ご心配をおかけしました

昨日も朝ご飯は食べられずで、暫く落ち着いて寝ていてくれたのでゆっくり回復してくれればと思っていたのですが、その後起きだして下痢、そして1時間ほどしてまた下痢。


快方へ向かっていないようなので、病院へ行くことにしました。

ただ病院へ行ってもすることは限られていて、つくしの負担になるだけと思っていましたが、この日の病院は休日扱いで午前中だけで、あとは夜から夜間になるので、担当の先生はいませんがお昼間のうちに病院へ行くことにしました。


診察では、聴診、触診ともに変わりなし、下痢があったので便検査を行ってもらいましたが、腸内の炎症も少なく菌による影響もないことからこの下痢は膵炎の影響が高いということでした。

昨年最後の血液検査でもリパーゼの値が計測不能だったこともあり、それ以降も食べ渋りがちょこちょこ見られていたので、膵炎は落ち着くことなくずーっとくすぶっていたようです。

とりあえず、100mlの吐き気止めを入れた点滴とお腹の薬を飲ませてもらい、診察は終わりました。

お腹の薬は自宅で飲ませようかと思いましたが、点滴など、嫌なことをするのならば一緒に飲ませてもらおうと先生にお願いすると、案の定、犬ポンプつくしで(笑)、何度か出されて少し先生を困らせていました(笑)。

飲めたことを確認して診察も終わり、待合室で会計待ちをしていると、なにやらもごもごと、口の横から薬をしっかりと出していました(笑)。

そのまま待合室で飲ませてしまおうかと思いましたが、薬はボロボロで、2種のうちのひとつだけだったので、また夜飲ませることにしてやめておきました。


自宅へ戻ると、暫くウロウロして一度下痢をして、その後もロウロするも、やっと落ち着き寝始めてくれました。

それからはずーっと爆睡していて、何度か私たちの動きを気にして目を開けたりもしましたが、起きることなく寝てくれました。

今までで一番長く落ち着いて寝られたのか、私たちの晩ご飯の用意をしているともぞもぞと起きだし、フラフラながらもおしっこをしてお水を飲んで、そしてウロウロし始めました。

まだご飯は食べられないだろうと思いながらも準備を進めていると、ワンワンと元気に催促をしてくれました。

私たちの晩ご飯はお好み焼きだったので、鉄板で豚肉をカリカリに焼いたものを見せると、パクパクと美味しそうに食べてくれました。

今までは口に入れることすらしませんでしたが、美味しそうに食べてくれた姿には、またまた感動と生きる力を強く感じさせてくれました。


ありがとう、本当にありがとう。


その後は嘔吐下痢もなく、そして夜寝る前におなかの薬を飲ませて様子を見ましたが、同じく嘔吐下痢もなく、そして朝まで一緒にぐっすりと寝てくれました。

これで少しずつ落ち着いて、膵炎も安定してくれるといいですね。


さて今日は仕事始め。

お昼には終われるので、元気になったつくしに会いに速攻帰ります。


いつものことですが、皆様にはたくさんのご心配をおかけしました。

そしてたくさんのご心配、応援をいただきましたことを大変感謝いたします。

ありがとうございます。

これからも不調になることは多々あると思いますが、つくしが頑張る限り私たちも一緒に頑張りますので、よろしくお願いします。


最後に、またまたたくさん撮りためた動画をご覧いただけると嬉しいです。

何だかわからないシリーズも増えていて収集付きませんが(笑)、まずは元旦のご飯の様子から続けてアップします。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000