色々なことが

21日のお昼間に、つくし、生まれて初めててんかんを起こしてしまいました。


脳炎(髄膜脳炎)の時は、頭が上がらなくなり動けなくなるだけで、それ以上酷くなることはありませんでしたが、今回は、体をのけぞらせて歯をがちがちしながら手足が硬直して、はっきりとしたてんかん発作でした。


ここ最近、体調が悪いということはないけれど、頭を下げて歩いていることが多く、そして手足もだいぶ弱って来ていました。

でもまた少しずつ良くなることもあるだろうと普通に思っていたのですが、12日の土曜日にそんな姿のつくしを見たおかあちゃまが、「つくしの頭の中で何かがくすぶっているような気がする…」と独り言のように呟いていたことがありました。

それからその事は、言った本人のおかあちゃまも私もすっかり忘れていたのですが、一昨日の朝、私が会社に着いて暫くするとおかあちゃまから私の携帯電話に電話がありました。

私はなんとなく嫌な予感がして、出た瞬間に「(つっちゃんに)何かあった?」と話をすると、自宅の電話、インターネットが繋がらず困っているとのことで、おかあちゃまに取っては一大事でも、そんなことかと正直ホッとしていました。


そしてお昼を周り、またおかあちゃまから電話が入り、またインターネットが繋がらないのかと電話に出ると、今少し前につくしがてんかんを起こしたと言う電話でした。

とりあえず、担当の先生が居るかどうかを確認して、居たら今からでも帰るから行こうと話をすると、今落ち着いているので、夜早めに帰って行くことにしました。


仕事を終えお家へ帰ると、あれから少しウロウロしていたようだけど今先ほどから寝始めてくれたようでした。


そのまま病院へ向かうと、ちょうど深い眠りに入ったようで、病院へ着いても暫く間はぐっすり寝たままでした。

翌日や祝日のため、病院はとても混んでいて、そして担当の先生はなぜか人気者(笑)で、診察までには2時間近く待つことになりました。


診察になり、先生に、つくしがてんかんを起こした事を伝えると、今まで忘れ物が多くて頼りなかった先生(笑)の表情が一変して、神妙な面持ちになりました。


今までのつっちゃんの経過を見ていると、脳に腫瘍等がある発作ではなく、単純に老化のひとつの現象であって、完全に回復することは難しいとのことで、そしてその後にてんかんがどのように起こるかにより対症は変わるので、重責てんかんを起こさないための座薬(ダイアップ)と、そして今服用しているステロイドを4日置きの4分の1を毎日服用することになりました。

そして同時に、以前も脳炎(髄膜炎)の発作のようなことがあった時に調べると血中アンモニアが高かったことがあるので、血液検査もすることになりました。


結果、CK、NH3、Na、K、Cl、Caを調べてもらい、まずCKがとても高いことからてんかん発作があったことが分かり、そしてNaとClは範囲内、KとCaは以前と変わらず少し高いだけでしたが、肝心のNH3(アンモニア)が5倍上の数値に跳ね上がっていました。

前回、NH3が高かった時でも上限の2倍程度でしたが、今回は5倍なので、今回のてんかんはアンモニア数値が高いことによる痙攣発作の可能性が高そうでした。

ただ他の原因もなくはないので、まずはアンモニアの数値を下げるために、タンパク質制限と以前から服用していたピアーレシロップを今までの倍の量の服用で様子を見ることになりました。

あとは、これからのてんかんが繰り返し起こるのであれば、てんかんの薬を服用するなどを考えないといけないでしょうとのことでした。

そして体重も80g減の1,420g、今までの最低体重になってしまいました。

しっかり食べていたのですが、やはりてんかん発作はエネルギーを消耗するのですね。


そしてつくしは、てんかん発作のせいか、かなり前足、特に左前足が歩いていると蹴り込んだまま、ナックルのように手の甲が返らなくなってしまい、そのまま手をつくので前にのめりに転んでしまうようになりました。

ただ歩く気持ち(徘徊を含め)は、沢山あるので、歩かせると頭から倒れ込んでしまうので、足元をクッション性の高いものにすると歩き辛くて歩けなくなってしまうので、なるべく寝る時以外は、転んでも歩かせるように気をつけながら歩かせています。


そしてご飯は、ぶりなどのタンパク質はだめになり、どうしようかと思いましたが、以前先生が膵炎関連でお米のポタージュご飯を教えてくれたので、またそれにすることにしました。

だから今のつくごはんは、おかゆとかぼちゃペーストを少しポタージュにして、野菜クズの健康一番と糖質の甘麹、そして少量のぶり(笑)を入れてあげています。

食べる力はだいぶ弱くなりましたが、まだまだ頑張って食べてくれていますので、また少しでも回復してくると思います。


今回とても不思議だったのは、つくしの発作の起きた日は、わらびの誕生日でした。

そしてなぜかしらその日にインターネットと電話も繋がらなくなり、今までつくしを見ていなかった時間をもっと見ていてくださいねと、わらびが伝えてくれたような気がしました。


そして今のところ、2回目の(大きな?)発作は起きておらず、落ち着いています。

このまま落ち着いて、過ごしてくれるといいです。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000