がんばれ、つくし。

昨日、血便と血反吐を吐いたつくし。

今日の朝は少し楽になったのか、ご飯もいつもの量の半分をペロリと平らげた。

昨日の夜も食べた後、4時間後位に吐いたので様子を見てから、午後になって病院に連れて行って診察をして貰った。

昨日のようなお腹の張りも見られないとのことで、胃酸を抑えるクスリを貰って帰ってきた。

病院まで自転車に乗せていったので、帰りは歩きたがり、お家に帰って自転車を置いてからお散歩に行こうと納得させ、
そのままうちに入らずお散歩に。

昨日と違う足取り。

軽快に歩いてくれ、ウ○チも丁度良い硬さの物をしたが、前日に血便を出したせいか、色は少し黒ずんでいた。

お散歩から帰ってからほんの少しささみの茹でた物を食べ、

夕ご飯も少し少なめにして食べさせた。

まだ、足りないと言うくらいの食欲が戻ったが、控え目に食べさせた。

夜、わらびと一緒にお散歩にも出て、いつものつくしに戻ってわらびと競争しながら歩いていたので、大分具合が良くなったと思って一安心していた。


が・・・夜中(十二時過ぎ)に、またまた吐いた。

夕ご飯をすべて吐いたと思ったら、3〜4度目辺りから鮮血だけを吐くようになって、おとうちゃまと二人してパニックに。

何度吐いただろう??、1時間の間に十数回吐いていた。

胃の中は空っぽで出す物もないけど、血に染まった泡状の物を何度も何度、苦しそうに吐いていた。

そして、血便、というより、血そのものの便。。

震えもきて、ピクピクと痙攣のようなものまで。

ただ事じゃないと思って、掛かり付けの病院や、今回見てもらった病院に電話してみるが出ない。

インターネットで夜間往診の所を見つけて、来てもらうことに。

その間もベロを出し呼吸は速くなり、震えもひどくなって、なにもしてあげられない自分に腹が立った。

「がんばって、つくし。がんばって!」そう、つくしに言葉を掛ける事しか出来なかった。

やっとの事で先生が来てくれたのは、二時半過ぎ。

それから処置をしてもらい、体温が下がっているのでとにかく暖めてあげて下さいとの事。

そうじゃないと、つくし自身の治そうとする機能が低下してクスリも効かなくなり、もっと体温も低下してしまうと。

毛布に来るんで布団の中に入れたりするけど、苦しいのか

自分の楽になれる場所を探し回ったりして、落ち着かない。

その間にも何度か吐き、血便も。

クスリが効いて少し楽になったのは、6時過ぎていた。

今は落ち着いて寝ているけど、食べ物を食べた後が怖い。

あんなに苦しむ姿、見たくない。。。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000