難しい。

地下鉄で、携帯電話を利用するための暫定?ルールがあるのだが、あれは、日本語圏と英語圏の人以外には適用されないような気がする。

今日、たまたま優先席のところに乗ったのですが、優先席に座っている韓国人と思われる(たぶんそうだと思うのですが)方がずーっと携帯電話でメールをしていました。

基本は、優先席の近辺では電源を切ることを義務づけ、それ以外はマナーモードにして通話は控えるようにということなのですが、その席の近辺に張られている携帯OFFのシールには、日本語と英語での解説しか書かれていません。

だから、きっとその言語を理解できない人は対象外ということなのでしょうか。

他のことは違う言語でも書かれているクセして、うまく対応できない携帯電話については、いつも中途半端さを感じてしまう。

とりあえず、責任は果たしています的な、単なるポーズで警告しているだけで、本当にこのルールを守らせる気はないのだろう。

そして、この警告があっても堂々と携帯電話を使っている人の多いこと多いこと。

優先席の近辺とはどこまでなのかわからないけど、回りを見ると少ししか離れていないのに、みんな一生懸命メールを打っている。

なにがそんなに大切なんだろう。

このような光景を見ていると、とても悲しくなってしまう。

メーカーも国も、きちんとした対応をしてあげて欲しいと思います。

つくわらこニュース

ロングコートチワワのつくしとわらびとこごみ、そして一緒に暮らすおとうちゃま、おかあちゃまとの様々な情報新聞。

0コメント

  • 1000 / 1000