買ったのだけれどついでに氷も買っていた。

その氷は少しフルーツの香りがするやつで、少しだけ食べさせてもらった。

そうしたら、うまいことうまいこと。この世にこんなうまい物があったのね。

早速、つくしの好物になりました。

おうちに帰ってから、夕ご飯の時におかあちゃまは唐揚げを食べていた。

唐揚げはつくしの大好物、食べたことはないけど鳥のささみは大好きだし、なにしろ臭いが良い、とにかく美味しそう。

それはいいとして、その唐揚げをつくしの目の前で食べるんだ。

これは本当にいじめとしか思えなくて、少し甘えてみたけど、結局くれなかった。

つくしはいつものご飯を食べました。

あーあ、いつになったら鳥の唐揚げ、食べられるのだろう?


by つくし

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000