通院日

昨日(8日)も通院日でした。


今日の病院はとても空いていました。

待合室に着く前に先生から呼ばれました。

今まで一番最短かも…。

ただ診察をしている途中で、予約で遅れてきた方たちが一気に押し寄せて混み始めました。

とりあえず空いていたので、そのままおなかのエコー検査をしてもらうことになりました。


いつもはほとんどが横向きでしたが、今日は仰向け一本で、それも少し長めの検査でした。

色々と診ていただくと、腸の様子も落ち着いていて、腎臓、膵臓も良好のようでした。

前回、たぶん1年前くらいになると思いますが、と比べると比べ物にならないくらい良い状態のようで、血液検査の数値の問題はありますが、今の下痢や嘔吐があったとしてもとても落ち着いている状態ということでした。

なので、今回の点滴には吐き気止めは入れず、前回と同じビタミン追加だけとなりました。


他、聴診、触診、少しおなかの部分にはハリがあるようですが、嫌がることもなく、そして腹部エコー検査の結果も良好なので、様子見となりました。

ただし点滴は一日置きは変わらずで、また木曜日に通院です。

自宅点滴も考えましたが、今は病院のほうが落ち着いてしてくれるようなので、通院を選びました。


そして今日の診察では珍しいこともありました。

つくしが肺水腫で入院して以来、耳が酷く汚れることが多くなり、2回掃除しても汚れているくらい酷く、そして綺麗にしてもらっても次の通院、1週間以内にはまた同じように汚れているくらい酷かったのですが、今回耳を診てもらうとほとんど汚れていませんでした。

あんなに酷かったのが嘘のようで、先生も驚いていました。

よくフードにより汚れ方が異なるといいますが、つくしの食事は昔から変わっておらず、あと考えられるのは、内分泌の循環が良くなったのかと、勝手ながら思っています。


腹部エコー検査もそうですが、つくしの体の中では一生懸命に頑張っていることを実感しました。


でも面白いもので、血液検査も良い時は不調な時、そして心エコーで良好だと言われた時も不調な時、そして今回の腹部エコー検査と耳の汚れも嘔吐下痢が続いている時と、まるで正反対、期待と絶望はどちらも同じなので、心配する必要ないよ、と言っているかのようでした。

面白いですね。


さて、診察が終わり、帰り道では久しぶりに泣きを見ました。

でもなんか少し違って鬼気迫るようなものを感じ、もしかしておしっこ、うんちかと思いましが、降ろしても違い、分かりませんでしたが、自宅へ戻り、ご飯の用意をしていると下痢をしたので、それだったのかと思いました。

でも自動車の中でしなくて良かったと、少しホッとしました。


そして夜になりウロウロしていることが多かったので、なんだろうと思っていると、夜に飲んだ薬を全部吐いてしまいました。

でもその後は落ち着いて一緒に寝てくれたので、大丈夫だろうと思います。


そして話は前後しますが、晩ごはんは量はまだまだですが、しっかりと催促して食べてくれました。


最後に、つく散歩を撮ろうとしたのですが、最近変えたジンバルがあまり使い勝手が良くなく、撮っているとすぐにハングアップしてしまい、撮れなくなってしまい、思った内容のものが撮れませんでした。

このジンバルはネットではとても有名なのですが、だからと言って良いものとは限りませんね。

なので面白みのないつく散歩ですが、ご覧ください。

そしてご飯前にまったりしていたつくしの写真も、可愛かったので、合わせてアップします。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000